ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ
  • 販売スタッフ、クレームになるならないの違い

    こんにちは。

    エスピー企画で販売スタッフとして働いているKです。

     

    今日は、最近気を付けている事について一つ考えてみようと思います。

    販売をやっている上で、クレーム処理については非常に大きな問題だと思います。

    クレームについては、販売をやっている上で本質的な問題を教えてくれる場合もあるのですが、単なる言葉遣いや、接客態度でクレームになるのは正直、時間の無駄だと思っています。

    なので、私は部下を育てる際にもとにかく無駄なクレームを起こさないように、接客態度や言葉遣いの指導には注意してきたつもりです。

     

    それでも、クレームを良く起こすスタッフと、そうでないスタッフが居るのです。

    ここで難しいと思ったことは、同じような状況で同じような事をしたとしても人に寄って全く違う結果になるのです。

    つまり、クレームに発展してしまう人とそうでない人が居るのです。

    しかも、人によっては「えー、そんな事やったのにクレームにならなかったの!」とびっくりする事も。

    逆に、なんでこんな細かい事なのにクレームに発展したの!と思う事も。

     

    百貨店だから、もちろん言葉遣いや接客態度については丁寧にするように指導していますが、あるスタッフが丁寧に接客をしていたら「馬鹿にされているようだ」とクレームに発展してしまった事も有り。

    困ったことに、このスタッフは結構丁寧な接客に定評があるスタッフで、結構評判も良かったのです。

     

    この事件があってから、「距離感を大事にするように」という項目を加えて指導するようになりました。

    ところが、クレームに発展する人とそうでない人が居るという事実を考えると、「自分はどういう人なのか」という事を考えざるを得なくなりました。

    そして、クレームに発展しやすい人について、よく指導するようになりました。

    やはり、指導する方も指導の力の入れ具合を考えるようになりました。

     

     


アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ