ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ

  • アパレル業界の考え方も変わりました(営業日誌、その127)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    今日は、朝から天気が悪かったので涼しくなるかと思いきや、どうにもジメジメしていて暑苦しい。

    営業していて、歩いて暑くなり汗をかいて、電車で涼しくなりすぎて寒くなり、また歩いて暑くなり、百貨店に行って寒くなり。

    こんな事を繰り返していると、どうにも体の方が疲れてきて困ってしまいます。

    スタバのキャラメルフラペチーノを飲んで(食べて?)もう一頑張りです。

    ちなみに、スタバのキーライムクリームフラペチーノは嫌いではないんですが、あの柑橘系の味がどうにも苦手で。

    結局、定番のキャラメルフラペチーノです。

     

    そんなキャラメルフラペチーノを飲みながらの営業だったのですが、甘いものを飲んで汗をかいていると今度は喉が渇いてしょうがない。

    水分ばっか取ってるからか、食欲はなくなってしまいお昼も食べずに営業の予定を前倒ししたりして。

    私は大丈夫なんだろうか?

     

    そして、今日も売場に行ってきたのですが、相変わらず何件かの売場からは「人手が足りていない」との話が。

    人手が足りていないのに、新たなスタッフを入れてくれないのでそのしわ寄せが来ていて、仕事量が尋常じゃないという話を聞きました。

    エスピー企画からも2名ほどスタッフを提案したのですが、「求めているスキルではない」とか「ブランドイメージと違うんだよね」という理由で却下されていました。

    まぁ、確かに先方さんが言っていた条件を全て満たしているスタッフでは無かったけれども、現場は人手が足りてないのだから条件の1つや2つ満たして無くてもいいと思うのです。

    実際に、これまでは条件を満たしていなくても働いているスタッフはかなり多かったです。

    ところが、最近はとにかく条件について厳しくなってきました。

    簡単に言うと、就業するにはものすごくハードルが上がってきたんです。

     

    実際に、営業さんになぜ最近ハードルが上がっているか聞いてみたんです。

    そうすると、以前は求めているスキルに達していなくても、笑顔が多少少なかったとしても、現場に入って色々学んでいれば販売スタッフとして戦力になってくれるだろうと考えていたそうです。

    ところが、求めているスキルや経験、笑顔等が無いスタッフを育てるには現場に負担がかかりすぎるのだそうです。

    求めているスキルや経験が無いスタッフが出勤している時は、戦力になるどころか他のスタッフが教えたりしなくてはいけないし、ましてやお客様のクレームに直結しそうな事も平気でやったりする事も多々有ったそうで、逆に現場は大変になってしまうそうです。

    それでも、何とか戦力になってくれるように一生懸命指導していると、3ヶ月もしないうちに辞めてしまうとか。

    3ヶ月持てばいい方で、酷い人は1日持たなかったりするそうです。

    そんな事ばかりあったので、現場で人が足りなくてもスタッフを補充する際はもの凄く慎重に精査しているのだそうです。

     

    やっぱり戦力になるには、最低でも半年、基本的には1年間かけて指導する必要があります。

    基本的に、今は余計な販売スタッフを配置する余裕が無い現状で、販売スタッフを育てている余裕などどの売場にも無いんです。

    そうすると、販売の現場では「即戦力になる人以外は困っていても取らない」という方針になってしまうんですよね。

     

    現場は現場で、現状の仕事においても人が足りていないのに「残業するな」と言われて、仕事が追いつかず。

    結局、日報等の報告書類を翌日に提出する事をOKしてもらい、家に戻ってから日報等を書いているそうです。

     

    誰か、このスタッフを助けてあげてください。

    銀座・東京付近で働ける方、お待ちしております。

    2017年07月26日 WEB登録
    2017年07月26日 WEB登録
  • まさかのマッチングミス(営業日誌、その126)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    こうして毎日お仕事をしていると、企業の求める人材と提案する人材のスキルのマッチングというのは本当に難しいと感じさせられます。

    それでも、エスピー企画の会社の方針として企業側の求める人材の本質を見極めた上で、企業側が正社員であっても採用するレベルのスタッフを提案するように言われています。

    先輩社員から聞いた話ですが、10年ほど前に業績の大幅アップを狙って「可能性が0でなかったらどんな人物であっても提案する」という方針にした過去があるそうです。

    結果としては、多くの企業からの信頼を失い、仕事の依頼が激減したそうです。

    そんな過去があるからだと思いますが、今では企業側からの依頼を良く聞いた上で間違いないスタッフを提案する事にとにかくこだわっています。企業側からの条件を満たしていないスタッフであっても、その依頼の本質的な部分を理解したうえで最終的には企業側が満足するスタッフを提案する事を徹底しています。

    そのため、エスピー企画から提案するスタッフについては多くの企業から信頼を得ているようで、どんなに企業側が求めている人材と一見違うスタッフであっても信頼して受け入れてくれます。

    先日も、若いスタッフを求めている企業に対して40過ぎのスタッフをマッチングしましたが、1カ月ほど経ってから感謝の電話を頂くくらい喜んでくれました。

    そのスタッフをマッチングした理由は色々あるのですが、それは企業秘密とさせて頂きます(笑)

     

    さて、そんな中で私もある依頼に対してスタッフを提案させてもらいました。

    依頼を貰ってからかなり時間が経っていたのですが、企業側の求めるスタッフを紹介する事が出来そうだったので、まだ探しているかもしれないという一縷の望みをかけて電話をしていました。

    そうしたら、なかなか良いスタッフが見つからずにまだ探していたという事なので早速スタッフを提案しました。

    スキル等については、先方が求めている事をほぼクリアーしていたのでとても喜んでくれました。

    良い仕事が出来たと喜んでいましたし、先輩方からも良い仕事をしたとお褒めの言葉を頂いたくらいです。

     

    2週間ほどして、企業の担当者にスタッフの状況を聞くために電話をしたのですが、そこで驚くべき事態に遭遇してしまいます。

    当然、私は担当者からお褒めの言葉を頂くと思っていたのですが、電話をすると担当者の声がびっくりするくらいテンションが低いのです。

    どうやら企業側が考えていたスタッフとは違っていたようなので、ひたすら謝った上でどこが悪かったのか恐る恐る理由を聞いてみました。

    そうしたら、私もびっくりするくらい意外な答えが返ってきました。

     

    スタッフには全く問題は無かったのですが、ここの売場はブランドを知って貰うために出店しただけで、そこまでの利益を見込んで作った売場では無かったそうです。そのため、売場の販売スタッフもとりあえず赤字にならない程度に売上を立ててくれるスタッフで良かったそうなのです。

    ところが、エスピー企画から紹介されたスタッフは非常に良いスタッフだったために、売上も右肩上がりで予想以上の成果を上げているそうです。

    そうすると、利益を見込んで出店したのに全く利益が取れていない近くの売場があるそうなのですが、エスピー企画から紹介されたスタッフを、どうしてもそのお店に配置したいと思っているそうなのです。

    ただ、社員だとか派遣だとかいろいろな関係でそれが出来ないでいるのが営業としてももどかしくてしょうがないとか。

    最終的には、エスピー企画があまりにも良いスタッフをあの売場に紹介するからこんな事になるんだと、逆ギレされてしまいました(笑)

     

    私もそこまでは予測できませんでしたが、良いスタッフを紹介したがために良く無い結果になってしまう事もあるんだと、びっくりした事件でした。

    そう考えると、とにかくマッチングの業務って本当に難しいです。

    2017年07月23日 WEB登録
    2017年07月23日 WEB登録
  • 販売の現場で不満があったとしたら

    こんにちは。アパレル・雑貨販売の業界で働く皆様を応援するエスピー企画です。

    今日は、販売の現場で不満があるというエスピー企画の販売スタッフの話について、どうしたら良いかを考えていこうと思います。

    考え方の一つとしての提案ですが、もしこの考え方を売場のスタッフ全員が出来ればアパレル販売業界はかなり良い物になっていくと思われます。

     

    営業職としての経験

    まず、販売の現場について不満を言ってきたスタッフは今までアパレル販売の経験が無く、エスピー企画に入って初めて販売の仕事をする事になります。

    年齢としては20代前半ですが、それまでは四大を卒業して営業職としてやっていました。

    もともと、アパレル自体に興味があったので販売をやってみたいと思ってはいたものの、四大に入っているとやはり就職活動をしなくてはならず、アパレルの販売職は選択肢の中に無かったそうです。

     

    営業職をやってみたけれども、どうにも自分とは合わないと感じていたそうです。

    2年くらいお仕事をしてみた所で、業界的に伸びるかどうかも分からないし、仕事に面白みも感じられなかったので辞めることにしたそうです。

    そして、もともとやってみたいと思っていたアパレル販売の業界に再度挑戦することにしたそうです。

     

    店長のやり方と合わない

    アパレル販売を始めてみて、最初の頃は店長から色々な事を教わって楽しかったらしいのですが、だんだんと不満が出てきます。

    色々と不満はあるものの、この方が一番不満に思っているのは店長のやり方だそうです。

    売上げを第一に考えているために、お客様になるべく多く買ってもらうような接客をするそうなのです。

    そのやり方が押し売りをしているようなかなり強引な接客なのだとか。

    この方は、お客様が本当に欲しいと思っているものを接客して販売したいと思っているので、強引な接客に違和感を感じています。

     

    他にも、お客様が試着した時に「似合っていない」と感じた時でも、否定をしてはならずに「お似合いです」と言わなくてはならないそうです。

    そのスタッフは自分のコーディネートを気に入って貰い、お客様に買って欲しいと思っているのでこれにも大きな不満を感じているそうです。

     

    他にも色々ありましたが、この2つが大きな不満でした。

    それでも、店長は「お客様に楽しんで買い物をして貰うように」とも言っているのでとにかく矛盾していると感じているようです。

     

    店長になるまでは我慢

    これについては、自分が店長になるまではとにかく従うことをお勧めしています。

    店長になってしまえば、そのお店は自分のやりたいように接客をする事が出来ます。

    店長になるまでは、色々な不満や矛盾を見つけて覚えておくと良いでしょう。

    現場の販売スタッフが、一番色々な矛盾を分かる立場に居るのです。

    そして、店長になったらそれらの矛盾を解決するように動く事が出来るのです。

     

    ただ、店長になったからにはお店の予算があったり、本社の営業との交渉などやる事も増えてきます。

    百貨店に入っている場合には、百貨店の方との打ち合わせがあったりと、販売スタッフの時とは違う動きもしなくてはなりません。

     

    色々と販売の現場に不満を持っている方も非常に多いと思います。

    もし、その不満を解消するために他の売場やブランドに異動したとしても、どこでも同じような問題が起きます。

    場合によっては、業界が変わったとしても似たような不満と言うのは必ずあるものです。

    それであれば、自分である程度好きなように出来る店長になってお店を変えていくのが一番手っ取り早いです。

    それまでは、店長には従っているふりをしていればいいんです。

    2017年07月19日 WEB登録
    2017年07月19日 WEB登録

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ