ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ
  • 売場の利益をどこまで知っていますか

    こんにちは。アパレル販売で働く皆様を応援するエスピー企画です。

    今日は、あるスタッフの相談について考えてみたいと思います。

     

    地方の都市のファッションビルで働いているそのスタッフは、2名体制のお店で働いています。

    売上げの7割はそのスタッフの実績だったので、もう一人のスタッフがあまり売上げを上げていない事に納得がいっていませんでした。

    それ以外にも、全国に10店舗ほどあるお店の中でいつも2~3位の売上げをコンスタントに出しているので、もっと評価して欲しいという事でした。

     

    これだけ聞くと、確かにもっとこのスタッフを評価してあげても良いと思ってしまうかもしれませんが、あくまでもお店の予算の70%程度の売上げをずっと推移しています。

     

    ここの店舗は、そもそも来客数が少なく、来店したお客様の殆どにお買い上げいただいているそうです。

    そのため、これ以上売上げを上げるのは非常に困難だという事です。

     

    正直なところ、厳しい状況は分かったものの、お店の予算の70%付近を推移している事を考えるとこのままでは売場自体が撤退になってしまう可能性が大きいので、それでも売上げを上げなくてはいけないという事を話しました。

     

     

    一方、その売場の近くで働いている元エスピー企画の販売スタッフが居たので話をしてきました。

    そのスタッフは以前エスピー企画の販売スタッフとして働いていましたが、その販売力が認められて社員として雇用されたスタッフです。

    お店の売上げが非常に好調だという事を聞いていたので、その事を話したら次のようなコメントが返ってきました。

    「売上げの数字だけ見たら確かに良いかもしれません。でも、ここは良い場所で売場の広さもそれなりにあります。

    それに3人体制でやっているので、人件費もかなりかかっています。

    トータルの利益はそんなに良い店舗では無いんです。

    結局、利益率が良い商品があまり売れていないから、そこをどうやって売っていくかが課題になっているんです。」

    この後、利益率が良い商品を売るために、今までこんな事をやってこんな結果になったとかいう話を、延々としてくれました。

     

    この2人の話を聞いていて、やはり重宝される販売スタッフは色々な事を考えているという事が分かりました。

    そして、文句は殆ど出て来ない上に、課題とそれに対する姿勢が全く違います。

     

    販売をしている皆さんは、どちらのタイプでしょうか。

    もし、前者のように自分が頑張っているのに評価されていないと感じていたら、もう少し広い視野を持ってみてはいかがでしょうか。

    厳しいようですが、そういう見方が出来て解決に向けて頑張っている姿勢は間違いなく会社から評価されます。


アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ