ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ

  • 交渉するとき疑問文を使うのは気をつけよう

    こんにちは。アパレル販売で働く皆様を応援するエスピー企画です。

    今日は、販売の現場で働いているスタッフから「ショップの店長が話を聞いてくれないんです」と言われました。

     

    そのスタッフは、海外旅行が好きなので連休が欲しいのですが、店長はシフトで回している以上連休は無理と言って聞いてくれないそうです。

    もちろん、そのスタッフもセール等の忙しい時期に休みが欲しいと言っているのではなく、時期やスタッフの休み等も考えた上で言っています。

    しかも、来週や来月ではなくて3ヶ月以上前に話をしているのです。

     

    疑問文を使ってはダメ

    しかし、このスタッフは店長に連休が欲しいと話をする時に疑問文で聞いてしまったそうです。

    「旅行に行きたいので、○月の○日くらいから連休を頂けませんか?」

    疑問文は、相手にYESかNOを言わせる事になります。

    この場合は旅行に行くための連休を取るのが目的なのに、肝心の連休については相手に判断をゆだねてしまっています。

    なので、ここでNOを言われてしまったら、そこで連休を取れなくなってしまいます。

    連休を取らせてくれないと言っても、自分が言った事によって連休を取れなくしてしまっているのです。

     

    この場合は、連休を取る前提で話をした上で店長と交渉するべきでした。

    「○月の○日から旅行に行きたいので、連休を取らせてください。この時期はセールも無くて売上げも取りにくい時期だと思って、この時期にしました。突然言われても困ると思って、3ヶ月以上前に話をさせて頂きます。」

    このように言えば、NOとは言えません。

     

    あとは、店長とどのような交渉をするかです。

    連休取る代わりに、他の部分で出勤をして欲しいと言われたらある程度従う必要があるでしょう。

    一番大事な部分での譲歩はしないという姿勢も必要ですが、交渉ではそれ以外の所は譲歩する必要もあります。

     

    交渉を出来るような雰囲気作りも必要

    今回のケースは海外旅行に行くための連休が欲しいという話でしたが、他にも色々と交渉が必要になってくる場合もあるでしょう。

    そんな時に重要になってくるのが、それまでの雰囲気作りです。

    必要以上に仲良くなる必要はありませんが、ビジネス上で仲良くしていると交渉自体も楽に進めることが出来ます。

    海外旅行に行くための連休についても店長とそれなりに仲良くなっていれば、もし疑問文で聞いたとしてもOKが出たかもしれません。

     

    雰囲気作りというのは人それぞれですが、店長が「この人と一緒に仕事をしたい」といかに思わせるかです。

    それは、売上げについて貢献するでも良いし、売場の雰囲気を良くするでも良いですし、何でも良いのです。

    店長が苦手としている所を補う動きが出来るのが一番簡単かもしれません。

     

    このような話をすると、多くの販売スタッフは「そこまで大変な思いをして、店長に気に入られたいとも思わない」と言います。

    もし、そう思うのであれば様々な休みについてであったり、色々な意見についてはなかなか聞いてもらえないものと思ったほうが良いです。

     

    2017年05月30日 WEB登録
    2017年05月30日 WEB登録
  • 売場の利益をどこまで知っていますか

    こんにちは。アパレル販売で働く皆様を応援するエスピー企画です。

    今日は、あるスタッフの相談について考えてみたいと思います。

     

    地方の都市のファッションビルで働いているそのスタッフは、2名体制のお店で働いています。

    売上げの7割はそのスタッフの実績だったので、もう一人のスタッフがあまり売上げを上げていない事に納得がいっていませんでした。

    それ以外にも、全国に10店舗ほどあるお店の中でいつも2~3位の売上げをコンスタントに出しているので、もっと評価して欲しいという事でした。

     

    これだけ聞くと、確かにもっとこのスタッフを評価してあげても良いと思ってしまうかもしれませんが、あくまでもお店の予算の70%程度の売上げをずっと推移しています。

     

    ここの店舗は、そもそも来客数が少なく、来店したお客様の殆どにお買い上げいただいているそうです。

    そのため、これ以上売上げを上げるのは非常に困難だという事です。

     

    正直なところ、厳しい状況は分かったものの、お店の予算の70%付近を推移している事を考えるとこのままでは売場自体が撤退になってしまう可能性が大きいので、それでも売上げを上げなくてはいけないという事を話しました。

     

     

    一方、その売場の近くで働いている元エスピー企画の販売スタッフが居たので話をしてきました。

    そのスタッフは以前エスピー企画の販売スタッフとして働いていましたが、その販売力が認められて社員として雇用されたスタッフです。

    お店の売上げが非常に好調だという事を聞いていたので、その事を話したら次のようなコメントが返ってきました。

    「売上げの数字だけ見たら確かに良いかもしれません。でも、ここは良い場所で売場の広さもそれなりにあります。

    それに3人体制でやっているので、人件費もかなりかかっています。

    トータルの利益はそんなに良い店舗では無いんです。

    結局、利益率が良い商品があまり売れていないから、そこをどうやって売っていくかが課題になっているんです。」

    この後、利益率が良い商品を売るために、今までこんな事をやってこんな結果になったとかいう話を、延々としてくれました。

     

    この2人の話を聞いていて、やはり重宝される販売スタッフは色々な事を考えているという事が分かりました。

    そして、文句は殆ど出て来ない上に、課題とそれに対する姿勢が全く違います。

     

    販売をしている皆さんは、どちらのタイプでしょうか。

    もし、前者のように自分が頑張っているのに評価されていないと感じていたら、もう少し広い視野を持ってみてはいかがでしょうか。

    厳しいようですが、そういう見方が出来て解決に向けて頑張っている姿勢は間違いなく会社から評価されます。

    2017年05月29日 WEB登録
    2017年05月29日 WEB登録
  • 百貨店の品位を保つためにやっている事(営業日誌、その125)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    販売スタッフの中には百貨店で働いているスタッフも多いのですが、ご存知の通り百貨店は売上げを取るのに苦労しています。

    そんな中、百貨店が品位を保つために頑張っている事が伝わってくるエピソードがありました。

     

    そのスタッフはエスピー企画でアパレル販売をやっている数少ない男性スタッフなのですが、ちょっと髪の毛の色が百貨店勤務にしては明るい色だったのです。

    百貨店としては、髪の毛の色が明るすぎると不快感を示すお客様も居るという理由で、あまり明るい色は好まれません。

    もちろん、真っ黒でなくてはならないという訳ではありませんが、ある程度は落ち着いた色にするように言われるところが多いです。

    これは各自の店舗によって独自のルール設定がしてある場合が多いので、同じ百貨店の中でも店舗によって多少の違いがあります。

    ファッションビルなどでは髪の毛の色についてはあまり言われないと思いきや、ブランドによっては結構言われる所もあったりするので注意が必要です。

     

    さて、話を元に戻しますが、その男性スタッフの髪の毛の色がかなり明るい色だったので、少し落ち着いた色にするようにと言われました。

    ただ、この際同じフロアーのスタッフにも気を引き締めてもらう事を考えて、百貨店のフロアマネージャーからある提案をされたました。

    それは、フロアの朝礼の時にその男性スタッフに皆の前に出てきてもらい、皆の前で髪の毛の色の事について注意をするというものでした。

    皆の前で叱る事になるけれども、百貨店の品位を保つために了解して欲しいという事でした。

    もちろん、フロアマネージャーも本気で怒っているのではないし、男性スタッフも趣旨を理解したのでOKしました。

     

    これは品位を保つために色々と考えている一例ではありますが、百貨店も売上げ減少について色々な対策を考えたり手を打ったりしています。

    派手な事ばかり注目されがちですが、細かな努力もけっこうやっています。

    もちろん、それが実を結んでいない場合もあるのかもしれないですが、それでも現場は色々と頑張っているという事が伝わってくるようなエピソードでした。

     

    ちなみに、この話には後日談があります。

    公開で叱られるはずだったその日、フロアマネージャーが男性スタッフを呼び、皆の前に立たせます。

    「百貨店では色々なお客様がご来店されます。この○○君のような髪の毛の色については、不快感を示される方もいらっしゃるので、、、、」

    「うーん、でも結構可愛い顔してるし似合ってるから、まぁいいか!」

     

    と言う訳で、その男性スタッフの髪の毛の色については百貨店サイドからOKが出てしまいました。

    まぁ、髪の毛の色については難しい問題ですよね。

    似合う、似合わないについては主観もありますからね。

    2017年05月23日 WEB登録
    2017年05月23日 WEB登録
  • 最低時給1500円について考えてみる(営業日誌、その124)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    ちょっと前の話にはなりますが、最低時給1500円について話題になってましたね。

    ネットを見ると色々と専門的な話を書いていらっしゃる方々も多いので、難しい話はそちらに任せるとしましょうか。

     

    アパレル業界で考えてみると、時給1500円クラスになるとそれなりのブランドの店長クラスの時給になるでしょう。

    現状、人手不足もあって時給1500円の仕事も探してみれば無くはないと思います。

    ただし、時給1500円を出すブランドと言えば、それなりに求めるものも大きくなるので、よっぽどの経験か実力が必要となるでしょう。

     

    最低時給をこの単位にしてしまうと、アパレル販売業界の利益の中でも結構大きなものを占めている人件費がかなりの負担になってくるので相当数のブランドがやっていけなくなるでしょう。

    一店舗における販売スタッフの数は年々減り続けていますし、もうこれ以上減らせないというお店も多い事と思います。

    もうこれ以上減らせないというお店の販売スタッフが入院してしまい、本来営業担当だった社員が休み返上で売場に立ったなんて話は本当によく耳にします。

     

    やっていけなくなったブランドは撤退するか、何とかやっていく方法を探していくものと思われます。

    今でもあるのが、全く違うブランドが隣同士でお互いにスタッフが居ないときに助け合うというものです。

    言葉で言うのは非常に簡単なのですが、これが結構現場は大変な事になるんですよ。

    売上げや人間関係など、最初は些細だった事がだんだん大きな事になっていき。

    もちろん、うまくやっている売場もあるんですけれども、そうでない所の方が多いですね。

     

    それ以外にも、人を減らすことによって売上げが落ちていくという事も見逃せない事実です。

    なぜ、売場に販売スタッフが立っているのかと言えば、大きな要因の一つはただ商品を置いてあるだけよりは販売スタッフを付けたほうがより多く売れるからです。

    そして、売上げが落ちていれば会社から売場に対して今まで以上に売上げを取るようにしつこく言われるようになります。

    そうは言っても、現場だって努力しないわけではないのでどうしたらよいか分からず。

    だんだん、現場の雰囲気が悪くなっていき、その雰囲気を敏感に感じ取ったお客様が近づかなくなり、、、、

    という良くない連鎖が生まれてきてしまいますね。

     

    なので、最低時給を1500円にするのではなく、1500円欲しければそれだけのブランドに行けば良いかと思います。

    必死で3年間くらい経験を積めば、決して難しい額ではないと思います。

    エスピー企画でも、時給1500円(交通費別途支給)の仕事は結構あります。

    ただし、それなりの経験や人柄等の部分は見させていただきますのでご了承ください。

    2017年05月16日 WEB登録
    2017年05月16日 WEB登録

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ