ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ
  • アパレル販売のトークは「口数の少なさ」が肝心

    closet-912694_640

    皆さん、こんにちは。寒さ本番!毎日ベッドから出られないエスピー企画のコーディネーターMです。
    元販売員の私が、本日もアパレルショップでの接客販売の面白さややりがい、マナーなどについて体験談を書きますね。

     

    さて、皆さんはお客様へのアプローチをどうしていますか?
    実は、販売員には2つのタイプがあります。

     

    商品に関するあらゆる知識をできるだけ多く伝えようとする人、そして反対に、商品の特徴は最小限にとどめあまり多くを話さない人、つまり、「口数が多いか」「口数が少ないか」に分かれるのです。

     

    では、売れる販売員というのは、どちらのタイプでしょうか?

     

     

    実は、「口数の少ないタイプ」なのです。

     

     

    これまで私は、いろいろな販売員と関わってきましたが、売れている販売員に共通するのが、口数の少なさだったのです。

     

    なぜ口数が少ないのに売れるのかというと、彼らは自分よりもお客様に話をしてもらうことに重点を置いていました。

     

    例えば、気になる商品を手に取って眺めるお客様に対し、いきなり「この商品は特別なもので~・・・。」と商品説明を話しかけるのではなく、
    「いかがですか、どうぞ広げてみてください。」と感想を引き出すような行動に促します。
    ここでお客様が「すごく肌触りがいいですね」などと話してくれれば、そこからお買い上げまでは比較的スムーズ。

     

    お客様は、販売員にシャワーのような説明をされ「買わされる」という意識が苦手なもの。
    こちらからは必要最小限の情報を提供するにとどめ、お客様の言葉をできるだけ多く引き出し、商品についての感想を聞き出すことが大切です。

     

    お客様は「自分で選んだ」という満足感が得られるので、お買い上げにつながりやすくなるというわけです。
    販売員になりたての頃の私は、とにかくお客様に対して商品説明の「弾丸トーク」をさく裂させていました。

     

    ところが、ある時のどの調子が悪く、最低限のことしか話すことができない日に接客した時、びっくりするくらい売り上げが上がったんです。

     

     

    そこで「今まではしゃべりすぎていたんだな」と気づかされました。

     

     

    どうしても商品を売りたいがために、口数が多くなってしまう気持ちはとってもわかります。でも、ここでぐっとその衝動を抑えてみてください。
    きっと良い結果が得られると思いますよ(笑)

     

     

    エスピー企画は販売員になりたい方をアパレルショップにご紹介する会社です。
    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。
    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。


アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ