ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ
  • 売上げは、商品をどう思っているかで変わってくる

    2d5e420353773e264aec53f04238b21a_s

    こんにちは。

    エスピー企画で販売スタッフとして働いているKです。

     

    今日は、自分が売っている商品についてどう考えているかについて話たいと思います。

    実は、多かれ少なかれ、商品についてどう考えているかは、売上に密接に絡んで来るものです。

     

    以前働いていた、デニム売場で面白い事がありました。

    販売スタッフによって、高い商品をよく売るスタッフと、安い商品をよく売るスタッフに別れるのです。

    不思議に思って、スタッフと色々話していたら、ある事が見えてきました。

    それは、商品に対してどう思っているか、その販売スタッフの価値観が接客に反映され、最終的に売上にも大きく影響してくるのです。

     

    ある販売スタッフは、売場のデニムは「高い」と感じています。売場には1万円以上のデニムと1万円以下のデニムがありますが、その販売スタッフは1万円以上のデニムを売る事に抵抗があるので、殆ど単価の安い物しか売れません。

    単価の高い商品が売れれば、売上は上がると分かっていながらそう出来ないようです。

     

    逆に、ある販売スタッフはデニムでも色んなものを見ています。デニムによっては、3万円を超えるようなデニムすら結構あるのです。

    そのため、売場にある商品は高くても2万円程度なので、安いと感じているのです。

    売場にある1万円以下の商品は、安いけれどもあまり良い商品ではないと感じています。

    そうすると、必然的に単価の高い商品中心に売れていきます。

     

    考え方の違いだけでこれだけ差がついてしまうのですが、更に長期的には差がついてしまいます。

     

    それが、顧客様です。

    何度もお買い上げ頂く顧客様はお店にとっても、販売スタッフにとっても重要ですが、高い商品をよくお買い上げ頂く、いわゆる「上顧客様」は、どうしても高い商品を売る販売スタッフの顧客になってしまいます。

    もちろん、安い商品を中心に売る販売スタッフにも顧客様は付くのですが、安い商品を買うお客様は値段に敏感な事が多く、セールの時期等には良く来店されます。

    実は、セールは売上を上げるには良いのですが、その分利益が少なく販売スタッフの実績としてもセール品の売上は少なく見積もられます。

    なので、セールでの実績は忙しい割には評価が上がらないのです。

     

    他にも、高い商品を買ってくれる顧客様には、安い商品を提案する事も出来ます。

    例えば、「この商品は今しか生産してなくて、安い割りに品質が良くてお買い得ですよ。」等と言うと、結構お買い上げいただく事も多かったりします。

    この逆は本当に難しいです。

    いつも安い商品を買うお客様は、値段に敏感である事が多いのでいつもより高い商品を勧めて買ってくれる事はまずありません。

     

    これらをまとめてみると、売場の商品を安いと考えている販売スタッフは、売上をより上げていく事が簡単に出来ます。一方、商品を高いと考えている販売スタッフは、売上を上げるには、より商品を多く売るしかなくて、来店数が伸びない現在はセールに頼るしかなくなってきます。

     

    もし、思うように売上が上がらずに悩んでいるのでれば、自分が売っている商品をどのように思っているか、もう一度見直してみてはいかがでしょうか。

     


アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ