ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ
  • 売れないお店、どうしたら良いか

    こんにちは。

    エスピー企画で販売スタッフとして働いているKです。

     

    この間、あるアパレル会社の社員として働いている人から相談を受けました。

    とある外資のブランドでの販売なのですが、先日都心の売場から地方の売場へと異動しました。

    もともと、都心ではかなりの売上を取っているスタッフだったので、地方の売場を活性化するための異動だったそうです。

    ところが、お客様が思った以上に少なく、売れ筋商品もあまり置いてくれないため接客に苦労しているそうです。

    どうやって売上を上げたらよいかの相談でした。

     

    1、売れ筋商品以外を売り込む


    これは、売れない店舗では必須だと思います。

    どうせ、売れ筋商品をそんなに確保できない事は目に見えてます。

    「これが売れてて皆お勧めしてくると思いますけど、私はこれよりはこっちの方をお勧めしますね」と言って、他の商品をお勧めする。

    もし、お客様が同ブランドの他の店舗でその売れてる商品を勧められたとしたら、あなたの言っていた事が正しいと分かりまた来店してくれることでしょう。

    展示会などでも、売れそうな商品なんて大体分かりますよね。

    そうしたら、売るのが難しそうな商品を先に見て「どうやって売っていくか」を考えておくのです。

    売れない商品なら、確保も簡単ですからね。

     

     

    2、時間を無駄にしない


    お客様が少ないのであれば、その時間色々な事が出来るので販売に繋がる事をやりましょう。

    商品について研究する事も出来ますし、清掃だってディスプレイ変更だっていくらでも出来ますよね。

    もし、お店に2人居る時間があれば、他のお店にはどんな商品があるのか調べてくるのも良いでしょう。

    他にも、お店の予算、昨対は現状何%なのか、数字に関する事を頭に入れておくなど、色々とやる事はあるはずです。

     

     

    3、とにかく楽しむ


    特に最近思っている事ですが、真面目な販売員が本当に多いと思っています。

    もともと売れない店舗である以上、劇的に改善していくのは無理があります。

    色々と試してみても大抵は上手く行かない事の方が多いですが、たまに上手く行く事があります。

     

    真面目な人は、上手く行かなかった方にどうしてもフォーカスしてしまいます。

    上手く行かなかった事が頭にあると、新しい事を挑戦するのをためらうようになってきます。

    負のスパイラルに突入してしまいます。

     

    それよりも、たまに上手く行った事にフォーカスするのです。

    「絶対これ上手く行かないけど、面白そうだからやってみよう」くらいの気持ちで次々と試してみるのも面白ですよ。

     

    真面目になりすぎない、でも必要な事はきちんと把握しておく。

    そして、すぐ結果を求めない。

    最後には、楽しんでやる事です。


アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ