ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ
  • 販売でもグレーゾーンが必要になってくる

    こんにちは。アパレル・雑貨販売業界で働く皆さんを応援するエスピー企画です。

    今回は、エスピー企画のあるスタッフが派遣先の店長会議に参加した時の事をお話いたします。

     

    そのスタッフは派遣先のお店の店長に連れられて店長会議に参加しました。

    基本的には、店長会議なのでそのスタッフはオブザーバーとしての参加でした。

     

    その会議と言うのは、落ち込んでいる売上げをいかにして上げていくか、各店舗の店長などが集まってお互いに意見や情報交換をする会議だったそうです。

    多くのアパレル企業の売上げが苦戦しているように、この企業でも売上が年々減少しており、このような店長会を積極的に行っているそうです。

     

    オブザーバーとして参加したその方が印象に残ったのが、多くの店長が「なかなかセット販売にもって行く事ができない」と口を揃えて言っていた事だそうです。

    そのスタッフは「セット販売ができないと言うけれども、単品販売だったらできるのか」と疑問に思ったそうです。

    セット販売が出来ないならば、とりあえず単品販売をやって売上げを上げたほうが良いのではないかと思ったそうです。

     

    その疑問を一緒に参加していた店長に聞いたところ、「疑問はもっともだけれども今はそれを言わないように」と言われたそうです。

     

    会議が終わった後に、店長からさきの疑問について教えてくれました。

    「セット販売が出来ないから売上げが取れない」と言っている店長の多くが、単品販売ですら出来ていないのが事実だそうです。

    でも、店長としては苦しいけれどもそれくらいしか言い訳が出来ないそうなのです。

     

    以前の店長会議で同じような言い訳をした店長に対して、経営者側が「単品販売すら出来ていない」とその店長を問い詰めたそうです。

    そうしたら、その店長は号泣しながら会社の批判を始めてしまったそうです。

    「売れ筋商品を自分のお店に殆ど回さない」「そもそも顧客の欲しい服を作っていない」「値段の割りに品質の悪い服ばっかり作ってる」等を始めとしてとにかく会社の悪いところを列挙した挙句、「私、今日で会社を辞めます」と言って突然辞めてしまったとか。

     

    この不況の中にあって服が売れない状況を何とかしようと、各店舗の店長は日々苦労しているのです。

    それでも、なかなか売上げが上がらない中、気を引き締めるために定期的に店長会議をやっているそうです。

    そんな中、この会社では苦しい言い訳をしている店長に対しても敢えて問い詰めるような事はせずにいるそうです。

    苦しい言い訳をしている事はその人自身が一番分かっているから、それに対して正論を言ってしまうと逃げ道を塞いでしまう事になります。

     

    その店長は、正論ばかりだと相手を追い詰める事になりかねないという事をそのスタッフに伝えたかったからその会議に参加させたそうです。

    オブザーバーとして参加したそのエスピー企画のスタッフは真面目で頑張り屋さんなのですが、他のスタッフに対してとても厳しいところがあり、何か言い合いになると正論をかざして相手をねじ伏せるような所がありました。

    もちろん、それが良い方向に行く事もあるし、最悪な方向に行く事もあるのです。

    店長はその感覚を分かって欲しかったそうです。

     

    人によって言う事を変えたり、経験させることを変えてみたりと何かと店長も苦労しているようです。

    販売スタッフも店長も、色々な努力をして少しでも売れるように頑張っています。

    この苦労が報われるような世の中になって欲しいですね。


アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ