ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ
  • 販売業界、新入社員へのアドバイス(信頼を積み重ねる1)

    こんにちは。販売業界で働く皆さまを応援するエスピー企画です。

    最近、新入社員へのアドバイスについて書いていますが、大体の事が新入社員以外にも当てはまる事ばかりだと思っています。

    やっぱり、初心が大切なのです。

    そして、基本をきちんと守っていく事が仕事をしていく上で非常に重要です。

     

    今回は、仕事をする上で非常に重要な「信頼される」事についてです。

    項目が多いので、3回に分けて話をしていこうと思います。

     

    1、時間を守る


    一番簡単でありながら、出来ていない人も多いのがこれです。

    ビジネス上で、時間を守るのは当然なのですが「仕事が忙しいから」とか言う理由で遅れてくる人も結構いるのです。

    実は、その人が信頼できるかどうかを「時間を守るかどうか」を最初の判断にしている人もかなり多いです。

    特に、役職が上になっていけばいくほど時間についてシビアな人が多いです。

     

    ここからはテクニック的な事になりますが、アポイントの時間を設定したら、その時間5分前に行くのがベストです。

    それ以上前に行くのは、相手の準備とかも考えたら避けるべきでしょう。

    15分以上前に行くのは返って失礼と思って間違いありません。

    ちょうどピッタリの時間に行くようにしている調整する人も居ますが、やはり出来る人は2~5分前くらいには必ず来ますね。

    なぜ、時間を守るのが大切なのか。

    「時間を守る、そんな簡単な事が出来ない人が、もっと重要な約束を守れるとは思えないから」

     

    2、自分の気持ちを素直に言う


    これは、結構難しいアドバイスかもしれません。

    会社に勤めていれば会社に忠誠義務もあるでしょうし、研修などで言ってはいけないことや、逆に言わなくてはいけない事などもあるでしょう。

    私も、会社から「とにかく取引先の言う事にNGを言わない」という研修を受けていました。

    ところが、会社として出来ない事も何となく分かってきます。

    そんな時にどうすれば良いか。

    それは、自分の気持ちを素直に表現するのです。

    「会社からはこう言われていますが、私はこう思います」と言ってしまうのです。

    人としては、そちらの方が信頼されます。

    そして、商談で一番見られているのはやっぱり人なんです。

    そこで、自分の意見が言えない人や嘘をついて会社を持ち上げる人はやっぱり信頼されないのです。

     

    3、誰とでも同じように接する


    これは、人によって態度を変えないという事です。

    例えば、取引において決裁権を持ってそうな人とそうでない人に話をする際に、決裁権を持っている人だけを重視しないという事です。

    決裁権を持つ人は色々な人を見てきています。

    人によって態度を変える人は、決裁権を持つ人に嫌われます。

    何故かというと、決裁権を持つ人は超多忙な人々なので、決済をした後の実務は下の人に任せるのです。

    その際に、決済をした人と実務をする人に対する態度が異なる事を嫌がります。

    つまり、誰とでも同じように接する人でないと取引を決めるのは難しいのです。

     

    どれも非常に重要な事だらけです。

    これだけでも大変かもしれませんが、まだ続きますので次のブログもぜひ見てみてください。


アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ