ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ
  • 得か損かと聞かれたので(営業日誌、その123)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    営業をやっていると販売スタッフから色々な質問を受けるんですけれども、この間「年金って払ってるのは得なんですか損なんですか?」といきなり聞かれたんですけれども答える事が出来ませんでした。

    得なのか損なのか、と言うのは自分が払った分の保険料以上の額が受け取れるのならば得、自分が払った分よりも少ない額しか受け取れないのであれば損ということになるのでしょう。

     

    会社に戻って、保険関係に詳しい総務の人に聞いてみたんですけれども、保険ってこんなに複雑だったんですね。

    あまり細かい事は知らなかったので、こんな質問をされてとても勉強になりました。

     

    自分が払った保険料をどう考えるかによっても変わってきてしまいますね。

    保険料については、給料から勝手に毎月引かれているので金額すらも明細を再度見ないといくら払っているのか分かりませんよね。

    そして、毎月引かれている額というのは本来の保険料の半額なんだそうです。その半額は会社が負担しているのだとか。

    つまり、毎月給与明細の年金の欄で引かれている2万何千円かの保険料は、本来は4万何千円かするものなんだそうです。

     

    まぁ、自分が払った保険料についてはその2万何千円かの保険料の方と考えていいと思いますけれどもね。

    でも、営業なり販売スタッフなりが一生懸命働いて稼いだお金で、あと半分を会社が払っていると考えれば4万何千円かの保険料を払っているとも言えますよね。

     

    話がややこしくなりそうなので、その半額を自分が払った保険料と考える事にします。

    今の所、80歳くらいまで生きれば払った保険料と同じ位の年金が受け取れる計算になるのだそうですが、保険料の引き上げがあったりするそうです。

    更に、最近話題になっていた人口についてですが、今現役世代が2.3人で年金世代の1人を支えているのが、50年後には1.2人で1人で支える事になるとか。

    単純に考えると、50年後には受け取れる額がおよそ半分になるという事でしょう。

    受取額が半分ということになれば、受け取る期間が2倍になれば同じ額貰えるので50年後には95歳まで生きれば同じ金額が受け取れる計算になるのかな。

     

    だとすれば、このスタッフが年金を受け取れる年齢になるのはおよそ40年後なので、受け取れる額は半額にまではなっていないと考えれば、90歳くらいまで生きれば損にはならないんじゃないでしょうか。

    でも、年金の支払い開始年齢も上がるだろうから、たぶん95歳くらいまで生きれば損しない計算になるでしょう。

    そこからは生きた分だけ特する計算になります。

    医療も発達しているのでその頃には平均寿命も100歳を超えるでしょうから、多分払った金額よりも多く受け取れる事になるでしょう。

    つまり、特という結果ですね。

     

    今度、営業に行った時に教えてあげよう!


アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ