ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ

  • 伊勢丹本店はやっぱり強い

    b8335fed094504e93491804fc6db3d4d_s

    こんにちは。アパレル・雑貨販売でお仕事をしている方を応援するエスピー企画です。

    今日は、百貨店の中でも一番の老舗である伊勢丹についてです。

     

    今年、伊勢丹は元旦、そして2日も休館日にしました。

    そして、3日からオープン。

    他は、元旦からオープンしている百貨店も有れば、2日からオープンしている百貨店もあります。

    そんな中、3日からオープンするというのに、3日には新宿伊勢丹の前にはオープン待ちのお客様が行列を作ったとか。

    やはり、新宿伊勢丹は凄い集客力だと思いました。

    しかも、三越伊勢丹グループはセールは1月11日からで、年始だからと言って特別なセール等はやっていません。

    百貨店業界が厳しいという状況は続いていますが、伊勢丹、特に本店についてはやはりまだまだ力を持っていると感じています。

     

    エスピー企画は新年4日から営業が始まりましたが、4日に私は新宿伊勢丹に営業に行かなくては行けなかったので、ついでに色々なスタッフに年始の挨拶をして回っていました。

    4日からお仕事の人も多いからか、ある百貨店はもう年末年始の賑わいはまったく感じられず、閑散としていました。

    他の百貨店は、それでも4日まで休みの人も居るからか、そこそこのお客様が店内に居て、スタッフに挨拶に行っても邪魔になりそうだったので売場を軽く見るだけにしました。

    そんな中、新宿伊勢丹だけは結構混雑していました。

    やはり、ここだけは別格だと感じてしまいます。

     

    伊勢丹は、ここ最近、休館日を作ったり、営業時間を少し短縮したり、セールの時期を敢えて遅くしてみたりと色々とやっています。

    それこそ、昔は「あの伊勢丹がやったならば」と言って、伊勢丹のやる事をすぐに他の百貨店はマネしていました。

    百貨店業界の中でもリーディングカンパニーだったのです。

    ところが、休館日やセール時期の後ろ倒しについては、売上を下げてしまう可能性があるからか、各社全くマネをしてきていません。

     

    しかし、これらの伊勢丹の戦略は間違っていないと感じます。

    元旦も営業し、営業時間を長くすると、中で働いているスタッフが大変になってきます。

    それこそ、バブルの時代にはそれに見合うかそれ以上の売上が取れたのでしょう。

    ところが、この不景気がこれだけ長く続いている時代、これをやってしまうと無駄に営業時間だけ長くなり、働いているスタッフの負担ばかり大きくなっていきます。

    負担が大きくなったとしても、給料は増える事もありません。

     

    営業時間を短くし、中のスタッフにも少しでも良い労働環境を提供したうえで、メリハリを付けて売上を伸ばして行くという考えが非常に良いと思います。

    それが、4日に私たちが各百貨店を回って感じた集客力の差となって表れているのは間違いないでしょう。

    2017年01月17日 WEB登録
    2017年01月17日 WEB登録
  • 販売スタッフから聞いた良い売場と悪い売場とは

    a2eebf0d985de1e4a189aca9be50cf7a_s

    こんにちは。アパレル・雑貨業界の販売スタッフを応援するエスピー企画です。

    本日は、販売スタッフからの意見を聞いた中での良い売場悪い売場についてお話しします。

     

    人によっても意見が異なるので、細かい事まで考えてしまうときりがありません。

    なので、一般的に多く見られる事について考えてみたいと思います。

     

    良い売場とは?

    まず、間違いなく言える事ですが「離職率が低い」というのは良い売場である事が多いです。

    もちろん、良い売場でないのにスタッフが辞めないという可能性もありますが、間違いなく良い売場は離職率が低いです。

    売場の良し悪しというのは、実はその店長の良し悪しが反映されている事が多く、良い売場の店長というのは殆どが良い人です。

     

    会社と売場の良し悪しが一致しない事も

    営業やコーディネーターが一番苦労する部分でもありますが、会社の良し悪しと売場の良し悪しが必ずしも一致しないという事です。

    結局、店長の良し悪しで売場の良し悪しの大部分が決まってしまいます。

    そのため、良い会社であっても店長が悪ければ悪い売場になってしまいますし、逆に悪い会社であっても店長のおかげでここは良い売場という事もあるのです。

    そのため、営業やコーディネーターがお勧めしていた会社で働いてみたものの、店長が悪い人だったために悪い売場で働くことになってしまったなんて事もたまに起きています。

     

    結局良い会社には良い売場が多い

    ただし、先ほどの例は少ない例ではあります。

    やはり良い会社には良い店長が多いですし、悪い会社には悪い店長が多いのです。

    悪い会社に良い店長が居る場合もありますが、多くの場合は良い店長は他の会社に異動してしまいます。

    逆に、良い会社に居る悪い店長は、会社側から異動させられたり降格させられたりというパターンが多いです。

     

    「良い」「悪い」はあくまでも自分の基準

    先ほどから、「良い」「悪い」と書いていますが、この良い悪いはエスピー企画が考える基準です。

    エスピー企画での「良い」会社というのは、販売スタッフを大事にしてくれる会社を指しています。

    逆に「悪い」会社というのは、販売スタッフを労働力として考えている会社を指しています。

    なので、エスピー企画が良い会社だと思っていても、スタッフによっては全く別の考え方をしている人も居ます。

     

    悪い会社は世間では良い会社かもしれない

    繰り返しになりますが、エスピー企画が考える「悪い」会社というのは、販売スタッフを労働力と考える会社です。

    労働力は売上を上げるために必要であり経費であると考えています。

    売上に対する経費として考えるので、高い売上を出す場合はとても大事にされるはずです。

    逆に、売上を出していないスタッフについては、大事にしません。

    しかしながら、こういう会社は利益を出す会社になので、世間的には良い会社とされています。

    また、良い売上を出す人にはそれに応じた給与も出してくれるので、スキルや力量があれば収入を大幅に上げる事も出来る会社です。

    逆に、エスピー企画が考える「良い」会社というのは、販売スタッフを大事にしてくれる会社です。

    こういう会社では、売上を出していないスタッフでも大事にして育てようとします。

    上手く行く時ばかりではなく失敗する事だってあります。

    そうすると、スキルや力量があるスタッフが生み出した利益も、売上を出していないスタッフで相殺されてしまうため、良いスタッフにもそこまでの給料を上げる事が出来ません。

    こういう会社は利益を大きく出す事は無いので、世間的には悪い会社となってしまうのでしょう。

     

    エスピー企画の考える基準は不変です

    でも、エスピー企画での良い会社、悪い会社の基準はずっと変わらないまま続いていくでしょう。

    やはり、スタッフを大事にする会社というのは、利益がどうあれ良い会社です。

    時間はかかるかもしれませんが、将来的にはこちらの会社の方が売上、利益ともに良い会社になっていくはずです。

     

    2017年01月05日 WEB登録
    2017年01月05日 WEB登録
  • 2017年あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます!
    本年もエスピー企画をどうぞよろしくお願いいたします。

     

     

    アパレルや雑貨の販売に興味のある方、お仕事を探している方のお役に立てるように今年も努力していきますので、本年もよろしくお願いします。

    さて、昨年はついに日本の人口が減少に転じるというニュースが流れてきましたが、今後確実に業界にも影響が及んでくることでしょう。

    その中で、アパレル・雑貨業界は販売スタッフを確保するために必死になっているという現状があります。

    実は、これバブル時代にも販売スタッフが不足していてアパレル・雑貨業界は販売スタッフ確保に必死になっていたという過去があります。

    この、バブル時代の人手不足と、現在の人手不足には決定的な違いがあります。

    それはもちろん、景気が悪いという事です。

    景気が悪いけれども、人手不足という今までに経験した事が無い時代に突入しています。

     

    人手不足ならば、お仕事がたくさんあるので仕事に就きやすくなったのかというとそうでもありません。

    ここが、今までの人手不足と全く違う状況です。

    人手不足だからこそ、採用の水準が高くなっているのです。

    どういう事なのか説明すると、採用してもすぐに辞めてしまっては意味が無いどころかコストが余計にかかってしまうため、採用基準はかなり高くなっています。

    これは、経験やスキルではなく人間性という部分を各社かなり重視して見るようになってきました。

    そして、年齢が高い人の採用については、この人間性にプラスして経験やスキルもかなり重視されます。

    年齢が高い人は、その後働ける期間が若い人に比べて短いため、教育をしたり育てたりするコストがかからない人を採用するようになっています。

     

    総括すると、アパレル・雑貨業界の販売スタッフは人間性という部分を非常に重視するようになってきました。

    そして、残念ながら人間性というのは生まれてからその人が生きていく中で作られているものなので、研修を受けたりしてもすぐに変わるものではないのです。

     

    人間性が良い人は、どのブランドに行っても採用されるのに、そうでない人は、どこに行っても採用されない状況になってきています。

    エスピー企画では、人間性の部分において各企業がどこで判断しているのかを見極め、それに対応するプログラムを作成中です。

    今後、人間性を基準にした採用についてはアパレル業界以外にも広がっていくと考えています。

    そのため、このプログラムはアパレル業界に限らず活用されていく事を見込んでいます。

    aihaikeitomatukazari500

    2017年01月03日 WEB登録
    2017年01月03日 WEB登録

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ