ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ
  • 販売員の毎日の服装、みんなこうしているんです

    皆さん、こんにちは。元販売員で現在はエスピー企画のコーディネーターMです。
    本日も接客販売の面白さややりがい、マナーなどについて私の体験談を書きますね。

     

    洋服を買う時、販売員のファッションを見て購入を決めた! という方は、多くありませんか?
    店頭に立つ販売スタッフは、会社からすれば「歩くマネキン」。
    だからこそ、トレンドのものを身に付け、おしゃれに着飾ることは必要不可欠なことなのです。
    ということは、販売員として働くのであれば当然、店頭では自社製品を着なくてはなりません。
    実は、販売員は「社員販売」という優遇制度があって、通常の価格よりも安く服を買うことができます。
    略称で「社販」と呼ばれるこの制度ですが、その割引率は会社によってさまざま。
    例えば、プロパー価格より5割引きで買えるところもあれば、7割引きで買えるところもありますが、一般的には4~6割引といったところが多いようです。
    では、1着が数十万円もする高級ブランド店ではどうしているのでしょうか。
    多くの場合、店頭での制服はスーツと指定されています。
    この時は、自社ブランドでなくても、自分の持っているものでいいというところがほとんど。
    ただし、あまりにチープな見た目のものはよくないので、ある程度質のいいものを着ることが暗黙の了解となっています。
    中には、スーツを支給してくれる会社もあるので、手持ちのスーツがないという人は、こういうところを選ぶといいかもしれません。
    洋服が大好きな人にとって、社販で洋服を買うことができるのは、大変魅力的ですよね。
    しかし、実は何でもかんでも好きなものを買えるというわけではないのです。
    例えば、生産数が少ないものや、インポート商品で入荷が数点しかないようなものは、いくら気に入っても社販で買うことが難しいのが現実です。
    社販で買うことができるのは、生産数の多いもの、つまり、会社が販売を強化したいものに限られます。
    「今週はこの商品を強化したいから、これ買って!」と強制されることはないものの、生産数が多いトレンド商品は、自分が着用しているとより売りやすいことから、自身の販売実績を上げるためにも買っておいたほうがいいということになります。
    とはいえ、好きなブランドの商品を身に付け、それに囲まれながら仕事をするのは、とっても楽しいですよね。
    それが、アパレル販売員の醍醐味でもあるわけです。

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。


アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ