ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ
  • イギリスのEU離脱、アパレル業界への影響を考えると

    512fe7725ee5b542f328fdf89703530a_s

    こんにちは。

    エスピー企画で販売スタッフとして働いているKです。
    今日は、少しインターナショナルに世界の事について話してみたいと思います。

    と、言っても、今話題のイギリスの事についてです。

    今、EU離脱についての話題で持ちきりですが、アパレル業界への影響はあるのかどうかについて考えてみます。

     

    EUの事を考える前に、こういった世界的な経済の動きで一番最近起こったものを考えてみます。

    やはり、世界的に経済を巻き込んだものとしては、リーマンショックが近いでしょう。

     

    これも、結構前に起きた話のように思いますが、結構アパレル業界への影響も大きかったですね。

     

    でも、リーマンショックが起きた当時は、アパレル業界への影響は限定的とされていて、富裕層向けのブランドの一部が影響を受けるのみだと言われてました。

    でも、実際の現実はかなり違っていました。富裕層向けのブランドは確かにかなり影響を受けていたようですが、それ以外のブランドにも影響がありました。

    やはり、ニュースなどで連日報道されていた事もあり、あまり不急不要な物は購入しなくなりました。

    さらに、輸入や原材料など、販売以外の部分も大きな影響を受けてしまったようです。

    そして、特に外資系の企業は影響が大きかったようですが、国内のアパレル業者も生産拠点などは多くを海外に依存しているために、結局は影響が出てきました。

     

    様々な要因が重なり、リーマンショック時はアパレル業界全体に長い間影響を及ぼし続けました。

     

    そう考えると、今回のEU問題も少なからずアパレル業界への影響は避けられないものとなりそうです。

     

    昨今、百貨店の売上が少し回復基調にある等と言われてますが、かなりの部分をインバウンド需要(訪日外国人の需要)と富裕層向けの商品の売上が占めてます。

    まず、EUの問題では、円高になって来ると、当然インバウンド需要はあまり見込めなくなってきます。そうすると、日本の富裕層が頼りですが、ここも需要が高まりそうな要因が見つかりません。

     

    つまり、アパレル業界はかなり影響を受けると考えられます。売上が落ちてくると、最初に影響してくるのが、実は人件費です。

    無駄な人件費は極力カットし、お店は最小の人数で運営しようとします。そうすると、販売員の需要は大きく減ります。

    また、製造業も一気に人が要らなくなるので、そこでも人が余ります。

    こうなると、とにかく仕事が少なくなります。

    エスピー企画でも、こうなる事を予測して、先に派遣会社ならではの、手を打っているようです。


アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ