ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ

  • 販売員なら、プロとして体調管理を!

    皆さん、こんにちは。寒そうな木の枝がとってもかわいそうに思える今日この頃、皆さんはいかがお過ごしですか? 元販売員のエスピー企画コーディネーターMです。本日も接客販売の面白さややりがい、マナーなどについて体験談を書きますね。

     

    秋冬の寒い時期、風邪を引いている人が多いのではないでしょうか。
    空気が乾くこの時期は、ウイルスが活発になる頃。

     

    特に、お店の中は、空調などで他のどんなところよりも特に乾燥しやすく、また、密室であればウイルス感染も心配ですね。
    多くのアパレルショップは、ぎりぎりの人数でシフトを回していることが多く、体調不良だからといって簡単に休めないことがほとんど。
    特に、土日やセール時期などのかき入れ時は「休みたい」というのも申し訳なくなってしまうものです。

     

    だからこそ、体調管理はとっても大切です。
    販売員として働いていた時、多くのショップスタッフのポーチの中に入っていたのが、除菌ジェルです。
    最近ではキュートなパッケージのものも多く、ピンクやイエロー、グリーンなど思い思いの除菌ジェルを持ち歩き、休憩室で「それ、かわい~!使わせて」なんて会話もよく聞こえてきましたよ。

     

    また、のどのケアも大切です。
    よく「風邪をひいて声が出ないので、今日は店頭には立てません。」というスタッフがいましたが、それによってお店の「戦力」をひとり失うわけですから、ショップにとって大きな痛手となります。

     

    夕方などのお客様が多い時間には、声の出ないスタッフに無理やり店頭へ出てきてもらうこともありましたが、思うように話せないスタッフを見ているこちらまで心苦しくなってしまいました。

     

    通勤や帰宅時にマスクをすることはもちろん、のど飴やのどケア用のスプレーなどで守ることが大切ですよ。
    販売員として店頭に立つからには、経験年数はどうであれお客様にとっては「プロ」です。
    だから、いつも最高のパフォーマンスで接することが基本。

     

    特に、アパレルのショップ店員は、お店にあまり人員を配置しないので、自分が休むととても迷惑がかかってしまうのが事実。
    だからこそ、体調管理には、特に気を付けてほしいのです。

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年12月18日 WEB登録
    2015年12月18日 WEB登録
  • 販売員をしていると、自然と痩せる!?


    皆さん、こんにちは。アパレル店員さんにお仕事をご紹介するエスピー企画のコーディネーターMです。
    元販売員の私が、本日も接客販売の面白さややりがい、マナーなどについて体験談を書きますね。

     

    「なんだか最近太っちゃったみたい・・・。」

     

    そんな人には、ぜひ販売員として働くことをおすすめします(笑)。

     

    なぜなら、販売員をしていると、自然に痩せることができるからです。
    その理由の一つが、自分のスタイルをじっくり見る時間が増えるから。

     

    アパレルショップには、大きな鏡がいくつもありますよね。
    仕事の最中、店内を歩いているときや商品整理をしているときなど、自分の姿が一日に何度も鏡に映るので、そのスタイルを意識しないわけにはいかないのです。

     

    「今日はちょっとむくんでるな」「最近O脚気味だけど、姿勢が悪いからかな」そんなふうに、自分のスタイルに自問自答しながら、次第に美意識が高まり「見られている」という意識から、どんどんきれいになっていくのです。

     

    私の同期スタッフは、この「鏡効果」で、猫背だったのを解消できたんですよ。
    そのせいか、顔つきまで明るくなり、今までよりもさらにきれいになりました。

     

    そして、もうひとつの理由が、よく動くから。
    お客様には、店頭に立って商品を畳んだり、マネキンの来ている洋服の乱れを直している姿しか見えないので「ラクそうだね」なんて言われることも多い販売員の仕事ですが、

     

    実は、とっても肉体労働が多い仕事。
    特にレディースアパレルブランドのお店では、女性だけの職場なので、コートやニットなど、重い商品が入ったパッキンを一人で抱え上げるとか、何箱も積み重ねて台車で運ぶなど、裏では汗だくになりながら重労働をこなしているのです。
    肉体労働が多い分、当然食事の量も増えますが、筋力がつくせいで代謝が良くなり、知らない間に「食べても太らない体」になっています。

     

    ただし、食事の時間が不規則になりがちなので、すぐに食べられるジャンクフードやお菓子に手を出してしまえば、ダイエット効果はあまり期待できません。
    ストレスからのドカ食いもダメですよ。
    自分の好きな洋服に囲まれて仕事をしながら、美しさも一緒に手に入れられるなんて、まさに一石二鳥ですよね。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

     

    合わせて読みたい

    若さを保ちたいならアパレル販売員がお勧め

    2015年12月18日 WEB登録
    2015年12月18日 WEB登録
  • 準備は大変だけど快感!アパレルのセール時期の販売員

    皆さん、こんにちは。暖かい部屋の中で、窓際の陽だまりにぽかぽかと癒されている、エスピー企画のコーディネーターMです。
    元販売員の私が、本日も接客販売の面白さややりがい、マナーなどについて体験談を書きますね。

     

    販売員にとって、年に2回のビッグイベントが、SALE!バーゲン!です。
    セール時期の販売員は、とにかく大変!
    バーゲンが始まる約1か月前から、バーゲン用商品のパッキンが届き始め、徐々に準備が始まります。

     

    お客様の入りが少ない時間を見計らって、在庫商品の値札を値下げ価格に書き換えることや、お正月であれば福袋の準備など、店頭だけでなく、ストックにこもる時間が長くなるのが、この時期です。
    ですから、販売員として店頭に立てるようなおしゃれな格好を心がけながら、ストックにこもった時のための動き易い格好でなければならず、服装選びに悩んでしまうんですよね。

     
    バーゲンの前日は、もちろん残業。

    売り場の什器をバーゲン仕様に並べ替え、ストックから運んできたバーゲン商材を店頭にてんこ盛りにし、赤札ポップで装飾する作業をしますが、単純な作業に見えて、意外に時間がかかるものなんです。
    百貨店では、営業時間終了後、退館しなくてはいけない時間ぎりぎりまで残って作業します。
    そして、バーゲン当日。

     
    いつもの出勤時間よりも1時間くらい早く売り場に集合し、最終チェックをします。
    開店すると、走って来る方も多く、一気に店内は人だかりに!
    この時は、一人一人のお客様に接客しなくても、ポンポンと物が売れていくので、その様子を眺めているのがなんとも快感なんです。

     
    ここで、この時に販売員として最も気を付けなくてはいけないのが、盗難。
    たくさんのお客様がいらっしゃる分、目が行き届きにくくなるので、いつもよりも注意して見なくてはいけません。
    セール商品の売り上げは個人の売り上げに関わらないというショップが多いので、個人売り上げよりも盗難防止に力を注ぎます。

     
    ・・・お客様を疑うなんて、本当は嫌なんですけどね。
    でも、しょうがないことなんです。
    実際、この時期が最も盗難の被害が多く、これが積み重なるとお店にとって、とても大きな損失になってしまうのです。
    バーゲンは、その準備や当日が大変な分、終わった後の爽快感が大きく、販売員にとっては「お祭り」のようなもの。
    もちろん、打ち上げもあり、それを目標に頑張っているという人も多いんですよ。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年12月18日 WEB登録
    2015年12月18日 WEB登録
  • アパレル販売のトークは「口数の少なさ」が肝心

    closet-912694_640

    皆さん、こんにちは。寒さ本番!毎日ベッドから出られないエスピー企画のコーディネーターMです。
    元販売員の私が、本日もアパレルショップでの接客販売の面白さややりがい、マナーなどについて体験談を書きますね。

     

    さて、皆さんはお客様へのアプローチをどうしていますか?
    実は、販売員には2つのタイプがあります。

     

    商品に関するあらゆる知識をできるだけ多く伝えようとする人、そして反対に、商品の特徴は最小限にとどめあまり多くを話さない人、つまり、「口数が多いか」「口数が少ないか」に分かれるのです。

     

    では、売れる販売員というのは、どちらのタイプでしょうか?

     

     

    実は、「口数の少ないタイプ」なのです。

     

     

    これまで私は、いろいろな販売員と関わってきましたが、売れている販売員に共通するのが、口数の少なさだったのです。

     

    なぜ口数が少ないのに売れるのかというと、彼らは自分よりもお客様に話をしてもらうことに重点を置いていました。

     

    例えば、気になる商品を手に取って眺めるお客様に対し、いきなり「この商品は特別なもので~・・・。」と商品説明を話しかけるのではなく、
    「いかがですか、どうぞ広げてみてください。」と感想を引き出すような行動に促します。
    ここでお客様が「すごく肌触りがいいですね」などと話してくれれば、そこからお買い上げまでは比較的スムーズ。

     

    お客様は、販売員にシャワーのような説明をされ「買わされる」という意識が苦手なもの。
    こちらからは必要最小限の情報を提供するにとどめ、お客様の言葉をできるだけ多く引き出し、商品についての感想を聞き出すことが大切です。

     

    お客様は「自分で選んだ」という満足感が得られるので、お買い上げにつながりやすくなるというわけです。
    販売員になりたての頃の私は、とにかくお客様に対して商品説明の「弾丸トーク」をさく裂させていました。

     

    ところが、ある時のどの調子が悪く、最低限のことしか話すことができない日に接客した時、びっくりするくらい売り上げが上がったんです。

     

     

    そこで「今まではしゃべりすぎていたんだな」と気づかされました。

     

     

    どうしても商品を売りたいがために、口数が多くなってしまう気持ちはとってもわかります。でも、ここでぐっとその衝動を抑えてみてください。
    きっと良い結果が得られると思いますよ(笑)

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年12月18日 WEB登録
    2015年12月18日 WEB登録
  • 出産した後の販売スタッフについて

    妊婦さん

    こんにちは☆アパレル・雑貨販売で働く皆さまを応援するエスピー企画です。

    昨日、横浜で働いているスタッフがプロポーズされた事についてお話ししましたが、一緒に食事をしながら色々なお話をしました。

     

    今後、結婚してどういう生活になるのかも不安だそうですし、出産してもお仕事を続けられるのかについて凄く食いついて聞かれました(笑)

    まだ、妊娠している訳ではないそうなのですが、昔から子供は絶対に生みたいと思っているそうです。

    でも、今の販売の仕事も続けていきたいという希望があります。

     

    私も、エスピー企画に入ってはや○○年(笑)

    思い出してみると、もう5年はとっくに過ぎちゃいました。

     

    子供を生んでからもお仕事を続けられるかどうかというのは、皆さん非常に気になる所みたいですね。

     

    私の担当していたスタッフにも、出産した人はたくさんいます。思い出してみると、両手の指では数えられないくらい居ますね。

    毎年1人は出産しているように思います。

     

    子供を生んでからもお仕事を続けたいと思っている方は多いみたいですね。

    私の担当していたスタッフや、他の担当のスタッフを見てもそうですが、出産後はしばらくお休みをする方が多いようです。

     

    「産休あけたらすぐに復帰します」と言っているスタッフも居ますが、残念ながらすぐに復帰するスタッフはごく少数です。

    復帰するスタッフについては、祖母や祖父が一緒に住んでいて子供の面倒を見てくれるというごく一部の恵まれた環境の方だけのようです。

    今は、お年寄りでも元気な方も多く、60歳を過ぎた祖母、祖父ともに働いているなんて家庭も結構多いみたいです。

    そうすると、保育園も熱が出たりしたら預かってもらえないし、お迎えの時間までには戻らなくてはならないし。

    販売のお仕事は比較的遅い時間に始まり、遅い時間に終わるので保育園のお迎えの時間に間に合わない場合も多いみたいです。

     

    そんな訳で、出産前には「すぐに復帰する」と言っていたスタッフも、出産後には「子供に手がかからなくなったら復帰します」という事になる方が多いです。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年12月11日 WEB登録
    2015年12月11日 WEB登録
  • 販売スタッフからの嬉しい報告

    b4_m

    こんにちは。

    アパレル・雑貨販売で働きたい方を応援するエスピー企画です。

     

    昨日、横浜の百貨店で働いているスタッフに会いに行く事になりました。

    数年前にエスピー企画に入社したスタッフですが、3年ほど前に家庭の事情で半年ほど休んでからまたお仕事を再開したスタッフです。

     

    お昼休憩を一緒にする約束をしていたのですが、いきなり「結婚する事になりました!」とのご報告。

    何と、前の日に彼氏からプロポーズされたそうです。

     

    実は、所沢で働いているスタッフからもその日の朝連絡が有り「子供が生まれました!」との報告があったのです。

    なんとも、嬉しい報告が続いたので私の事でないのにテンションが上がってしまいました(笑)

     

    販売のお仕事をしていると、色々なお客様を接客する事になりますので、結婚や出産というのを経験する事によって話の幅も広がるので接客にも活かされる事が多いのです。

    今日は、販売をしていて結婚、出産を経験した方にいろいろ聞いた話をまとめてみました。

    色々な話を聞けて楽しいですが、皆に共通しているのはこんな事のようです。

     

    まず、マイナス面の話から。

    ・自分の時間が取れなくなる

    これは、皆さん共通して言っている事ですね。

    まず、結婚する事によって、パートナーとの時間が増えていく代わりに、自分一人の時間が少なくなってしまいます。

    まして、子供が生まれたら自分の時間は、ほぼ取れなくなると皆さん口を揃えて言います。

    「妊娠して、安定期に入ったら出来る限り遊んでおきなよ」言われました。私はその前にパートナーを見つける必要がありますけど(笑)

     

    男性スタッフは「責任が重くなる」「お金をもっと稼がなくては」等も良く言ってます。

    あと、多くの女性スタッフが旦那さんの事を「頼りにならないから自分が頑張らなくてはいけない!」と言っています。

     

    そして、結婚、出産でプラスになった事というのは。

    ・人生が充実する

    皆さん色んな事を教えてくれますが、要するに充実感が違うという事だそうです。

    特に、出産してからは子供の事で気が休まる暇もないそうですが、それまでにはない充実感というものがあるそうです。

    子供を預けて働いているスタッフの話を聞くと、とてもじゃないけれど真似できそうにないくらい忙しそうです。

     

    エスピー企画で販売のお仕事をしながら、結婚される方、出産の経験をする方ともたくさん接してきました。

    そんな人生の一大イベントに間接的ながらも関わる事が出来るのは、この仕事をやっていてよかったと思う瞬間です。

    それだけに大きな責任を負っていると考えて、出来る限りの事をしようと心が引き締まる毎日です。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年12月10日 WEB登録
    2015年12月10日 WEB登録
  • アパレル販売で英語を使えるようになるには

    外国人と日本人

     

    こんにちは☆アパレル販売で働いている皆さんを応援するエスピー企画です。

    この間、エスピー企画の派遣で働いているスタッフから連絡がありました。

     

    豊洲のららぽーとのある雑貨のショップで働いているスタッフなのですが、インバウンドのお客様が非常に多いそうです。

    そこで英語に自信が無いという相談を持ち掛けられました。

     

    とりあえず、接客で使いそうな一通りの英語は丸暗記しているそうなので一通りは問題無いそうです。

    ただ、英語で自然と会話が出来ればもっと外国人の観光客の売上を伸ばす自信があるそうです。

     

    私も、その昔英語を喋れるようになりたくて英会話教室に通った事もあるので、簡単に外国人と英会話が出来るようになる方法を教えました。

    以下の事を2~3ヶ月やれば大抵の会話が出来るようになりますが、辞めたとたん戻ってしまうので気を付けてください。

     

    1、中学レベルの単語を覚える

    まず、単語力が無いと話になりませんが、日本の場合中学レベルの単語で語彙は十分です。

    昔の教科書を引っ張り出すなり、単語の本を買うなりしてとにかく覚えてください。

     

    2、外国人の友達を作る

    ちょっと、ここはハードルが高いかもしれませんね。

    実は、私は英会話教室に通っていた時に先生と友達になりました。

    とりあえず、友達を作るのが難しければとりあえずは英会話教室で好みの先生を見つけるのがベターだと思います。

    出来れば、日本語をほぼ喋れない人がベストです。

    そうすると、何とか工夫して自分の言いたいことを伝えようとするので、そこで英語力がグンと上がります。

     

    3、外国人の友達とメールをする

    ここは、Lineでも構いませんが出来ればメールの方が良いです。

    ある程度まとまった文章を書いた方が間違いなく英語力がつくからです。

    相手もある事だから、1日1通程度で簡潔に伝えたいことを書くようにするのがコツです。

    その前に、メールで間違いがあったら訂正して貰うように言っておいてください。

    (日記を英語で書いて添削してもらうという方法も良いとスタッフから教えて貰いました。)

     

    日本語が喋れない友達とお互いに教え合うのも良いかと思います。

    メールは1日1通程度、週1回程度あって話をして、月に1回くらいは飲みに行って話をすれば英語力は間違いなく着きます。

     

     

    ただし、英語は使っていないとすぐに喋れなくなってしまうので注意が必要です。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年12月09日 WEB登録
    2015年12月09日 WEB登録
  • アパレル業界店長が語る派遣スタッフへの要望

    0432f0887504a78fa8392e917ba4d883_s

    こんにちは★ アパレル派遣で働きたいあなたを応援するエスピー企画です。

    普段、私は派遣スタッフのコーディネーターとして現場を見て回る事も多いのですが、エスピー企画のスタッフが褒められると自分の事のように嬉しいです。

    この間も、エスピー企画から派遣されたスタッフが入った事で「売場が明るくなって雰囲気も良くなった。また良い人紹介してね。」と店長から言われてニヤニヤしてしまいました(笑)

     

    実は、この店長業務は一緒に働く仲間によって大きく負担が変わってくるのです。

    店長業務は、殆どの場合派遣先の会社の社員がやっています。(ごく稀に派遣スタッフが店長という場合も有ります。)

    現場を何度も訪れている内に、お店の店長さんと仲良くなったりする事も結構あるんですよ。

    何度となく店長さんと飲みに行ったり、喫煙ルームに行ったりする事も。店長は喫煙する人の方が多いような気がします。たまたま、私が喫煙するからかもしれませんが。

     

    そこで色んな話を聞きますが、店長を長くやっている人は派遣スタッフを何人も受け入れた経験がある人が多く、非常に慣れている感じを受けます。

    しかも、アルバイトスタッフであれば店長が面接をしたりどんな人なのかを事前に知るチャンスもあるけれども、派遣スタッフの場合いきなり「○月○日から△△さんという派遣スタッフが就業します。後はよろしく」みたいな感じだそうです。

    どんな人なのか、どんな経験があるのか、何歳くらいの人なのか、どんな性格なのか、色々聞くそうなのですが、大体の場合「経験者で明るくて即戦力になる」という答えだそうです。

    実際に、そうであった事は殆ど無いそうです。

    店長としては、「派遣スタッフがどんな人でも構わない。育てていくつもりだから、自分がどういう性格で、どういう事が得意で、どんな事が苦手なのか、今までどんな仕事をしてきたのかを具体的に伝えて欲しい」という意見が多かったです。

    色々な人を見てきたり育ててきた店長は、どんなスタッフでもなるべく働きやすいように考慮してくれるので、派遣スタッフもありのままの自分を出して欲しいそうです。

     

    いかがだったでしょうか。

    もし、これから派遣スタッフとして働きたいのであれば、自分を大きく見せようとせず自然に行くのが一番だと思います。

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年12月08日 WEB登録
    2015年12月08日 WEB登録
  • アパレル販売から営業に転職したスタッフの話

    商談01

     

    こんにちは☆アパレル販売業界で働く皆さんを応援しているエスピー企画です。

    今回は、エスピー企画で長年働いていたYさん(男性)について、お話しします。

     

    Yさんはある派遣会社でメンズデニム販売スタッフとして働いていましたが 、その派遣先のお店が撤退する事になり他のお仕事を探していました。

    そんな時に、エスピー企画の求人広告を見て応募してくれました。

     

    その時、たまたまデニム販売でYさんの家から近い勤務地で販売スタッフを探していたので、すぐにお仕事が決まりました。

    Yさんは目標達成意欲が強く、そこの売場での売上目標を何度も達成し、前年比は2年間一度も落とすことなく伸ばし続けました。

    そんなYさんを派遣先の会社も非常に高く評価してくれて、派遣先の会社に社員として勤務するようになりました。

     

    Yさんはその後何店舗かの店長を経験し、複数の店舗を見るSVの役職に就く事になりました。

    そんなある日、非常に売り上げを上げている東京のある店舗が撤退になるという話がありました。

    そこの店長は、既に20年以上勤めているベテランの店長でしたが「他の勤務先が無い」という理由でその会社を解雇になります。

    その店長は、会社の営業職への転職を希望していましたが叶いませんでした。

     

    Yさんには子供が一人居たのですがその子供が小学生になった時、販売職は土日祝日が基本的に出勤なので子供との時間が全く取れなくなることに気づきました。

    そのため、土日休みである営業職への転職を希望していました。

    ところが、自分よりも大先輩である方がその会社の営業職への転職が叶わなかったので、この会社での営業職への転職を諦めます。

     

    Yさんは「子供との時間はかけがえのないもの。今、子供との時間を取らなければ一生後悔する事になると思った。」と言います。

    そして、Yさんはアパレルとは全く関係の無い業界の営業職へと転職します。

    業務用の食品などを売り込む会社の営業職だそうですが、それまでの販売経験が役に立ったそうです。

    「営業での信頼関係を築くのは、アパレル販売で顧客を作る事に比べればそんなに難しい事では無い」とYさんは言っています。

     

    そして、子供が小学校高学年になった頃には再度アパレル販売業界に戻ろうと考えているそうです。

    しばらくは派遣として派遣先で結果を残し、その後社員への道を目指すそうです。

     

    Yさんのように、派遣で仕事をする目的や目標がしっかりしていると、派遣会社としてもサポートがしやすいです。

    あなたはどんな目標がありますか?

    Yさんのように、しっかりとした目標でなくても大丈夫です。

    営業やコーディネーターがしっかりとヒアリングして、将来のキャリアを築くためのサポートをします。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年12月07日 WEB登録
    2015年12月07日 WEB登録
  • 販売スタッフのキャリアアップとは?

    上を指す

    こんにちは☆アパレル販売業界で働く皆さんを応援しているエスピー企画です。

    今回は、キャリアアップについてのお話をしたいと思います。

     

    そもそも、みなさんキャリアアップは大事だと言いますがキャリアアップとは何でしょう?

    色々なブランドで経験を積むことでしょうか?

    資格などを取得する事でしょうか?

    店長や、SVになる事でしょうか?

     

    どれも、キャリアアップであると思います。

    私は、キャリアアップと言うのは「より多くの利益を上げられるようになる」事だと考えています。

    なので、キャリアアップをすればするほど自分の任される事が増えていき、より仕事にやりがいが出てくるようになります。

     

    アパレル販売業界において、キャリアアップと言うとやはり販売スタッフ→店長→SV→営業という流れがメジャーだと思われます。

    キャリアアップを目指すという事であれば、SVあたりを目指すのが妥当かと思います。

    ただ、会社によってはSVという役職を設けていない場合があるので、とりあえず店長の一つ上のポジションを目指すのが一つのキャリアアップだと思います。

    店長については、意外にすぐになれる場合が多いので、キャリアアップというほどでは無いと思われます。

     

    ところが、販売スタッフから店長になっただけでもやる事は格段に増えます。

    まず、売場のスタッフについては全員把握しなくてはなりません。

    そしてシフト作成も意外に一苦労。全員の休み希望を聞いて、各スタッフが連勤になりすぎないように配慮したり。

    人数が少ない売場で、スタッフが入院なんかした日には売場が回らなくなり、店長が20連勤したなんて話も。

    それ以外にも、売り上げ目標を達成するために各個人の売り上げ目標に落とし込んだりするのも店長の仕事。

    百貨店やファッションビル勤務の場合は、館の人とのちょっとした交渉なんかも店長の仕事です。

    他にも、色々と店長になると仕事が増えます。

     

    キャリアアップを目指すのは非常に良い事だと思いますが、SVや営業は店長以上に忙殺される事も多いので体力や気力とも相談しつつ無理の無いように少しずつアップしていく事をお勧めしています。

     

     

     

    こちらも参考までにご覧ください!
    ショップ店員になるには

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年12月06日 WEB登録
    2015年12月06日 WEB登録
  • メンズフロアのショップ店員、色んな人が居ます

    デパート_中

     

    こんにちは☆

    アパレル販売や雑貨販売をやってみたいと思う方を応援するエスピー企画です。

     

    今日は、以前働いていたファッションビルのブランドでのお話をしたいと思います。

    そこは、横浜のあるファッションビルのメンズフロアのあるショップでの販売を担当していました。

    そこまでお客様が多い所ではなかったからか、同じフロアのスタッフ同士がとても仲の良かったです。

     

    メンズフロアなので、当然男性の販売スタッフも居ます。

    隣の売場に細くて美形でモデルみたいなスタッフが居ましたが、何とその方「オネェ」なのです。

    とても明るくて楽しい人なのですが、男性の方が好きだそうで、、、、、

     

    販売スタッフとしてはとても優秀な人で、色々話を聞いてくれたりアドバイスをくれたりもしましたが、

    話が煮詰まってくると「分かった!!飲みに行こ!!」って言ってくれる面白い方でした。

     

    その売場には、4人のスタッフが居るのですがその美形の人も含めて2人が「オネェ」という何ともな売場でした。

     

    困ったのが、その2人だけがお店に出勤している時です。

    その二人でオネェ言葉で喋りまくっているのです。よく、話題が尽きないなと思うくらい早口で喋ってます。

    ただ、話題の内容がお世辞にも上品とは言えないような内容で。

    一回、接客中に思い出し笑いをしてしまい本当に焦った事があります。

     

    もちろん、お客様が来た時にはオネェっぽさは全く感じさせないのがすごい所です。

     

    アパレル販売の現場には、色んな人が居るので興味を持った方はぜひエントリーしてみてください。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

    2015年12月02日 WEB登録
    2015年12月02日 WEB登録
  • アパレル業界に出戻りしたショップ店員の話

    家族写真

     

    こんにちは☆

    アパレル業界で働こうと思っている皆さまを応援するエスピー企画です。

     

    今日は、エスピー企画で働き始めたある男性スタッフDさんのお話をしたいと思います。

    Dさんは、大学時代アパレル業界でショップ店員のアルバイトをしており、その流れで学生卒業後も販売のアルバイトをしていました。

    アルバイトから契約社員、正社員としてその会社で働き始めます。

     

    20代後半に差し掛かった頃、同じ館で働いていた社員の方とめでたく結婚することになりました。

    結婚を機に、アパレル販売を辞めもっと稼げる営業のお仕事に就く事になりました。

    非常にやりがいのある仕事で稼ぎも良くなったそうですが、少し朝早い業界で朝6時には出社して仕事が終わるのは夕方5時くらいです。

    また、仕事の関係で定時に終わる事は殆どなかったそうです。

    30代中盤にさしかかり、2人目の子供が出来た時にDさんは悩んだそうです。

     

    今の仕事はやりがいもあるし給料も良いけれども、拘束される時間が長すぎて子供との時間が取れない。

     

    結局、話し合った結果、営業のお仕事を辞めてアパレル販売に出戻る事にしました。

    Dさんは、子供と一緒に居る時間が何よりも大切と感じたそうです。

    今は、新宿にある大手百貨店の雑貨販売スタッフとして働いており、子供との時間も取れるようになり満足しているようです。

     

    ただ、Dさんは子供が成長して手が離れるようになってきたら、また別の仕事をする予定だそうです。

    そのために、一時的に自分に合った条件で働ける派遣という形を選んだそうです。

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

     

     

    2015年12月01日 WEB登録
    2015年12月01日 WEB登録

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ