ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ
  • 派遣スタッフインタビュー1(販売の売上を上げるには バッグ売場)

    g778h

     

    エスピー企画の派遣スタッフのTさんは、銀座のある商業施設のバッグ売場に配属。1名体制なので、売上は全てTさんが責任を持つ事になります。

    契約期間は3ヶ月で、月の売上が3ヶ月連続で前年売上を下回ったら契約更新は無しという条件でしたが、2年間ずっと前年売上を上回り続けました。 (この売場は、なかなか売上が伸びずに苦労しておりスタッフを何度も入れ替えてたそうです。)

    実家の引っ越しの為その売場での勤務は終了しましたが、現在は他の勤務先で働いています。

    Tさんに売上を上げるためにどのような工夫や努力をしているのか聞いてきました。 「あんまり特別な事はしてないですよ」と言いつつ、インタビューに応じてくれました。

     

    1、とにかく売上0の日を作らないようにする


    一日に沢山売るよりも、売上0の日を作らないように心がけてました。

    前任者やそれ以前の人の売上を見てみると、売上0の日が何日もあって、売れる日にまとめて売っている感じでした。

    売上0だと自分の気持ちも落ち込んでしまい、次の日も暗い気持ちになってしまうのでとにかく避けるようにしました。

    それでも、0になってしまったら気持ちを入れ替えて頑張ってました。「よし、今日のお昼はうなぎを食べよう!」とか(笑)、何でもいいので楽しい事を考えたりしながら。

    配属当初はバッグしかなくて、安い物でも1万円台後半、高い物になると3万円台のものもあったので結構大変でした。

    半年後位から財布等の小物を扱うようになったので、それからは安定して何かしら売る事が出来るようになりました。

    ただ、会社としてはバッグとセットで販売して客単価を上げるために投入したそうで、営業さんからは「セットで売れ!」と結構怒られてました(笑)

     

    2、商品について色々考える


    忙しい売場ではなかったから(笑)、商品について色々研究する時間がありました。 「あ、このスペースにスマホを入れると取り出しやすい」とか、

    「ここに300mlのペットボトルが入る」とか、「大きさの割には結構軽い」とか、こうすると便利な使い方が出来そうな事を色々考えてました。

    接客してる時に、それが結構使えるんです。

    そうやって商品を研究していると「この商品を前に出した方がバランスが良い」とか「斜めにした方が良さそうに見えるから」とか、商品のディスプレイも思い付いたりします。

    思い付いたディスプレイに変えた瞬間売れた時には「やった!」と心の中でガッツポーズしてます(笑)

    Tさんがやっている事をまずは2つ書きましたが、インタビューしていてびっくりするぐらい色々な事を考えたり実践したりしていました。

    一回で書いてしまうと膨大な量になってしまうので、何回かに分けて掲載していきたいと思います。

    Tさんは、どちらかと言うとおっとりした性格でガツガツ接客するタイプでは無いのですが、人が見ていない部分で相当な努力をしているようです。

    そういった努力が売上につながるのだと感じました。

     

    ★スタッフインタビュー バッグ売場編

    ・スタッフインタビュー1(販売の売上を上げるには バッグ売場)

    スタッフインタビュー2(販売の売上を上げるには バッグ売場)

     

    【合わせて読みたい】

    バッグ売場の仕事内容

    バッグ売り場の派遣社員はこんな仕事

     

    【求人情報はこちら】

    バッグ他・雑貨関連の求人情報


アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ