ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ

  • アパレル販売員のスキルアップについて

    8371d6c78223e3432db33fcc4de0ec4e_s

    こんにちは☆

    アパレル業界であなたを応援するエスピー企画です!

     

    先日、売り上げを上げている販売スタッフが休日に何をしているかについてもブログを書いたのですが、あまりにも凄すぎて参考にならないと言われてしまいました。

    確かに、このスタッフについては凄すぎる部分があるので、今日は意識すれば簡単にできるスキルアップについてお話しします。

     

    スキルアップと言うと、何か資格を取ったりとかセミナーに行ったりとかを考えてしまう方も多いようですが、そんな事をしなくても出来るスキルアップもたくさんあります。

    実際に資格を取ったりセミナーに行ったらスキルアップになるかと言えば、そうではありません。

     

    アパレル業界に長く携わっていると、アパレルに関する資格については殆ど考慮されないと言っても良いでしょう。

     

    それでは、簡単に出来るスキルアップについてお話しします。

     

    1、他店の接客を受けてみる

    実際にやっていらっしゃる方も多いかと思いますが、これは非常に参考になります。

    もちろん、ウィンドウショッピングで良いんですよ。

    もし、声掛けが苦手だったら「どうやって声掛けをしてくるか」を意識しながらお店に入る。

    フィッティングまで持っていくのが苦手だったら、そこを意識しながら接客を受ける。

    後は、自分が苦手としているお客様になりきって接客を受けてみるというのも有りですね。

    「なるほど、こんなやり方があったか」とか「この声掛けは自然だった」とか、自分が使いたくなるような接客に出会えると思います。

    とにかく何店舗も回ってみると良いと思いますよ。

     

    2、友達の話を聞く

    これは、女性の友達が良いと思います。

    女性は何かと自分の事を相手に聞いてほしいと思っている事が多いです。

    友達と一緒だと、つい自分も色々と話したくなってしまうと思いますが、そこをぐっとこらえて相手の話を最後まで聞く姿勢を身に着ける。

    これだけで、随分変わると思います。

    相手のニーズを聞き出して、それに対する商品を提案するのが接客の基本です。

    聞く姿勢が出来ていないと、自分が売りたい商品だけを提案してる事が多いのです。

    たまたま、それが相手のニーズと一致すれば売れるだけの話です。

    なので、相手のニーズを聞き出す訓練として、友達の話を最後まで聞いてみると良いと思います。

     

    いかがでしたか。

    簡単に出来るスキルアップですが、意外にもベテランと呼ばれる販売員の方はこういった事も常にやっているようですよ。

    基本は大切です。

     

    特に、2番については仕事と関係ないプライベートな時間にできる事なので是非やってみてください。

    エスピー企画は、常に頑張っている販売スタッフの味方です。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月28日 WEB登録
    2015年10月28日 WEB登録
  • 売上を取れるアパレル販売員の休日とは

    できるアパレル販売員

    こんにちは☆

    アパレル業界で頑張っているあなたを応援するエスピー企画です!

     

    今日は、この間エスピー企画の本社に遊びに来たある販売スタッフのお話です!

    たまたま、渋谷に来たのでちょっと会社に寄りたいという事だったのでOKしました!

    ちょうど、私も会社に居たのでよかった(笑)

     

    その販売スタッフは、現在池袋にあるアパレルショップで働いています。

    とにかく、売り上げを上げてくれるので派遣先から非常に感謝されていて、派遣先から半年経たないうちに社員にならないかという打診があったそうです。

    このまま派遣で続けたいという本人の希望があったので、現在も派遣で続けています。

     

    貴重なお休みの日に何をやっているのか興味があったので、近くのカフェで色々とお話をしました!

    そうしたら色々と努力してらっしゃる事が分かりました。

     

    1、周辺の商業施設のチェック

    今日は、朝から池袋付近の百貨店やファッションビルを色々とチェックしてきたとか。

    自分の売場と似たような商品を扱っている店舗では、接客を受けてみるそうです。

    自分には無い接客方法や、思わず使いたくなるようなフレーズが出たりしてとても参考になるそうです。

     

    また、お客様が求めている商品が自分のお店には無かった時に他のお店を紹介する時もあるそうですが 、そんな時に休日の商業施設のチェックが役に立つそうです。

     

    2、他店舗のスタッフとの情報交換

    既に、研修などで仲良くなった他店舗のスタッフの所に行って情報交換をしてくるそうです。

    売れ筋の情報だとか、ディスプレイをこう変えたら売れたとか、雑談しながらも色々と情報を収集するそうです。

    結構、裏情報を聞けたりするそうなので貴重な時間だそうですよ。どんな事かはちょっと言えません(笑)

     

    3、テレビや雑誌、ニュース等をチェック

    これは、休日でなくても意識してやっているそうですが、意外にもテレビをかなり見ているそうです。

    特に、テレビについては今の最新の情報が入ってくるので重宝するとか。

    ゴールデンも良いけれども、よく見るのは深夜番組だそうです。

     

    雑誌のチェックについては、平日の休憩時間や帰りの時にチェックする事が多いそうですが、気になればコンビニや書店で立ち読みする事も多いとか。

     

     

    これ以外にもいろいろと努力している事が分かりましたが、細かく書くとキリがないのでこのへんにします。

    正直、私はそこまで頑張るその販売スタッフ(自分の営業担当なのですが)を尊敬してしまいます。

    やっぱり、売上を上げるスタッフは努力を欠かさずにやっているようです。

     

    実は、この方には夢があるから頑張れるんだそうです!

    というのも、友達3人で起業してアパレルショップを経営するという夢があるんです。

    アパレルブランドも販売スタッフによって大きく売り上げが変わるという事を実感しているため、派遣で色んなブランドで経験を積んで行こうと考えているのです。

    私よりも随分年下なのに、素敵すぎて私からのアドバイスは何もありません(笑)

     

    ちなみに、今の会社からの社員オファーがしつこすぎるという相談もされました(笑)

     

    夢に向かって頑張れるって素晴らしいですよね。

    エスピー企画では夢に向かって頑張る方には惜しみなく応援します。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップの求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月26日 WEB登録
    2015年10月26日 WEB登録
  • 販売業界の飲み会頻度について

    27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s

    こんにちは☆

    アパレル業界で働いているあなたを応援するエスピー企画です!

     

    今日は少し力を抜いて、面白い話題を提供出来たらと思います。

    笑う事は精神的にも良い事だし、腹筋も鍛えてダイエット効果もあるかもですよ(笑)

     

    この間、派遣スタッフ何人かと一緒に飲みに行った時の事です。

    「写真撮るから変顔をお願い!!」と言われました。

    変な顔をしても、大して面白くならないだろうから何か小道具を使おう!とテーブルを探しました。

    爪楊枝はあまりにも芸が無い気がするし、箸やフォークは使いづらい。

    テーブルを見渡すと、ラムネの瓶が2本あったので「これだ!」と思い中のビー玉を2つ取り出しました。

    ビー玉2つを両方の鼻で思い切り吸い込んで落ちないようにしている顔を撮ってもらいました。

     

    撮ってから思ったのですが、ビー玉は透明なので写真だと何も映らないのではないか?

    それだと何も面白くない写真が出来てしまうと思いきや、ここで笑いの神様が降臨!?

    フラッシュの光にビー玉が反射して、鼻がピカーン!!と輝いている写真が出来ました!

    スタッフの一人は死にそうなくらい笑ってました。

     

    この記事の写真は私が神になったその写真を使いたい!と交渉したのですが、どうしても上の許可が下りませんでした。

    許可できない理由は「破壊力がありすぎから」だそうです(笑)

     

    と、楽しい時間を過ごさせてもらったのですが、最近はこうした「飲み会」かなり頻度が少なくなってる気がします。

    アパレル販売や雑貨販売をしているスタッフの多くがかなり真面目に働いていると感じています。

    真剣に自分の将来を考え、今何を出来るのかを考え、そして日々反省を繰り返して成長しようとしている気がします。

    それ自体は非常に歓迎すべきことですが、適度に息を抜くことも重要だと思っています。

     

    なので、月に1~2回で良いから「飲み会」でも何でも良いので、他人と馬鹿な話をしながら普段と違う時間を意識して取ってみるようにしたらどうかな?と思うのです。

    それこそ、私が働き始めた10年ほど前は販売スタッフと言えば、毎日のように飲み会をしていましたが、それも考え物ですよね。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップの求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月25日 WEB登録
    2015年10月25日 WEB登録
  • アパレル販売員、時給の差について

    bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

    こんにちは☆

    アパレル業界を目指すあなたを応援するエスピー企画です!

     

    先日、郊外のショッピングモールに行ってきました。

    雨の日だったからかモールの中はお客様でかなり盛況でした。

    そんな中、お客様があまり入っていないお店を見ると、つい色々と口出しをしたくなってしまいます。

    間違った敬語を使っている販売員も気になって仕方ない。

    販売スタッフが足りないお店には営業をかけたくなっちゃいます。

    もう、職業病ですね(笑)

     

    職業病ついでに、ショッピングモールでの求人案内があったので、ついアパレル販売の求人を隅々まで確認してしまいました(笑)

    アルバイト・パートの募集ですが、郊外ということもあってか時給は900円~950円のところが多いようです。

    稀に1000円で募集している所もありましたが、研修期間3ヶ月は900円とか。

    実は、以前にそのショッピングモールでの派遣の求人を扱ったことが有りますが、エスピー企画での時給は1250円~1350円としました。

     

    さて、これだけの金額の違うのはなぜでしょうか?

     

    ・金額の違いは「即戦力」であるかどうか

    派遣に依頼が来る場合、急な欠員などの代替要員として、という場合が多くあります。

    そうすると、未経験でも一部の時間しか来れない主婦でも構わないというアルバイト、パートとは違う給与設定になるのは当然と言えます。

     

    ・同じ勤務地で働くならば派遣がお勧め

    同じ店舗でパート・アルバイトと派遣スタッフ両方募集しているケースは稀でしょうが、同じショッピングモールや商業施設であれば派遣で募集しているお店もあるかもしれません。

    同時募集をしているとしたらパート・アルバイトは学生や主婦層をターゲットに求人を行い、派遣はフル勤務前提で探している事が多いです。

    アルバイト・パートでお仕事をする場合と、派遣でお仕事をする場合、時給で300~400円も違いが出てきます。

    もし、働くブランドやお店にどうしてもこだわるのであれば派遣で募集していない店舗は諦めるしかありませんが、そこまでこだわりが無いのであれば時給が高い派遣をお勧めしています。

    仮に、時給400円の違いの場合は年収にすると80万円近くの差になってきます。

     

    人によって選択は様々ですが、入店前2日間の研修と年1回のステップアップ研修を受けるのが嫌だという理由でアルバイトで働く事を選んだ方もいらっしゃいます。

    私は、欲張りでお金が欲しいと思うタイプなので、年収80万の違いがあったら迷わず派遣で働く方を選びますね(笑)

    だって80万あったら、、、、

     

    ショップ店員の給与についてはこちらもご覧ください!

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月24日 WEB登録
    2015年10月24日 WEB登録
  • アパレル販売員をやってて心が折れた時には

    042f3cd822360b_s

     

    こんにちは☆

    アパレル業界で働いているあなたを応援するエスピー企画です!

     

    つい先日、エスピー企画で長年働いている派遣スタッフから連絡が有りました。

    30代の後半からショップ店員としてエスピー企画で働いているスタッフです。

    最初は都内で働いていたのですが、40を過ぎてから「もう少し近くで働きたい」という要望が有り、今では柏近くのショッピングモールで働いています。

     

    何でも、自分の不注意で大クレームを引き起こしてしまったそうです。

    店長にもさんざん怒られた挙句、担当営業からも相当言われたらしく、かなりへこんでしまったとか。

     

    いつもならば、気持ちを切り替えて頑張るそうなのですが、久々に起こしたトラブルだったのでなかなか気持ちが切り替えられなかったそうです。

    それから、しばらくの間なかなか売り上げも上がらず、普段やらないような書類のミスなどが多発したそうです。

    そんな事が1ヶ月くらい続いていたのですが、思い切って私の所に連絡をくれたそうです。

    最初は「もう心が折れた、辞めようと思う」という話でしたが、30分くらいしたら「もう一度頑張ります」と言って電話が切れました。

    自分で解決してしまったようです(笑)

     

    後日、きちんと時間を取ってそのスタッフと話をしたのですが、心が折れたのにはいくつかの理由があったようです。

    そのスタッフなりの解決方法をお話しします。

     

    1、自分に期待をしすぎない

    売場の中では自分が一番年上で、なおかつ店長が半年前に変わった事もあり売場の事はそのスタッフが一番良く知っていたとのこと。

    売上はもちろん常に一番をキープしており、後輩の指導などもさりげなくしていたとのこと。

    それがいつしかプレッシャーになり、「自分がしっかりしないと」と強く思うようになってしまったとのこと。

     

    緊張感をもって仕事をするのは当然としても、プレッシャーを感じる事は無いと思うようにしたそうです。

     

    2、誰かに話を聞いてもらう

    自分一人で考えているとどんどん悪い方へ考えが行ってしまうとの事。

    誰でも良いから、一緒に飲みに行ったり、休憩中に話をするだけでもずいぶん違っていたと思ったそうです。

    同じ売場のスタッフが年下ばかりというのもあったけれども、友達を誘って愚痴を言うというのも気が引けたそうで、結局ずっと一人で抱え込んでいたそうです。

     

    それが、私に電話をしたら30分で解決してしまったそうです。

    誰かに話を聞いてもらうだけで、自分でびっくりするくらい頭の中が整理できるそうです。

     

    3、うまく行くまで数をこなす

    誰でもそうだと思いますが、上手く行く時、うまく行かない時、どちらもあると思います。

    例えば、普段だったら5人にアプローチして1人上手く行けば良いと思っているのに、その頃は失敗した4人の事ばかり考えていたそうです。

    もちろん、失敗して何が悪かったかを考えて次に繋げるのであれば良いのですが、調子の悪いときは「私って駄目だ」となってしまい次にも繋がらなかったそうです。

    そうすると、自然とアプローチをしないで済むような行動を取るようになってしまい、余計に売り上げをあげるチャンスを少なくしていたとの事。

     

    上手く行かなかった時は、一つくらい理由を見つけてそこで終わり。次のチャンスを考えるようにしたそうです。

    経験上、上手く行くより失敗する事の方が多いから、うまく行くには数をこなしてたくさん失敗をする。

    そして、失敗についてはあまりくよくよ考えない!

     

    いかがだったでしょうか?

    アパレル販売に限らず、仕事をしていたら上手く行くことも行かないこともあるはずです。

    この話は、アパレル販売に限らず他の業界でも応用できるような気がします。

     

    ちなみに、私は「飲みに行って騒いで忘れる」派です(笑)

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月23日 WEB登録
    2015年10月23日 WEB登録
  • アパレル業界のトレンドについて

    こんにちは☆

    アパレル業界を目指すあなたを応援するエスピー企画です!

     

    すっかり街は秋一色という感じですね。

    秋冬ファッションは可愛いアイテムが多くて、道行く人を眺めているだけでもウキウキしてきます♪

    私も先日、今年トレンドのミモレ丈スカートをゲットしました!(*^▽^*)

    膝よりも長めで上品な印象なので、どこに履いていっても感じが良く重宝しています♪

    でも今度はこのスカートに合わせるブラウスやニットも欲しくなっちゃいました(笑)

     

    さてこの「トレンド」ですが、まだ秋に入ったばかりなのになぜ「今シーズンのトレンド」だということがわかるのでしょうか?

    皆さんも雑誌などを読んでいて「来年はこれが流行る!」という見出しに「何でもう来年のことがわかるの?」と疑問符を浮かべたことがあるのではないでしょうか。

    実は、アパレル業界においてトレンドとは、その季節が来る前にあらかじめ打ち出されるものなのです。

    そこで今回は「アパレル業界のトレンド」についてご紹介しましょう♪

     

    ファッションのトレンドは、実は2年も前にある程度決められています。

    そう聞くと微妙な気持ちになるかもしれませんが、もしも決まっていなければ各ブランドの統一性がなくなり、お客様の求めるファッションを提供することができません。

    ある程度方向性を定めることで、お客様によりファッションを楽しんで頂くことができるのです。

     

    では、誰がトレンドを決めているのでしょうか?

    それはトレンドを作り出す専門の機関が、アパレル関係者や有名人・著名人と協議して決定しているんです。

    まずはこの機関がその年の流行色を決めます。

    景気が良い時はパステルカラーやビビッドカラーなど鮮やかなカラーに、景気が悪い時はモノトーンやアースカラーなど落ち着いたカラーになることが多いでしょう。

    この流行色をもとに、流行の素材やシルエットなどが決定されます。

    もちろん適当に決めるのではなく、時代背景や世相、経済状況を読み、市場調査に基づいて慎重に決定されるのです。

    そしてこのトレンドをベースに、各ブランドやアパレルショップのデザイナーさんが洋服のデザインを行い、コレクションを発表します。

    最後にショップの店頭に服が並び、お客様の手元に届きます。

    ここまでおよそ2年。このように、長い時間とたくさんの人たちの手によって、アパレル業界のトレンドは作り出されているのです。

     

    だからこそアパレル業界で働いている人は次のシーズンに流行るファッションがあらかじめわかっている、というワケですね。

     

    いかがでしたか?

    トレンドに詳しくなり、お客様に適格なアドバイスができるようになりましょう♪

    質問や派遣についての疑問があれば、いつでもエスピー企画にご相談ください!

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップの求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月21日 WEB登録
    2015年10月21日 WEB登録
  • 雑貨販売、平場での他ブランドは敵?味方?

    握手を求める女性

    こんにちは!

    アパレル業界で働いている皆さんをサポートするエスピー企画です☆

     

    ここ最近、寒くなってきましたね。

    朝、お布団から出るのが辛くてしょうがないです。

    でも、朝の時間は貴重なので本当は早く起きた方がいいんですよね。

    いつも、ギリギリになるまで寝てて「ヤバイ!」と起きて、慌ただしく朝の支度をして駅まで速足で行く。

    やっぱり、お布団は敵ですね(笑)

     

    さて、そんな敵味方の話ではないですが、百貨店にある平場に派遣している販売スタッフの話です。

    平場とは百貨店によく見られる売場形態で、「バッグ」「シューズ」等同じ種類の商品を扱う複数の会社で一つの売場を構成している事を言います。

    複数の会社がそれぞれ自社のブランド、そして販売スタッフを付けて運営しているのですが、売場としてブランド毎の区切りはありません。

    そのため、お客様から声を掛けられたりすると他の会社のブランドを接客する場合も出てきたりします。

    他のブランドの接客に入った場合、さりげなく担当ブランドの方に引き継いだり、最後まで他ブランドの接客をしたり、自分のブランドの商品を勧めてみたり、色々な可能性があります。

     

    ・バッグ売場での売上争い

    エスピー企画の販売員は、百貨店のバッグ売場の平場で勤務していましたが、隣のブランドといつも売り上げNO1を競っていました。

    隣のブランドの店長は体育会系の方で、とにかく自分のブランドの売上を伸ばす事だったら何でもやるタイプでした。

    エスピー企画のそのスタッフも隣のブランドとその店長を敵だと思って、意地でも相手の商品よりも自分達の売上を伸ばそうと頑張っていました。

     

    ・隣の売場とのトラブル

     

    そんな隣の売場に人事異動があり、隣のブランドへ新しい店長が来ました。その方は、非常に温厚で良さそうな方でした。

    これで、売場も平和になると誰もが思っていました。そのスタッフも、店長も隣の売場と仲良くなっていきましたが、隣の店長の本性が徐々に表れてきました。

    隣の店長は、表面上周りと上手に付き合うのですが、陰で敢えて分かるように文句を言ってくるタイプだったのです。

    標的になったのはエスピー企画のスタッフです。

    店長の悪口や、百貨店の悪口、もちろんエスピー企画のスタッフに対する悪口も、敢えて聞こえるように言ってきます。

    だんだん精神的に辛くなってきて、店長に相談したりもしたそうですが「隣の店長がそんな事するはずない」と一蹴されてしまったとか。

    この時は、周りがみんな敵に思えたそうです。

    ・必ず誰かが見てくれている

     

    私は、もう一度店長や百貨店の方にきちんと時間を取って相談に乗ってもらうようアドバイスをしました。

    と言うのも、そのスタッフは素直で真面目な性格でしたし、取引先からの評判も上々でした。

    きちんと相談をすれば、周りがきちんと動いてくれると思っていました。

    なので、もし相談をしても状況が変わらなければ他の仕事を紹介するつもりでこちらもアドバイスをしました。

     

    結果的には、百貨店のフロアマネージャーが非常に良くその事を理解してくれていました。

    長年の経験からか、新しく来た隣の店長はどんな人かという事も良く理解していた上に、そのエスピー企画のスタッフにはとても期待していた事を初めて知ったそうです。

     

    結果的に、そのブランドで継続して働いていますが「頑張った事は必ず誰かが見てくれている」という事を実感したそうです。

    隣の店長は相変わらずだそうですが、最初は「あの人を見るのが辛い」と思っていた事も、今では「可哀想な人」だと感じているそうです。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月20日 WEB登録
    2015年10月20日 WEB登録
  • アパレル販売員の残業を減らすには

    こんにちは!

    アパレル業界でお仕事する皆さんにお役立ち情報を発信するエスピー企画です♪

     

    ここ最近、冷え込みが強くなってきましたね。これで、冬物が更に売れそうな雰囲気が出てきて嬉しいものです。

    私が販売員をやっていた頃には、秋物が出てきた頃に残暑が厳しくて「この気候だから売れないんです」と言ったら、よく「気候のせいにするな!!」と怒られました(笑)

    今年は、8月の終わりに冷え込んで来て、秋物が売れ出したりとアパレル業界にとっては気候も味方してくれているような気がしますね!

    17c8172571181a1c6bbe063ab8f78b23_m

    さて、販売スタッフのお仕事は多岐にわたっているのは現場で働いている皆さまには周知の事かと思います。

     

    ただ、売上を上げようとすると書類や伝票等の事務作業が後回しになってしまう事がよくあります。

    そして、遅番の時などにはお店が終わった後に事務作業をやれば良いと思っている事がありませんか?

    結局、閉店後の作業はダラダラとしてしまい時間ばかりかかってしまうんですよね。

     

    ダラダラ作業をしているよりも、さっさと終わらせて飲みに行った方が精神衛生上もよいと思います。

    結局、作業で遅くなってしまった後はあまり良い気分にもならないと思います。

     

    私がアドバイスできる事としたら、閉店後作業にも目標をもっていくとよいと思います。

    例えば、閉店後30分で作業を終わらせて飲みに行くという目標を立てます(別に飲みではなくてもよいですが、笑)

    そうすると、どうやったら30分で作業を終わらせるかという考えが出てきて、営業時間内に「ここまでは終わらせておこう」という考えにも発展してきます。

     

    閉店後の作業が早く終わると、気分もスッキリして良いと思いますよ。

    そして、意外な事に本社からも残業が少ないと評価されたりもしましたよ(笑)

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月18日 WEB登録
    2015年10月18日 WEB登録
  • アパレル販売員、社員と派遣どっちが良い?

    こんにちは♪

    アパレル業界でお仕事する皆さんに様々な情報を発信するエスピー企画です!

    お辞儀をする女性

    ここのところ急に寒くなってきましたね。

    風邪などひかないように注意して無理をしないようにしてくださいね。

    というのも、会社で風邪をひいているのに無理をして出社して通勤中に倒れた社員が居るので。

    「休んで迷惑は掛けられない」というのが口癖でしたが、周りは少し休んでほしいと思っていた矢先の事でした。

     

    以前、社員になりたいという派遣スタッフについて話をしましたが、今回は社員になろうかどうか迷っている方についてです。

    エスピー企画の派遣スタッフで実際に迷っている人(MHさん)の例を参考に、メリット・デメリットや注意すべき点についてお話しします。

     

    ・社員になろうかどうか迷っている理由

    MHさんは、現在自由が丘にあるセレクトショップで働いています。お店を非常に気に入っており出来ればここの店舗でずっと働きたいと考えています。

    ところが、店長を通してある話がMHさんの所に届きます。

    次回の人事異動でここのお店は社員のみで運営する事になるので、派遣スタッフであるMHさんは次回の契約以降このお店で働けない可能性が高い、というものでした。

    もともと、MHさんには派遣先から社員にならないかという打診がありましたが、返事を保留しているところです。

    でも、お気に入りのこの店で働くには社員にならないといけないので、MHさんは社員になろうかどうか迷っています。

     

     

    ・社員になった場合

    本人も迷っているのは、社員になればこのお店で継続勤務できる可能性があるだけで、実際に他のお店で働く事になるかもしれないという事です。

    実際問題として、このケースでは非常にその可能性が高いです。

     

    ・デメリット

    社員になった場合、自分の希望する店舗で働けるかどうかは分からない。

    ブランドを複数持っているような会社については、どのブランドへ配属になるかすら選べない事の方が多いです。

     

    ・メリット

    雇用が安定する事です。会社の仕事を普通にこなしていれば、まず解雇されることはありません。

    そして、実績によっては更に上の役職に進むことも可能です。

     

    社員になるとボーナスが出ると思っている人も多いようですが、会社毎に異なります。事前に調べておいた方が良いでしょう。

     

    ・その後

    結局MHさんは派遣スタッフとして現在も同店で継続勤務になりました。

    人事異動前にもともと勤務していた社員の一人が辞めてしまったので、派遣の継続依頼が来たのです。

     

    また、同じような問題が起きるかもしれませんが当面は現状のまま進みそうです。

     

    いかがだったでしょうか?

    社員になるには、それに伴うメリットとデメリットが必ず有ります。

    もし、社員になろうかどうか迷っているのであれば、参考にしてみてはいかがでしょうか。

     

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップの求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月16日 WEB登録
    2015年10月16日 WEB登録
  • アパレル販売職、終了後の進路について

    リピーターを増やすトーク術

     

    こんにちは♪

    アパレル業界で販売のお仕事した後についても有効な情報をお届けするエスピー企画です!

     

    この間、エスピー企画でアパレル販売をしていたスタッフから私の携帯に連絡が有りました。

    私が、まだ営業を始めたばかりの頃のスタッフだったので思い入れもあって長電話をしてしまい、後で上司から怒られたのは言うまでもありません(笑)

     

    「また、アパレル販売のお仕事を探しているんだったら是非紹介するよ」と言ったのですが、今は違う業界で働いているとの事。

    それが、現在の広告業界だそうです。

    どうも、エスピー企画に営業をしたいそうで私はダシに使われました(笑)

    広告の担当者に「とっても真面目で良い子だから、話聞いてあげて」と言いました。

     

    さて、その販売スタッフはアパレル販売をしていた頃の経験が一番役に立っていると言います。

    どんな経験がどのように役立っているかを教えて貰いました。

     

    1、声掛けの経験

    お客様と話をしないとなかなか売れないので、とにかく誰とでも話せるようにしていた。
    それが、今では自分の企画を売り込んだり上司と仲良くなったりするのに非常に役立っているとのこと。
    また、入社前の面接などではどんな話題を振られても余裕をもって対応できたとのこと。意地悪な質問でもクレームに比べれば楽勝だとか(笑)

     

    2、販売の経験

    実はアパレル販売をやっている時周りと上手く馴染めなかった経験が有り、私が「販売成績を上げて周りをびっくりさせてやろう」とアドバイスをしていたのです。

    真面目な彼女は、しっかりと成績を残したのですが周りの販売スタッフとの溝は深まるばかりでした。

    ところが、見ている人は見ているもので派遣先や入っていたファッションビルの社員からの評判が非常に良かったのです。

    なので、今の仕事を一生懸命にやっていれば必ず見返りがあると思って仕事をしているそうです。

     

    3、 在庫管理等の経験

    お店の在庫を把握したり回転率を意識したり、様々な状況を考えなくてはならなかったために全体を見れるようになったとのこと。

    今でも全体を見て仕事をする事によって、自分がどのような結果を出せば良いか。

    また、事前に起こりそうな問題についても準備したりする事が出来るそうです。

     

     

    実は、この方は20代前半の時にアパレル販売未経験でエスピー企画に来ました。

    常に笑顔が絶えなかったし、真面目で素直な方だったのでアパレル販売未経験である事を派遣先に伝えた上で働いてもらうことになりました。

    派遣先の売場では、「販売経験者が来ると聞いていたのに、話が違う」と言われてしまい、肩身の狭い思いをしたそうです。

    私も話を聞きつつ「今は辛いかもしれないけど誰よりも早く仕事を吸収して、とにかくこの店での月間売上NO1を取って見返してやろう」と言っていました。

    そうしたら、何と入店3ヶ月目でいきなり売上NO1を達成。

    他のスタッフは「たまたま運が良かっただけ」と話していたのですが、そこから半年連続でNO1の売り上げを記録。

    お店の入っている百貨店からも、カードの獲得数NO1で表彰されるほどでした。

     

    ところが、売り上げが上がれば上がるほど周りのスタッフと上手くやっていけなくなったそうです。

    その後派遣先を変えて半年間雑貨販売をやりましたが、その頃からデザインに興味を持ち始めたそうです。

     

    結局、「デザイナーを目指す」と言って販売のお仕事を辞めてしまいました。

     

    その後、キャラクター商品を扱っている会社での営業補佐という仕事をしたそうです。

    結局3年間続けたけれども、その会社でも営業補佐から他の仕事に移れる可能性が殆どなさそうなので転職したとの事です。

     

    そして、現在の広告業界。

    広告と言っても、求人媒体を主に扱っているお仕事。

    様々な会社の求人に対して、媒体や広告を提案するそうですが、そこでエスピー企画でやっていたアパレル販売の仕事を活かしてアパレル業界に積極的に売り込みをかけてるそうです。

    以前のアパレル販売や雑貨販売の経験を活かし、企業の求人担当者に「販売員に響く広告」を提案しているそうです。

    その際に、自分の考えた企画やデザインを売り込む事も忘れないそうです。

     

    今になって、アパレル業界で販売をやっていて大変だと感じていた9ヶ月の間に経験した事がとても役に立っているとの事です。

     

    いかがでしたでしょうか。

    少し長くなりましたが、今大変だと感じている事は将来的に必ず自分のプラスになると思いますよ。

    そして、販売の経験は将来的に様々な事に役に立つので是非販売をやってみてください。

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップの求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月15日 WEB登録
    2015年10月15日 WEB登録
  • アパレル販売店の業態

    こんにちは!

    アパレル業界で働きたい皆さんをサポートするエスピー企画です☆

     

    寒くなってきて、温かいコーヒーを飲む機会が増えてきました。

    近くにあるレトロな雰囲気のカフェで、コーヒーの良い香りを楽しみながらゆったりとファッション雑誌を読むことが最近のお気に入りです♪(*´▽`*)

    でも時間がない時や急いで出勤する朝なんかは、コンビニの手軽なドリップコーヒーを買っていくことも。

    コンビニはコンビニで安くて早くて良いですよね(笑)

    チェーン店のコーヒーショップなどもよく利用しますし、時と場合によってお店を使い分けています♪(^^)

     

    コーヒー店も色々な業務形態がありますが、もちろんアパレル販売店も同様です。

    ひとくちに「アパレル販売店」と言っても、百貨店のテナントや一般小売店など、その業態は様々。

    それぞれに特徴があり、販売員の働き方も変わってきます。

    では今回はアパレル販売店の主な業態についてご紹介しましょう♪

     

    ・デパートや百貨店

    たくさんのブランドが集まっている百貨店では、百貨店社員やブランド社員のほか、アパレル販売専門の派遣社員やテナントのアルバイトなど様々な形で販売員が雇用されています。

    「平場」と呼ばれるフロア中央のレジで一括会計を行う場合、アパレル販売員はレジ操作を行う必要がない点が百貨店の大きな特徴。

    接客や商品管理に集中できるでしょう。

     

    ・量販店(大型スーパー)

    デパートや百貨店と形態は似ていますが、量販店の方がファッションの売り場面積における割合が低い場合がほとんどです。

    スーツの着用が必要なく、比較的カジュアルな雰囲気の中で働くことができます。

     

    ・ファッションビル

    アパレルショップを中心にテナントが構成されており、各メーカーの社員や派遣社員が働いています。

    オシャレでハイセンスな雰囲気の中で働くことができます。

     

    ・メーカー直営店やセレクトショップ

    直営店では自社ブランドを、セレクトショップでは自店のコンセプトに合った商品のみを扱うため、客層や店舗の個性が明確化します。

    自身の好きなブランドや扱いたいコンセプトがハッキリしている人にぴったりです。

     

    このように、アパレル販売店には様々な業態がありますので、求人を探す時の参考にしてみてください(^▽^)

    アパレルショップの業態についてはこちらも参考にご覧ください。

     

    エスピー企画がご紹介できる派遣先も様々なタイプがあります。

    「この業態で働きたい!」というご希望があればぜひ聞かせてくださいね♪

    他にも派遣登録についての疑問や質問があればいつでもご相談ください☆

     

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップの求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月14日 WEB登録
    2015年10月14日 WEB登録
  • アパレル・雑貨販売員が希望のお仕事に就くには

    接客風景のイラスト

    こんにちは!

    アパレル業界でお仕事する皆さんにお役立ち情報を発信するエスピー企画です♪

     

    先日、エスピー企画の販売スタッフとして働いてくれていたスタッフと久々に話をする機会があって、お互いの自宅から中間地点だったので横浜でお話をしてきました。

    お話しと言っても、時間が夕方だったので少し早めにあがらせてもらって飲み始めたというのは内緒の話です(笑)

     

    その方は、以前横浜で販売スタッフとして働いてくれていました。

    結婚してお子様が生まれたので、産休を取ってから再度販売スタッフとして働いてくれていたのですが、子供の事が最優先になってしまい仕事も急に休むことも多々有り、シフト勤務をしている会社に迷惑を掛けたくないという理由で退職してしまいました。

    現在は、多少勤務時間に融通のきく営業のようなお仕事をしているそうです。

     

    当時の事を話していた時に、エスピー企画で希望していたお仕事があったのにその仕事を紹介してくれなかった。という話になりました。

    ところが、インターネット上にお仕事情報が有り、更にそのお仕事を希望しているのに紹介してくれなかったとの事です。

     

    実は、本人が希望しているお仕事を紹介出来ないという事も有ります。

    派遣先は派遣するスタッフに対しての要望を伝えています。そのため、先方の要望に応えられない場合はお仕事を紹介出来ない事もあります。

     

    この時は、アパレル業界での販売経験が少ないから紹介出来ないという理由を説明した上で、販売経験を他のブランドで積んだ上で1年後に希望しているお仕事を紹介出来ました。

    紹介した時には、横浜付近でのお仕事が無く世田谷の方のお店まで通勤していました。

     

    もし、希望するブランドや会社があるのであれば、どんなスキルや経験が必要なのかを聞いてみると良いと思います。

    アパレル業界や雑貨業界では、派遣を常に利用している会社、緊急時の時に利用している会社、全く利用していない会社も有ります。

     

    派遣スタッフとして希望する会社に行ける場合もありますし、社員のみしか募集していない場合は今のスキルで挑戦して採用の可能性がどの程度なのかを聞いてみると良いと思います。

     

     

     

    こちらも参考までにご覧ください!
    ショップ店員になるには

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月13日 WEB登録
    2015年10月13日 WEB登録
  • アパレル販売員として好きなブランドで働く時に気を付ける事

    こんにちは!

    アパレル業界で働きたい皆さんをサポートするエスピー企画です☆

    ブランド

     

    アパレル業界にもいろいろなブランドがあります。

    好きなブランドで働くことを夢見てアパレル業界に来る方もいるかと思います。

    自分の好きなブランドのある会社に入社しても、実際には同じ会社の別ブランドに配属されたりする事もあり、

    なかなか思うようにいかないケースもあるようです。

     

    でも、実際に好きなブランドで働くことが出来た方の多くが仕事が長続きしない傾向があるようです。

    理由はいくつかありますが、一番多いのは「自分のやりたい接客が出来ない」という事。

    お客様が嫌がっていても、お勧めの商品を売ったりセット売りをしなくてはならない。

    カットソー1枚のみしか持っていないお客様に他に何もお勧めしなかったら、確実に後で注意されるでしょう。

    続けていくうちに、お客様に押し売りしているみたいで段々と嫌な気持ちになってしまいます。

     

    もちろん、同じような事は接客の仕事をしている上では必ず起きる事ですが、さらに自分の好きなブランドなほど嫌な気持ちは大きくなってしまうようです。

     

    では、長く働いている人はどう考えているのでしょうか?

    多くの人が、こういった気持ちを持ってた事があると言います。

    その上でさらに続けているのです。

     

    いくら押し売りしても、お客様は自分の全く欲しくない物は買わない。

    お金が無ければお客様はある分までしか買わない。

    買おうかどうか迷って買わなかった物は、似た商品を必ずどこかで買う。

     

    だから、一生懸命にお店に来たお客様に売ろうとするのだそうです。

    また、それがお客様にとって良い事だた信じているようです。

     

    もし今、アパレル販売をやっていて悩みを持っていたらこんな風に考えたら良いのではないでしょうか。

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップの求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月10日 WEB登録
    2015年10月10日 WEB登録
  • アパレル販売をやってみたいけど終バスが早い人は?

    losensinya

    こんにちは♪

    アパレル業界でお仕事する時に有効な情報をお届けするエスピー企画です!

     

    最近は朝晩とても冷え込むようになってきましたね。

    まだ冬服を出していないのか、クールビズで出勤しているようなサラリーマンをみるとこちらが寒くなってきちゃいますね。

    私は、寒がりでもうコートを着ていこうと思ったくらいですが、親から「さすがに早すぎるだろ」と止められました(笑)

    外は寒いけど電車の中は暑かったりして、通勤って結構大変ですよね。

    朝のラッシュや夕方のラッシュ、終電間際はまたギュウギュウ詰めになったりもするので通勤だけで一苦労なんて方も。

     

    アパレル業界は百貨店ならば10時開店の所が多いから、早番の場合は朝のラッシュに多少引っかかってしまうかもしれないですね。

    百貨店でも10時半や11時オープンのお店もあるし、ファッションビルは少し遅い開店時間が多いですね。

    遅番であれば、朝のラッシュからやや外れた時間に通勤する事が出来るので余裕をもって出社できますね。

     

    エスピー企画では、お仕事を紹介する際になるべく近くの勤務地を紹介するようにはしております。

    しかし、希望しているブランドが少し遠い勤務地で出て来る場合もアパレル業界では非常に多いことです。

    さらに、アトレやパルコ、ルミネなどのファッションビルは基本的に21時閉店ですし、ルミネ新宿店なんかは22時閉店です。

     

    そこで、出てくるのが「終バス」問題。住んでいる場所によっては、最寄り駅からバスを使わないと通勤できない方も居ます。

    バスで15分かかるような場合、大抵徒歩だと1時間近くかかってしまいますので徒歩は無理です。

     

    意外に思うかもしれませんが、都内や横浜近辺でも11時前に終バスが出てしまう所って多いんです。

    遅番になった時に終バスに間に合わずタクシーを使って帰る事になってしまい、出費が多くて働くのを諦めてしまう方も居ました。

     

    そこで、エスピー企画ではこのような特殊な状況で頑張っている方にはタクシー代の6割を負担する事にしています。

    もちろん、飲み会で遅くなったとか個人的な理由で遅くなった場合の負担はありません。

    タイムシートで遅番の日とタクシーの日付が同じかどうかを確認しますが、数名の方がこの制度を利用しています。

     

    もし、遅番後の帰宅でタクシーを使わなくてはいけない方は、是非エスピー企画のこの制度を利用してお仕事をしてみてはいかがでしょうか?

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年10月08日 WEB登録
    2015年10月08日 WEB登録
  • アパレル販売員、向いてないかなと思ったら

    こんにちは♪

    アパレル業界でお仕事する皆さんに様々な情報を発信するエスピー企画です!

     

    急に寒くなってきましたね。寒くなってくると、冬物が売れ始めるので今年の天候はアパレル業界にとってはかなり良いですね。

    でも、急な気温の変化に体調を整えるのが大変だったりしますね。

    体調を崩すと精神的にも良くない方向へ考えがちです。

    そんな時こそ、自分の好きな事に少しだけでも時間を割いたりするといいかもしれないですよ。

    私は、ジャズが趣味でジャズピアノを習ってるんですけれども、先生のライブなんかに良く行ってます。

    13d541659af98f3f69b1a45f63939326_s

     

    http://www001.upp.so-net.ne.jp/sanetom26/index_001.htm

    ↑先生のホームページです。このライブに行けば私に会えるかもですね。

    若い人はあんまり居ないですけどね(笑)

     

     

    さて、今日はアパレル販売を始めたばかり、もしくはまだ経験があまり無い方に向けての話です。

    始めたばかりだと、「お客様になんて声をかけてよいか分からない」「書類に記入ミスが多い」「一度聞いた事をつい忘れてしまう」など

    自分がアパレル販売に向いていないんじゃないかと思ってしまう人も多いようです。

     

    私も昔販売員をやっていた頃はそうでした。

    特に、私は物覚えが悪くて店長から「これこの前も言ったよね、二度も三度も聞かないでくれる。だいたい何でメモ取ってないの」と良く言われてました。

    言われた事をメモするっていっても、全部メモするのは不可能だし、要点を頭の中で整理しているとその間にもう二つぐらい先の話題に進んじゃってるし。

     

    ここで、話は最初のジャズに戻るんですけれども(笑)

    ジャズを習い始めてからというもの、とにかくアドリブ演奏が全然出来なかったんです。

    アドリブというのは、即興で自由に演奏していいのですが、それが何故だか出来なかったんです。

    1年くらい習い続けても、全く弾けるようにならなかったので先生に「私ジャズピアノ向いていないと思います」と言いました。

     

    そうしたら、先生は「そんなすぐに出来るようにならないよ。仕事の合間に練習してるんだろうし。1年間でアドリブが出来るようになりたかったら、毎日数時間集中して練習しないと無理だよ。」

    と言いました。

    最初から出来る人は誰も居ないし、それこそプロのジャズピアニストは毎日死ぬほど練習してるから感動させるような演奏が出来るんだということです。

     

    実は、仕事についても同じような事です。

    毎日の積み重ねが無くては販売が出来るようにはなりません。

    良く言われるのは、同じ売場で3年間続けてやる事。

    半年で接客の基礎が身につき、1年で年間の流れが一通り分かるようになります。

    2年目では、周りに言われなくても全ての事が出来るようになり、顧客様も少しずつ増えてきます。

    3年目でやっと、自分なりの接客が出来るようになると言われています。

     

    なので、まずは3年間やってみてから向いているかどうか判断すると良いと思います。

    3年経っても「向いてない」と思ったら、思い切って他の業種に転向しても良いと思います。

    その際には、接客の経験が非常に役に立つでしょう!

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

     

    合わせて読みたい

    アパレル販売員をやってて心が折れた時には

     

    2015年10月07日 WEB登録
    2015年10月07日 WEB登録

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ