ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ

  • 販売員がライフスタイルに仕事を合わせるなら、パート・アルバイトの方が良い

    c9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f_s

    こんにちは。アパレル販売で働きたい皆さんを応援するエスピー企画です。

    アパレル販売のお仕事を探す際、皆さんはどのような方法で探すでしょうか。

     

    今では、インターネット上でお仕事を探すのではないでしょうか。そして、パソコンよりもスマホで探す人の方が多いかと思います。

    インターネット上には、様々なお仕事情報が出ていて自分が欲しい情報にたどり着くのも苦労してしまうことがあります。

     

     

    派遣は、自分のライフスタイルに合わせてお仕事をする事が出来る

    お仕事を探していると、こんな事が書いてある求人情報が結構あるのに驚きます。

    ライフスタイルに合わせてお仕事を出来るというのは、確かに魅力的ですが、現状そんなにライフスタイルに合わせたお仕事があるわけではありません。

    実際に、自分が働きたい時だけ働くという人は居ますが、それは人には真似できないような特殊なスキルをもったごく一部の人に限られます。

     

    自分のライフスタイルに合わせてお仕事を探すなら、アルバイトやパート

    もし、自分のライフスタイルに合わせて仕事をしたいのであれば、パートやアルバイトのような働き方でお仕事を探した方が見つかりやすいと思います。

    売場は契約社員、もしくは派遣、アルバイトなどで回しています。

    アルバイト(パート含む)については、経験不足や時間の制約についても比較的考慮してくれます。なぜならば、時給が安いからです。

    なので、ライフスタイルに合わせたいのであれば、アルバイトやパートでお仕事を探すと良いでしょう。

     

    派遣は、やはり時給が良い

    同じ売場でも、アルバイトの場合は時給950円、派遣の場合は1300円なんてことも珍しくありません。

    1日7.5時間実働、20日出勤と考えたら、年収で63万円もの差になってきます。

     

    ただし、シフトを決める上での希望休は月に3~4日程度、それ以外は会社側に任せる事になります。

    また、各種研修等受けなくてはならないものがあったりします。(研修の時間も給与の対象になります。)

    以前、派遣で働こうとしたけれども、都内で開催される2日間の研修に参加するのが嫌だという理由で、1300円の派遣ではなく950円のアルバイトを選んだ方もいらっしゃいました。

     

    ライフスタイル・時給、両立させた派遣スタッフも居ます

    最後に、もし給与などの待遇面をキープしながらライフスタイルに合わせた仕事をしたいのであれば、圧倒的なスキルを身に付けるしかありません。

    採用する側から見ても、このスタッフなら仕事の条件を変えてでも働いてもらったほうが良いと思わせなくてはなりません。

     

    あるエスピー企画からの派遣スタッフは、週5日のフル勤務で都内のある百貨店でお仕事をしていました。

    派遣先からの評判がとても良かったのですが、結婚をして子供が産まれたのをきっかけに「家庭に入りたい」という本人の希望を尊重して退職する事になりました。

    その後、その売場は社員が引き継いだのですが、その後売上げが低迷し前年比50%前後になってしまったそうです。

    いくら販売スタッフを変えても、エスピー企画の派遣スタッフの売上げの半分程度は全く変わらなかったそうです。

    そこで、3年くらい経ってから派遣先から連絡が有り、そのスタッフにもう一度働いて欲しいという打診がありました。

    子育てをしなくてはならないので、一度は断りました。

    しかし、何度も言われたため、週4日勤務、しかも早番のみ、そして子供に何かあった場合は途中で帰ったり休みをとっても構わない、という条件を了承してもらって復活しました。

    2016年11月28日 WEB登録
    2016年11月28日 WEB登録
  • 販売で短期の仕事を体験、合ってたら長期に切り替えたいという方へ

    46ddd9ebab4f81efa18ac73dc48fa7f4_s

    こんにちは。雑貨・アパレル業界で働きたい方を応援するエスピー企画です。

    雑貨販売、アパレル販売でお仕事をしてみたいと考えている方の中に、いきなりお仕事を始めて自分に合うかどうか分からない。

    まずは、「短期でお仕事をしてみて、問題が無かったら長期で働いてみたい」という意見をいただく事があります。

     

    もし、仕事が自分に合わなかったらどうしよう。

    そんな不安を考えて、短期からお仕事を始めたいという考えも分からなくはありません。

     

    ただし、現実問題として「短期のお仕事として開始して、問題が無ければ長期に切り替え」という都合の良い仕事は殆どありません。

    なぜなら、その条件では採用する側に大きなコストがかかってしまうからです。

     

    会社というのは、慈善事業ではなくあくまで利益を追求しています。

    個人個人の事情まで考えてはくれません。なので、短期、長期などの仕事の条件は自分の都合で変えられるものではありません。

    もし、あなたが採用されることで利益が見込めるのであれば、条件については交渉できるかもしれませんが、働く前から交渉が出来るとは思わないほうが良いでしょう。

     

    なので厳しいようですが、もし長期のお仕事をやってみて現場と合わなかったらどうしよう、と考えるのであれば長期のお仕事を諦めるしかありません。

    そもそも、仕事を楽しくやっている人というのはごく少数派のはずです。

     

    厳しかったり、辛かったり、仕事をしていればそんな事ばかりだと思いますが、そんな壁を一つずつ乗り越えていくと少しずつ仕事の楽しい面が見えてきたりするものです。

    壁にぶつかって、そこで諦めれば、転職しようが、派遣に登録しようが、また同じような壁にぶつかってしまいます。

     

    事を楽しくやっている人にだって、やりたい仕事とやりたくない仕事というのがあります。

    でも、やりたい仕事をやるためにはやりたくない仕事もやらなくてはならないのです。

     

    長期でお仕事をするのが不安であっても、まず一つはやってみるしかありません。

     

    最後に、雑貨販売やアパレル販売の業界で「短期のお仕事」というのは探せばいくつか出てくると思いますが、短期のお仕事は今までの販売経験を特に重視します。

    というのも、販売のお仕事は未経験と経験者で売上げに大きく差がつくからです。特に、短期間で売上げを出さなくてはならないお仕事については未経験の方はなかなか採用されないと思った方が良いでしょう。

    将来的に短期のお仕事も出来るようになるためには、どこかで頑張って数年間アパレルなり雑貨販売の経験を積んでおく事をお勧めします。

    特に、アパレル販売経験はアパレル以外の雑貨業界などでも通用するスキルなのでお勧めしています。

     

     

    2016年11月25日 WEB登録
    2016年11月25日 WEB登録
  • 雑貨・アパレルの販売業界で販売員から正社員を目指すには

    c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

    こんにちは。雑貨・アパレル販売で働いている皆様を応援するエスピー企画です。

    エスピー企画で販売スタッフとして活躍している人の中には、正社員になりたいと思って頑張っている人もいます。

     

     

    正社員、当然責任は重くなります

    実際にエスピー企画でも、派遣スタッフから派遣先の正社員になった人、派遣スタッフを辞めて他の会社で正社員になった人、色々な人がいました。

    「正社員になって安定したい」と言っていた人の内の4人に3人くらいは、せっかく勝ち取った正社員の仕事を1年足らずで辞めてしまうのです。

    辞めてしまう理由としては「仕事が厳しい」「責任に耐えられない」が多く、たまに「転勤をしたくない」という理由もありました。

    もし、同じように正社員を目指しているのであれば仕事が厳しくなったり、責任が重くなるのは当然の事としてお仕事を探すようにしましょう。

     

    さて、話を元に戻して販売スタッフから社員を目指すには主に2種類の方法が考えられます。

     

    1、派遣から正社員を目指す

    まず一つ目は、派遣スタッフとして働いてそこから正社員を目指すというもの。

    これは、派遣スタッフからの社員雇用の可能性があるかどうかを事前に聞いておいた方が良いです。

    会社によっては派遣スタッフからの社員雇用が無い場合もあります。

    そして、もう一つ聞いておいた方が良いのは、派遣スタッフから正社員なのか、派遣スタッフから契約社員を経て正社員なのかと言うことです。

    実際に多いのは、派遣スタッフから契約社員を経て、正社員という流れです。

     

    この流れでは、派遣スタッフから契約社員になる一連の流れは派遣会社がやってくれる場合が多いので殆ど問題ありません。

    でも、契約社員から正社員になる時は派遣会社の手助けはありません。

    自分で会社と交渉していく必要がありますが、実は契約社員から正社員になるのが大変なところなのです。

     

    2、正社員を目指して転職活動をする

    そして、もう一つは最初から正社員を目指して転職活動をするというものです。

    例えば、アパレル業界であればSV、ラウンダー、VMD、営業、プレス、マーケティング等の職であれば正社員で募集している可能性があります。

    どの職種であっても、過去に同職種での経験を求められる事が多いので、販売業務しかやった事が無い方は経験不問のお仕事を粘り強く探してみましょう。

    また、経験不問のお仕事には応募が殺到します。その中で勝ち抜いていくためには、他の人にはない何かを持っている必要があります。

    ただ「正社員になりたい」だけでは当然なれる訳がありません。

    エスピー企画では、正社員への転職を成功させた例もありますが、やはりかなりの時間とアドバイス、そして訓練を必要としました。

     

     

     

     

    さて、エスピー企画では販売スタッフとして働いているのであれば正社員への転職アドバイスは無料でやっています。

    もしくは、有料のプログラムとして正社員への転職アドバイスも行っています。

    もし、興味がある方はこの記事の一番下にある応募フォームよりご応募ください。

    折り返しご連絡を差し上げます。

     

    正社員になるための最大のコツ

    さて、正社員になるためのコツは色々とあるのですが、一番大事なポイントを教えてしまいます。

    ここが分かっていれば、多分苦労せずに正社員になれます。

    それは、「自分は会社に入ったら利益を出せる人間である」事を担当者に納得させる事です。

    ただ単に「利益を出せます」と言うだけでは駄目です。「~~~だから、利益を出せます」と納得させる理由付けが必要です。

    2016年11月24日 WEB登録
    2016年11月24日 WEB登録
  • 百貨店復活の鍵は働きやすさ?

    b8335fed094504e93491804fc6db3d4d_s

    こんにちは。雑貨・アパレル業界で働く皆様を応援するエスピー企画です。

    アパレルや雑貨の販売スタッフとしてエスピー企画で働いている人の中には、百貨店で働いているスタッフも多いです。

    その百貨店ですが、近年の売上げはあまり芳しくないようです。

    そして、百貨店では働くのはNGというスタッフも少なくないのが実情です。

     

    以前は、百貨店で働くという事自体に憧れがあったりしたのですが、今や百貨店が他の商業施設に比べて働く人を惹きつける魅力自体が無くなっています。

    例えば、百貨店ならば駅から近くの勤務地だったりする事はありますが、それはファッションビルや駅ビルでも変わりません。

     

    特に百貨店は、他の商業施設では扱いが少ない高級ブランドや高級商品が手に入るという部分や、販売スタッフが質の高い接客をしてくれるという差別化をしていたはずです。

    しかし、百貨店で働きたいという人が少なくなれば、スタッフの質の低下は避けられません。

    そうすると質の高い接客という部分でも他の商業施設との差別化が難しくなり、悪い循環に陥ってしまいます。

     

    そうならないためには、もっと思い切った営業日や営業時間の見直しをするべきだと思います。

     

    三越伊勢丹が2016年の1月2日を休業日とする決断をしました。更に、8月には首都圏で店休日を設定する等、販売スタッフや従業員の労働環境を改善する動きが徐々に出てきています。

    かなり昔の事になりますが、百貨店は18時閉店が多かったです。

    そして、週に1日休館日がありました。

    その頃は、週6日勤務の会社が多く、月に8日程度お休みできる販売スタッフはそれなりに自由な時間が多いお仕事だったのです。

    また、朝は少し遅く出勤でき夕方も7時過ぎにはお仕事が終わるので、「収入はそこまで期待できないけれども、よい労働環境でそこそこ稼げる」という考えでした。

     

    しかし、各会社の競争が激化し18時閉店だったお店は徐々に、19時閉店になり、そして20時閉店にまでなっています。

    もちろん、休館日は殆どなくなりました。百貨店によっては、元旦も営業するようになってしまいました。

    首都圏の百貨店の多くは20時閉店の所が多く、場合によっては21時閉店などという百貨店もあります。

    郊外に行けば、19時閉店の百貨店も所々ありますが、23区内だと、渋谷東急本店が19時閉店、日本橋三越、日本橋高島屋がそれぞれ19時半閉店で、それ以外は20時以降まで営業しているお店ばかりです。

     

    なので、販売スタッフは労働時間が長くなり、シフト勤務をして売場を回すようになり、一方で週1日の曜日固定の休みも無くなり、完全にシフトで回すようになりました。

    それに逆行するように、一般の企業は週休2日制を取るところが増えてくるようになり、今や完全週休2日制が当たり前になってきました。

     

    販売スタッフの方が働くのに大変な環境になってきた上に、収入はそこまで期待できない、厳しいだけの職場になってしまったのです。

    これでは、良いスタッフは離れていってしまいます。

     

    労働環境を改善する動きは、特に三越伊勢丹が先頭となって最近少しずつ見られるようになりましたが、良いスタッフを集めて業績を回復させるのであれば労働環境を整える必要があるでしょう。

    18時閉店は難しくとも、19時閉店にして休館日を月に何日か入れ、少ない人数でも負担が少ないような労働環境を整える必要があると思います。

    そうすれば、今まで働けなかった人が働けるようになり、現状の質の低下を避けられる大きな柱となるように思えます。

    2016年11月24日 WEB登録
    2016年11月24日 WEB登録
  • 考える力が必要(営業日誌、番外編)

    こんにちは。

    いつも営業日誌を書いている、エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    先日、考える力についてというブログを書いたのですが、エスピー企画の営業の中「だけ」で結構話題になりました。

    もし読んでいない方が居たら、読んでみてください。「ここをクリック

     

    実は、エスピー企画の営業も結構この辺りの販売スタッフとの接し方については結構考えているようでした。

    なので、エスピー企画での販売スタッフとの接し方についてコーディネーターが集まって少し話し合いをする事になりました。

     

    やっぱり、話し合いといえばお菓子が必要なので。

    これは、私が早速ローソンに行って買ってきました。

    IMG_0802

     

    このチョコパイシリーズを買ってきた人も居たのですが、これだと複数人で食べづらい。

    IMG_0785IMG_0780

     

    とか何とか買出し組がお菓子の話をしているうちに、もう男の営業連中はさっさと話しに入ってる。

    ったく、物事には順序があるっていうのに。

     

    さて、話し合いの内容ですが、やっぱり私が思ったとおり、

    「朝起きるのが苦手で、遅刻したらどうしよう」と相談を受けたとしても、そこは自分で考えるようにして貰うのがエスピー企画の方針になりました。

    あまり、丁寧にやりすぎても本人の考える力を奪ってしまうという結論になりました。

    そこで、終わるかと思ったのですが、まだまだ話は続きました。

     

    あるコーディネーターが「販売スタッフから、来月のシフトが決まってないと言われて、代わりに会社に問い合わせた」とのこと。

    そんなものは、売場の店長なりに聞けば解決する問題であって、コーディネーターの仕事ではない。

    他のコーディネーターは、「私は何を目標に販売を頑張ったら良いのか」と聞かれて一緒に考えたとか。

    そもそも、何で自分の目標を他人に聞くんだろうか。

    他にも「安定したい」と言われました。

    じゃぁ、公務員じゃないですか。

    結構、皆さん真面目にスタッフに向き合っているんじゃないですか。

     

    結局の所、常識的に考えてあまりにも甘やかしすぎと思われる時は、しっかり言おう。

    販売スタッフの未来を考えたら、やっぱり言うべき事は言おう!

    という結論で落ち着きました。

     

    そんな私にご褒美

    image

    まだまだ、私の中でブームは続いております。

    一週間に5つくらいは食べてるんじゃなかろうかと思われます。

     

    文字にしてしまうとあっけない。

    でも、話し合いは3時間くらい続いたんですよ。

     

    私が思うに、エスピー企画は結構真面目なコーディネーターが多いので、販売スタッフにも将来良くなって欲しいという思いが強いと思うのです。

    だからこそ、こんな細かい話題にでも真剣に話をしているんだと思います。

    2016年11月07日 WEB登録
    2016年11月07日 WEB登録

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ