ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ

  • 直行直帰、オフィスって必要かな?(営業日誌、その42)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    今日も今日とて、直行で浅草にある取引先にご挨拶に行ってきました。

    浅草って、銀座線と都営浅草線で結構距離が離れているんですよね。

    最初は知らなくて、スタッフと待ち合わせたはいいものの、なかなか会えないなんて事にも。

     

    その後、他の営業が家庭の事情で急遽休まなくてはいけなくなったそうで、その代わりにスタッフと会う事に。

    ただ、ある書類が必要だったんだけど、会社に戻っている時間は無い!

    エスピー企画の誰かに持ってきてもらおうかと思ったんだけど、以前コンビニで携帯の写真をプリントアウトした事を思い出し、会社の書類もプリントアウトできないか試してみたところ、、、、

    出来ました!

    1枚あたり20円かかったけど、しっかり経費請求しちゃおっと

     

    その後、横浜の百貨店に行く事になったけど、結局会社に寄らずにそのまま行きました。

    そして、そのまま直帰!

     

    電話連絡なんかは、携帯ですべてしてしまうし、会社のメールもスマホで見たり、送信も出来ちゃうので、実は結構な仕事がスマホで出来ちゃう。しかも、プリントアウトまでコンビニで出来ちゃうことが今日分かったし。

    結論、会社行く必要ない!

     

    だから、ちょっとカフェによって一休み

    IMG_0399

     

    会社に行く必要が無いので、今日もダイエット失敗!

    明日からダイエット頑張ろう!

    2016年05月17日 WEB登録
    2016年05月17日 WEB登録
  • 販売スタッフ語録(その24)

    cf3c4fb7621d5bfeb46d410abdc67816_s

    こんにちは☆アパレル・雑貨販売で働く皆さまを応援するエスピー企画です。

    販売スタッフが思わず口にした名言を紹介していくこのコーナー。

    最近では、営業スタッフ同士で色々このブログのネタになりそうな話を聞かせてくれたりするので、ありがたいですね。

    上司から「サボってばかりじゃないか」と言われても「これが仕事に繋がるんです」と堂々と言えるようになったり?

    では、今日も行ってみましょう。

     

    53.販売なんて遊びですよ!

    他の営業から聞いた話なのですが、販売スタッフでも優秀と思っているスタッフほどお仕事を楽しんでいるとか。

    その中でも、一番仕事を楽しんでいるんじゃないかと思える人が言った言葉だそうです。

    お客様と話しながら、どれだけ売れるか見極めて、どの商品を売るかの駆け引き。

    買う気の全くないお客様に「こうやったら買うんじゃないか」と試してみたり。

    人によっては「今日、全然売れてないんですよ、お願いだから買ってくださいよ」と言ったら買ってくれたり。

    売れない日こそ、普段できなかったディスプレイを試してみたり。そして、やっぱり売れなかったなぁと言ってみたり。

    そんな毎日色々とやって、遊んでいる感覚に近いそうです。

    そうやって楽しんでいる人こそ、実は結果を出すものです。

     

    54.雰囲気作りが大切なんです!

    これも、他の営業から聞いた話です。

    ショップの店長のお話しだそうです。

    基本的には優しい店長なのですが、時に厳しい事を言います。

    でも、厳しい事を言う時には、そんな雰囲気を事前に用意しておく必要があるそうです。

    やはりいつも優しい店長だと、どうしても周りが甘えてしまうそうなので、時折厳しい事を言うそうです。

    例えば、あまり売れていない時には不機嫌なふりをして、敢えてピリピリした雰囲気を出します。

    緊張したスタッフがちょっとしたミスをすると「やってらんねーな。ちょっとタバコ吸ってくるから、あとやっとけよ」

    店長が居なくなった後、残ったスタッフで「何か売らねーとまずいよね」なんて感じになり、結構頑張るとか。

    もちろん、いつもピリピリさせてばかりではないです。

    メリハリを大切にしているそうです。

     

    なるほど、結構みなさん演技してたりするんですね。

    今日は、エスピー企画の営業に聞いた事でまとめてみました。

    また、他の営業にもネタが無いか聞いてみよう。

    あ、ブログ書いてもらってもいいかもしれない。

     

    次回もお楽しみに。

     

    販売スタッフ語録 他の語録

    前の語録(その23)   前の語録(その25)

    ページ一覧

    2016年05月17日 WEB登録
    2016年05月17日 WEB登録
  • 販売スタッフ語録(その23)

    denim接客

    こんにちは☆アパレル・雑貨販売で働く皆さまを応援するエスピー企画です。

    販売スタッフが思わず口にした名言を紹介していくこのコーナー。

    今日は、どんな言葉が飛び出す事になるのか。

    最近、このコーナーで取り上げてもらえるように狙っているんではないかと思う事も。

    もちろん、狙われたら取り上げちゃいますけどね!

    それでは行ってみましょう。

     

    51.自分のやりたいようにやるんだったらトップになりなよ!

    これは、あるショップの店長が同じショップで働くスタッフに言った言葉です。

    そのスタッフは店長の指導には従わず、今までの経験や前に勤めていたお店でのルールで動く事を徹底していました。

    店長は「ここは私が店長だから、私のやり方に従ってもらう」と言ったのですが、「私は私のやり方の方が売上を取る事が出来る」と言って聞かなかったそうです。

    そして、ついに店長が言ったのがこの言葉だったそうです。

    それに続けて、「あなたが店長になれば、私はあなたの仕事のやり方に従いますので、指導してくださいね。」と言ってプレッシャーをかけたそうです。

     

     

    52.店長なんて簡単になれるよ、アパレルなら

    これも、その店長が言った言葉です。

    そうは言っても、そのスタッフも店長を変える事なんてすぐには出来ないと思ってたのでしょうが、すぐに店長を変えるように行動を開始します。

    まず、会社側にショップの店長を変えてもらうように頼みますが、当然承認されるわけがありません。

    そこで、会社の営業と交渉します。

    「あのスタッフが私の指示に従ってくれないので、このままではお店の売上げを上げる事は不可能です。あのスタッフを店長にすれば、私は従います。もし、このまま私が店長を続けるのであれば売上げが下がっても一切文句を言わないでくださいね。」と営業に詰め寄る店長!

    営業も、売上が取れなくなるのは困るし、板挟みで困っていたそうですが、結局折れてそのスタッフを店長にする事にしました。(その営業は、館や本社への説明がとにかく大変だったそうです。)

     

    さて、今日は一人の人が言った言葉だけでした。

    実は、この店長の交渉、文章では綺麗に書いてますが、本当はもっとシビアな事をバンバン言ってるんですよね。

    短くまとめてますが、この話だけで30分以上は話してるかと。

    でも、色々な話が聞けて楽しいですよ。

    では、次回もお楽しみに!

     

    販売スタッフ語録 他の語録

    前の語録(その22) 次の語録(その24)

    ページ一覧

    2016年05月17日 WEB登録
    2016年05月17日 WEB登録
  • 悪い流れを断ち切れ(営業日誌、その41)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    今日は、朝から直行で東京の奥地の方に行ってきました。

    電車のドアをボタンを押して開けなくてはならないシステムだったようで、ちょっとカルチャーショック。

    電車に詳しい先輩に聞いたら、半自動ドアというものらしくて、お客様が少ない地方の鉄道なんかでは結構多いらしいです。

    ギュウギュウとは言わないまでも、結構混んでた気がするんですけどね。

     

    とりあえず、朝は少しゆっくり出来たのでたまには直行も良いかななんて思ってるんですけど、毎日じゃ飽きちゃうかもしれないですね。

     

    さて、会社まで来る間もいつも使わない電車で来ると、車窓とかが新鮮でいいですね。

    と言ってるそばから、電話がかかってきて。

    途中駅で降りて電話したり、なんだかんだで営業時間中の長距離移動ってけっこう大変ですね。

     

    さて、そんな中で取引先との連絡があって、何とも耳が痛い事を聞かされてしまい。

    会社に戻って、同僚と色々話していた所、「気分を変えるために、何か買ってこよう」という事になり。

     

    IMG_0585

    こんなものを買ってきました。

    一人で食べるには、少し多い量かもしれませんが、気分を変えたい時にはこれくらい食べたほうがいいんです。

    本当にいいのかな。

    多分、これは何人かで食べる事を想定しているような気がする。

     

    営業で直行したため、今日もダイエット失敗!

    明日からダイエット頑張ろう!

    2016年05月17日 WEB登録
    2016年05月17日 WEB登録
  • お仕事の流れが良いときと悪いとき(営業日誌、その40)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    今日は、朝から仕事に良い流れが来ていました。

    実は、昨日から少し良く無い流れが来ていたように思っていました。

    今日の朝も、スタッフとの待ち合わせ場所に向かうも電車が止まっていて大幅に遅れたりと悪い流れになりそうでしたが、何とか待ち合わせもギリギリ間に合い、打ち合わせも良い状態で終わり流れが良くなってきました。

    そこから、いくつもの仕事がどんどん順調に進んでいく感じ。

    これは流れが来てます。

    こんな時には、流れを止めそうな仕事は後回しにする事が結構重要。

     

    実は、後回しにした事で、流れを止めそうな仕事まで上手く行ったりもします。

     

    さて、流れが良くなってきたところで

    少し燃料補給

     

    ↓私の燃料
    IMG_0573

     

    抹茶のパイの実、珍しいのを見つけてしまったので買うしかないでしょう。

    抹茶の味のチョコが入っているけれど、うーん、パイ生地に負けちゃってる気がする。

    抹茶風味を活かすために少し苦みが入っているが、甘みが少なくて味にインパクトが少ない気がします。

     

    ちょっと燃料が思ったほど良く無かった。

    しまった、悪い流れになってきたのでこれを断ち切らないと

     

    IMG_0583

    こっちはなかなかの味。

    でも、プリンになってすごく上品な味がする。

    でも、プリンだから上品な味でもこちらはおいしい。

     

    よし、良い流れになってきた。

     

    仕事の方は、結構良い流れのまま終了!

    週末も良い流れになるでしょう。

     

    今日の仕事は流れ解散!?

     

    良い流れになって、今日もダイエット失敗!

    明日からダイエット頑張ろう!

    2016年05月14日 WEB登録
    2016年05月14日 WEB登録
  • 販売スタッフ語録(目次)

    販売スタッフ語録

    ●最新の販売スタッフ語録●
    販売スタッフ語録(その33)
    71.適当に頑張りなよ 72.販売は先入観を上手く使え

     

    ●バックナンバー●

    販売スタッフ語録(その32)
    69.他人を参考にするなら悪い所まで参考にしろ 70.他人と同じ事してたら、どんなに頑張っても超える事は無いんだ

     

    販売スタッフ語録(その31)
    67.せっかく期待してたのに 68.可愛い服が可愛くない値段する

     

    販売スタッフ語録(その30)
    65.セット売りが出来ないって、単品なら売れるの? 66.販売で一番楽な方法を考えて来い

     

    販売スタッフ語録(その29)
    63.営業には販売はできないよ 64.私、何かしましたか?

     

    販売スタッフ語録(その28)
    61.センスが無いならトレンドは押さえておけ 62.売れる時に売っとけ

     

    販売スタッフ語録(その27)
    59.バンドエイドは販売スタッフの必需品 60.凄いって思わせる事が大切!

     

    販売スタッフ語録(その26)
    57.死角に向いてない防犯カメラ! 58.税金をnanacoで支払いたい!

     

    販売スタッフ語録(その25)
    55.ストックが命がけ! 56.電車が遅れる事までは予測できない!

     

    販売スタッフ語録(その24)

    53.販売なんて遊びですよ! 54.雰囲気作りが大切なんです!

     

    販売スタッフ語録(その23)
    51.自分のやりたいようにやるんだったらトップになりなよ! 52.店長なんて簡単になれるよ、アパレルなら

     

    販売スタッフ語録(その22)
    49.「考えるな!感じろ!」いやいや逆だろ! 50.謙遜も度が過ぎると嫌味になる

     

    販売スタッフ語録(その21)
    47.メモを甘く見るなよ 48.もっと休んでもいいと思う

     

    販売スタッフ語録(その20)
    45.知ってても行動しなけりゃ知らないのと同じ 46.仕事のミスは叱れ、人は叱るな

     

    販売スタッフ語録(その19)
    43.売れてるブランドも、売れない時期があったんだよ 44.一生懸命やると視野が狭くなるよ

     

    販売スタッフ語録(その18)
    41.アパレル販売も誇れる仕事だと思うけどね 42.ベテランほど勉強熱心で、勉強が必要な人ほど変な自信がある

     

    販売スタッフ語録(その17)
    39.アウトレットって自由だ 40.お昼は社食かぁ

     

    販売スタッフ語録(その16)
    37.働いているブランドがどんどん好きになっちゃいました! 38.このブランド好きだったんだけどな

     

    販売スタッフ語録(その15)
    35.記念品よりも百貨店から表彰された事が嬉しい! 36.やっとお店で一番の売上げを取れました!

     

    販売スタッフ語録(その14)
    33.販売なんて誰でも出来るよ 34.もう教える事は教えたから大丈夫!

     

    販売スタッフ語録(その13)
    31.未来なんて予測不可能 32.販売なんて簡単だと思ってたのに

     

    販売スタッフ語録(その12)
    30.自分の言葉で語って欲しいよね 31.販売の仕事って風邪すら治す力あるよな

     

    販売スタッフ語録(その11)
    28.諦める事も必要な時があるよね 29.前向きな人って反省もきちんとしてますよね

     

    販売スタッフ語録(その10)
    26.売れてる店舗って無駄話多くない? 27.スタッフが他人の力を借りなくなった気がする

     

    販売スタッフ語録(その9)
    23.理想の販売と現実は違って当然 24.体質的に太りやすいから、食べる物には気を使います 25.気分を変えたい時にはうな丼を食べに行きます

     

    販売スタッフ語録(その8)
    22.本当に売る人は少し天然な所がある

     

    販売スタッフ語録(その7)
    19.売場は一流、ストックは三流 20.アパレル販売やってたら、値段感覚が狂ってきた 21.下手な経験者より、ピュアなド素人

     

    販売スタッフ語録(その6)
    16.親友におススメする感覚かな 17.声掛けですか~、そんな事よりこの新作可愛いと思いません? 18.やっぱり、数こなす事だろうね!

     

    販売スタッフ語録(その5)
    13.お客様の方が詳しい! 14.とりあえず勧めてみたら 15.本当にお客様に尽くしてたら、顧客様になってくれる

     

    販売スタッフ語録(その4)
    10.売れると嬉しい!でも来年が! 11.1年目は他人との勝負、それ以降は自分との勝負! 12.数字も重要だけど、それ以外も重要

     

    販売スタッフ語録(その3)
    7.売れ筋を獲得するための争いが凄すぎる 8.調子が悪い時に売れちゃうんですよ 9.疲れた時に低い位置にある商品を整理

     

    販売スタッフ語録(その2)
    4.真剣に販売に取り組んでたら、愚痴じゃなくて提案が出てくるはず 5.分かった!飲みに行こう 6.ブランドに力が無くなったんじゃなくて、好みが多様化しただけ

     

    販売スタッフ語録(その1)
    1.売れないのは環境のせい、売れるのは私の腕 2.社員食堂、まぁこんなものか。便利だけど。 3.流行の最先端?それより先見てないと売れないですよ

     

    2016年05月13日 WEB登録
    2016年05月13日 WEB登録
  • 最近暑いですよね(営業日誌、その39)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    今日は、朝から暑かったですよね。

    電車に乗っていても、汗かきそうな雰囲気でしたよね。

    私はラッシュが嫌いなので、ラッシュになる前の電車に乗ってきちゃいます。

    でも、夜が暑くて眠りが浅かったので、今日は時間のかかる各駅停車の座席で少し仮眠を取りながらの出勤。

    各駅停車だと、乗換駅まで1時間15分ほどなのでちょうど良い朝の仮眠になります。

    乗換駅で起きたら、ちょっと汗かいてました。

    汗をかいたら体のミネラルが出てしまうので大変です。

    これは、会社に行ったら失った分を補給しなくては。

     

    ↓補給します
    IMG_0560

     

    とりあえず、普通に戻りました。

    最近、抹茶率が高いですよね。

    色々な抹茶のお菓子があることにびっくりしますね。

    抹茶好きな私としては嬉しい限り。

     

    ちなみに、抹茶のお菓子も大好きですが、本物の抹茶も大好きですよ。

    やっぱり、お湯で煮出すよりもお茶葉をそのまま粉末にした抹茶の方がいいですよね。

     

    という訳で次は

    IMG_0577

     

    こちらもやっぱり抹茶ですね。

    このタイプのチョコレートは手に汚れが付かないようになってるのがうれしいですね。

    でも、そろそろ本格的に暑い季節になってきているので、だんだんチョコレートが少なくなる季節ですね。

     

    だんだん暑くなるので、今日もダイエット失敗

    明日からダイエット頑張ろう!

    2016年05月12日 WEB登録
    2016年05月12日 WEB登録
  • 販売スタッフの接客と休憩にはメリハリがもっとあっても良い

    a6422ea1f91dedea3ddd4b3d4a42589b_s

    こんにちは。

    エスピー企画で販売スタッフとして働いているKです。

     

    今日は、常日頃から考えている事について少し書いていきたいと思います。

    販売スタッフとして接客をしていると、気分が乗っている時、そうでない時、テンションが上がっている時、下がっている時色々な状態があります。

    この気分が乗っていない時やテンションが下がっている時は当然売り上げがなかなか上がりません。

    そして、売上が上がらないと焦ってしまい、さらに悪循環にはまる事が良くあります。

     

    私は、こんな悪循環にはまりそうになった時には、とにかく少し休むようにしてます。

    昔は、タバコを吸っていたので「ちょっとタバコ吸ってくる」と言って、10~20分くらいよく店を抜け出してました。

    また、店長として働いていた時は、テンションが落ちているスタッフが居たら「お前ちょっと気分転換して来いよ。」とか、小銭を渡して「コーヒーでも飲んで来いよ」ぐらいの事をやっていました。

     

    後は、お客様が居ない時には、極力雑談をしたりして気分転換になるように心がけていました。

     

    会社によって多少の違いはありますが、販売スタッフの場合、昼休憩が約1時間、そして夕休憩が約30分取っていると思います。

    私は、これ少ないと感じています。

    例えばスタッフが2人居るのであれば、極端な話交互に休憩を取るくらいの事をしても良いと考えます。

     

    集中して接客している時はやはり売上も取れる事が多いのです。

    逆に、集中していない時にはどんなに頑張ったって、何かしら抜けている事があるものです。

    もっと、メリハリを付けて、集中している時間を多くする事が販売スタッフにとっては必要じゃないでしょうか。

     

    私のような考えを持った店長であれば、お店の中でこのようなメリハリを付けるように調整すると思いますが、実際にはごく少数はではないかと思います。

    このような考えを持っていても、会社の方針や周りからの目があってメリハリを付けることが出来ないお店だってあると思います。

     

    だから、休憩を多くとり、制度としてメリハリを付けていくという会社が出てこないものかといつも考えています。

    そういう会社こそ、この不景気の中でも伸びていく会社ではないかと思います。

    ここまで徹底していないけれども、販売であってもなるべく土日を休めるようにしていたり、産休明けでも短時間勤務が出来るようなオペレーションを組んだりして、メリハリを付けているあのアパレル会社は、やっぱり伸びてますよね。

    2016年05月12日 WEB登録
    2016年05月12日 WEB登録
  • 遅めのランチ(営業日誌、その38)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    やっぱり、どの会社もGW後は忙しい様子ですね。

    私も朝から、取引先に伺ったり電話をしたり、メールをしたり、資料を作ったり。

    普段と全く同じですが、ちょっと量が多い今日この頃です。

     

    お昼ご飯もあまり食べている暇が無かったので、外回りから夕方帰ってきて会社でパソコンをやりながらの遅めのお昼。

    家から持ってきた食パンをパソコンのキーボード片手に食べたりしながら。

    そして、持ってきたコーンスープと食パン、意外と合うんですよね。

     

    そして、お昼と言えば、やっぱりデザートが必要になるので、

    ↓デザート
    IMG_0555

     

    そして、やっぱりローソンに寄ったからには、これも必要でしょう。

    これは、お昼のデザートとしてではなくおやつとして

     

    ↓おやつ
    IMG_0556

     

    前に使った写真ですけど、これやっぱり美味しいですよね。

    この濃い抹茶のクリームのしっかりとした苦みと、餡子の甘さ。

    これがいい。

     

    結局、夕方からデスクワークを始めると、もともと疲れてて能率が悪い上に、何だか時間にも追われる感覚が無いからついダラダラとやってしまう。

    あ、定時とっくに過ぎてる。

    いつもなら、1時間で終わる作業も、結局3時間かかった。

    こんなの残業にならないよな。

    仕方無いので、自分で自分に残業代を出す事に

     

    ↓残業代
    IMG_0547

     

    と、たまたま選んだこのアイス!

    私の中で、超ヒット!

    プリン味のアイスに、周りが薄いクレープになってて食べやすい。

    クレープ生地はそんなに主張せずに、味を調えてくれる!

    明日も食べようっと!

     

    仕事をダラダラしたから、今日もダイエット失敗!

    明日からダイエット頑張ろう!

    2016年05月11日 WEB登録
    2016年05月11日 WEB登録
  • 販売スタッフ語録(その22)

    Kangae

    こんにちは☆アパレル・雑貨販売で働く皆さまを応援するエスピー企画です。

    販売スタッフが思わず口にした名言を紹介していくこのコーナー。

    さて、最近は色々な方と話しているだけで「これは名言だ」と思うようなことが結構出てくるように。

    何とか続けていたら、意外と続けられそうな気がしてきました。

     

    49.「考えるな!感じろ!」いやいや逆だろ!

    これは、エスピー企画の販売スタッフがサブリーダーとして働いていた売場で新人スタッフに言った言葉です。

    その新人は、はやりの自己啓発セミナーを受けてきたらしく「現代人は頭でっかちになってて考えてばかりいて前に進もうとしない。それよりもとにかく感じたままに行動する事が大切だ!」言って、どんどん勝手な行動をしていったそうです。

    教育担当として新人の教育を任されていた、そのスタッフは「あなたの場合は、行動する前に少しはどうなるか考えて!」と何度も言っていたのですが、結局治らなかったとか。

    その後もまた別のセミナーを受けてきたのか、「相手との関係の悪化を恐れて、言いたいことを言えていない自分が居た」とか言って、勝手な行動がさらにエスカレートしたそうで。

    結局、お客様に対するクレームが問題になって、その新人スタッフは辞めてしまったそうです。

    最後には、「自分はさらに別のステージに行く人間だから理解されないんです」と言ってたそうです。

     

    そんな事件があったからか、エスピー企画のそのスタッフはセミナーや研修に対してとても悪い印象を持ってしまいました。

     

    まぁ、セミナーや研修は、必要な人が必要なタイミングで良い物を受けないと全く意味の無いものになりますよね。

     

     

    50.謙遜も度が過ぎると嫌味になる

    これは、あるアパレル企業の営業スタッフの言葉です。

    その営業スタッフは、数多くの営業スタッフ、取引先の百貨店、ファッションビル、アウトレット等の方、そして販売スタッフと、本当に数多くの方々と接する仕事です。

    結構やり手だと思っていたその営業スタッフの人と仲良くなって、飲みに行った時にぽろっと言っていた言葉です。

    「相手が怒っている時は、とにかく聞き役に徹して熱が冷めるまで待つ」とか

    「上から目線の人は、下手に出ていれば意外とやりやすい」とか

    とにかく誰とでもうまくやれるんじゃないかと思う、その営業スタッフに苦手な人はどんな人か聞いてみたら、

    謙遜ばかりして自分を主張しない人だそうです。

    何を聞いても、「私はとても~~さんみたいには」とか言われると、馬鹿にされているみたいに感じるとか。

     

    やっぱり、誰とでもうまくやるというのは難しいようですね。

     

    最近、一つのネタに対する説明が多くなってる気がするこのコーナー。

    でも続けられるところまで続けてみようと思います。

    では、次回もお楽しみに。

     

    販売スタッフ語録 他の語録

    前の語録(その21)  次の語録(その23)

    ページ一覧

    2016年05月10日 WEB登録
    2016年05月10日 WEB登録
  • 事務スタッフからの挑戦(営業日誌、その37)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    ゴールデンウィークも終わり、今日から皆さんお仕事ですね。

    今日は、朝からスケジュールがかなり押しておりまして、何だか忙しかった感覚です。

     

    でも、アパレルの販売スタッフは昨日までが繁忙期、今日はあまり忙しくないです。

     

     

    前回は、営業から挑戦を受け、前々回は、販売スタッフから挑戦を受けてしまいました。

    前回の挑戦はこちら(営業スタッフからの挑戦状)

    前々回の挑戦はこちら(販売スタッフからの挑戦状)

     

    で、今回は事務スタッフからの嬉しい挑戦を受けてしまいました。

     

    最近、近くのコンビニでこんなお菓子を見つけたので、抹茶が大好きな私のために買ってきてくれました!

     

    ↓わーい ヾ(〃^∇^)ノ
    IMG_0569

     

    抹茶ホイップが程よい甘さで、中にホワイトチョコがまた甘さのアクセントを出しているが、ホイップで包まれているので非常に優しい味に仕上がってます。

    一つ食べたら「もう一つ食べたくなっちゃうよね!」

    という事で、盛り上がり。

     

    私も、挑戦を受けたからにはお返しをしなくてはならないので、

     

    ↓お返し
    IMG_0556

     

    こっちは本格的な大福です。

    私は、餡子が入っているという意味で、こちらの方が高ポイント!

    抹茶もかなり濃いですが、餡子の甘さがあればこそ、このくらいの濃さが欲しいところ。

     

    はぁ、今日も挑戦を受けてしまった。

    大丈夫、胃はもたれていない。

     

    事務スタッフの挑戦を受けたため、今日もダイエット失敗!

    明日からダイエット頑張ろう!

     

    2016年05月09日 WEB登録
    2016年05月09日 WEB登録
  • 販売スタッフ語録(その21)

    71a9efe07355845b61f7c37f4934e264_s

    こんにちは☆アパレル・雑貨販売で働く皆さまを応援するエスピー企画です。

    販売スタッフが思わず口にした名言を紹介していくこのコーナー。

    最初は、いつまで続くかと思っていたこのコーナーもどんどん長くなっていきます。

    意外に、気に留めてみると皆さんいい言葉を言ってますね。

     

    47.メモを甘く見るなよ

    これは、あるスタッフが新人に向けて言った言葉です。

    そのお店に新人販売スタッフとして入ってきたのですが、色々と教えてもなかなかメモを取らなかったので、なぜメモを取らないのか聞いたそうです。

    そうすると、メモを取るのが苦手とのこと。

    聞いている時にメモを取っていると、そのメモを書いている最中に次の話題に移ってしまう。

    しかも、自分で書いたメモを後で見返してみても、何を書いたのか全く理解できないとか。

    だから、メモを取っても意味が無いのでとにかく覚える事にしたとか。

    で、その新人スタッフに言った言葉が上の言葉です。

     

    メモをするというのはとても高度な事なんだとか。

    でも絶対に必要な事だから、苦手だったら克服しなくてはいけないと言います。

     

    確かに、話には流れがあるので、次から次へと話題が変わってしまいます。

    メモを取るならば、要点を簡潔に書く必要があります。つまり、その話の要点を短く書く能力がまず必要です。

    しかも、後から見返しても分かるように前後の関係も考える必要があります。

     

     

    また、速く書かないといけないけれども、乱雑すぎて後から見て分からない文字では意味がありません。

    つまり、速く綺麗に書く能力も必要です。

    実は、メモって凄い能力なんですね。

    あ、だからメモが上手い人って仕事が出来るんだ。

     

    48.もっと休んでもいいと思う

    これは、あるSV職(数店舗のお店を見て回る、エリアマネージャーのような職業)の人が言っていた言葉です。

    その方は、色々な職業を経験しているだけあって販売職の厳しさも知っている人でした。

    アパレル販売では、接客の際にはストックや在庫、言葉遣い、などとにかく色々な事に気を遣う必要があります。

    逆に言うと、それだけ色々な事に注意していないと売り上げはなかなか上がらないと言います。

    それだけ気を遣うのだから、そのテンションを保つためにはもっと休憩が必要と言います。

    世界的に有名なテーマパーク(どことは言いませんが)では、テンションを保つために2時間に一回程度は休憩があったりする事もあるとか。

    やはり、販売職においてはメリハリが大切という事ですね。

    でも、頑張る事ばかり考える人が多い中、休みに注目している人っていうのは意外と少ないですよね。

     

    いや、色々な人が居て、色々な事を考えているものです。

    他にも、良い事を言っている人は探せば居そうな気がしてきました。

    次回もお楽しみに!

     

    販売スタッフ語録 他の語録

    前の語録(その20)   次の語録(その22)

    ページ一覧

    2016年05月09日 WEB登録
    2016年05月09日 WEB登録
  • 自分のやりたい事なら趣味にとどめておくべき

    ビーズアクセ

    こんにちは!

    アパレル業界のお仕事について役立つ情報を提供しているエスピー企画です♪

     

    今日は、エスピー企画でその昔販売スタッフをやっていた人についてお話をしたいと思います。

    と言うのも、先日そのスタッフとたまたま会う機会があって久々に話をしたのです。

     

    そのスタッフは、もともと販売を希望しているスタッフではなくデザイナーを目指しているスタッフでした。

    自分のデザインした服を喜んで買ってくれるお客様が沢山いて、将来的にはデザイナーとして独立したいと考えていたのですが、なかなかデザイナーとして雇ってくれる会社が無かったので、販売をやっていたのです。

    実際、販売スタッフとして現場に立っていると、色々なお客様の声を直に聞く事が出来るので、将来の夢に役立つ仕事だと考えてはいたそうですが、販売をやりながらもデザイナーとしての職探しはずっと続けていました。

     

    ちょうど、その頃からインターネットでの販売などが少しずつ増えてきた頃でした。

    そこで、彼女はインターネットを使ってデザイナーとしての夢を叶える決意をしました。

    現場での販売だと、買う気のない人にも商品を勧めなくてはならないけれども、インターネットであれば興味がある人だけしか見に来ない。

    私のデザインを気に入ってくれる人だけのために商品を作っていきたい。

    との事でした。

     

    私は、その時に「今の販売スタッフは続けた方が良い。インターネットの方は、あくまで趣味としてやったらどうか」とアドバイスをし続けましたが彼女は聞き入れませんでした。

     

    皆さんは、このような話を聞いてどう思うでしょうか?

    私は、興味のある事についてはどんどんやっていったら良いと思っています。

    でも、あくまでも趣味の範囲にとどめておくべきだと考えます。

    趣味だったら、やりたい事、やりたい範囲、自分で決められます。

    仕事として成立しそうだと思ったら、そこで初めて仕事にするかどうか考えれば良いと思います。

     

    ちなみに、その彼女。

    現在は、ある介護施設で介護スタッフとして働いているそうです。

     

    2016年05月09日 WEB登録
    2016年05月09日 WEB登録
  • 営業スタッフからの挑戦状(営業日誌、その36)

    こんにちは。

    エスピー企画でコーディネーター兼営業として働いているYです。

     

    今日は、ゴールデンウィークの最中でも平日。

    電車が空いてるかと思いきや、結構混んでる。

    電話も、結構かかって来たので、世間的にもお仕事モードみたいですね。

    私もお仕事モードでバリバリ働いてました!

    どんだけ働いたかはとても書けないです。

    だから書きません。

     

    昨日、販売スタッフから挑戦を受けてしまいました。

    詳しくはこちらを見てください。

     

    今日は、営業スタッフからの挑戦を受けました。

    「Yさんなら、これくらい食べれるでしょ!」

     

     

    ↓これくらい
    IMG_0584

     

    写真では、この量の多さが伝わってこない事に気がつきましたが、びっくりするくらい多いんです。

    どこかの国の首都の人の外遊費用くらい多いんです。

     

    でもティラミスは大好きな私、食べましたが。

    下半分はコーヒーゼリー。

    このコーヒーゼリーが私としては、苦すぎてちょっと食べるのに苦労しました。

    それ以上に、上半分のチーズ部分がかなりの量あるので、ちょっとこってりしてる。

    下の苦味ですっきり!という事にはなりませんでした。

     

    とりあえず、完食しました。

     

    不覚ながら胃もたれがする。

    営業からの挑戦には負けました。

     

    営業スタッフと勝負をしたので、今日もダイエット失敗!

    明日からダイエット頑張ろう!

    2016年05月06日 WEB登録
    2016年05月06日 WEB登録
  • アパレル販売スタッフの仕事量について

    e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_s

    こんにちは。

    エスピー企画で販売スタッフとして働いているKです。

     

    今日は、以前働いていたアパレル企業についての話なのですが、一緒に働いていた仲間等から色々と話を聞くのでその事についてお話ししたいと思います。

    その会社は、外資系の企業でかなり昔から日本に有り、全国的に百貨店やアウトレット等にショップを構えている企業です。

     

    ブームに乗ったり、一時期はテレビCMをやったりと、かなりの有名ブランドをいくつも持つ企業でしたが、リーマンショックの時に大打撃を受けます。

    現在も有るブランドですが、一時期の勢いは今では無く、ブランド名を言われても「知ってはいるけれども」程度のブランド力になっています。

     

    外資系の企業だからだと思いますが、社長は一定期間内に実績を出せないとクビになってしまいます。

    そのため、リーマンショック以降、もう何人も社長が交代しているはずです。

    その度に、方向性が変わってしまい、現場の販売スタッフも苦労しているようです。

     

    現在では、販売スタッフは「残業禁止」になっているらしく、残業する場合は店長に残業許可を貰う書類に印鑑を貰う必要があります。

    ただ、残業許可を多く出している店長は間違いなく上からの厳しい指導があるために、殆ど残業許可を出さなくなっているそうです。

    だからと言って、仕事が終わっていない状態で帰る訳にもいかないので、サービス残業をしている販売スタッフがかなり居るそうです。

     

    もともと、販売以外にも作業が多い事で有名だった企業なのですが、その頃と作業量は殆ど変わっていないらしく、販売スタッフの苦労も分かります。

    ところが、この「残業禁止」という方針になってからというもの、それに対応できない販売スタッフが結構辞めて行ったそうです。

    販売スタッフからの苦情と会社の方針に挟まれてしまった営業スタッフも、かなり退職したそうです。

     

    ところが、それに対応している販売スタッフも居るというのです。

    そういう販売スタッフは書類作成や、売上報告など、ちょっとの時間でも出来る事は接客をしながら進めて行くそうです。

    もちろん、お客様や営業スタッフ等には分からないようにうまくやるみたいです。

    例えばの話ですが、お客様をフィッティングにご案内したら、数十秒の待ち時間が出来ます。その間にも、進められる仕事は進めてしまうのです。

     

    実際にアパレル販売スタッフの仕事量は、少なくないと思います。

    また、接客時は集中していないと売上を上げる事はなかなかできません。

    ただし、接客以外の仕事はかなり定型の仕事が多いので、上手く進めて行けばまだまだ余裕があると感じています。

    上に書いたスタッフのように、ある意味「ズル賢く」仕事をする事が必要だと思います。

    しかも、それはスキルアップにも繋がる事です。

     

    もし、「ズル賢く」仕事をする事が出来ないのであれば、他の業界に転職しても結果は同じだと思います。

    どの業界のどんな仕事であっても、今や「楽に成果を出せる仕事」なんてのは無くなってますから。

     

    2016年05月06日 WEB登録
    2016年05月06日 WEB登録

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ