ご登録後、アパレル販売のお仕事をご紹介します。

WEB登録

アパレル販売ブログ

  • 2015年 明けましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます!
    本年もエスピー企画をどうぞよろしくお願いいたします。

    ファッションのお仕事に興味のある方のお役に立てるよう努力しますので、本年もお気軽にご登録よろしくお願いいたします!

     

    ぜひ、当社へ派遣登録してください。アナタに合ったお仕事を探すことができると思いますよ!

    WEB登録はこちら

    aihaikeitomatukazari500

    2015年01月05日 WEB登録
    2015年01月05日 WEB登録
  • アパレル販売員は見た目や容姿が良くないとなれないの?

    アパレル業界には色々なブランドがあります。

    例えば、ワールドというアパレルの会社ならば30以上ものブランドが有り、それぞれに違う特色を持っていますのでそのブランド毎に考え方が異なります。

    販売スタッフをどのような基準で選んでいるかも、そのブランド毎の考え方によって変わってきます。

    042f3cd822360b_s

     

    ブランドやアイテム(勤務地)によって様々な考え方がある


    派遣会社として派遣先の各ブランドの人事や採用の責任者とコンタクトを頻繁に取りますが、容姿や見た目については各社それぞれ考え方があるようです。

    例えば、10代~20代前半をターゲットとしたカジュアルブランドであれば、販売経験や人柄よりも見た目や容姿を重視する傾向にあります。

    20代後半~30代をターゲットとしたエレガンスブランドであれば、それまでの販売経験や接客力等を重視する傾向があります。

    また、シューズやバッグ等の服飾雑貨系であれば、販売経験や人柄等を重視する傾向にあるようです。

    それ以外にも、同じブランドであってもファッションビルと百貨店では選考基準が違っている事が多く、一言で言い表すのは難しいです。

     

    良く派遣先の人事や採用の責任者から言われるのは「ブランドイメージに合う人」です。

    イメージに合う合わないは、人によって感じ方が違う場合もあるので、一概に言えません。

     

    あるアパレル企業の採用責任者に話を聞いた事があります。日本を始め海外にも店舗展開しているあるブランドの人事部の責任者の方です。

    その企業では、担当者が総合的に判断して良いと思った人を、責任者の方が更に判断するそうです。

    判断基準を聞くと「勘です」と言ってました。

    何千人と人を見てきていると、会ってすぐに判断出来るそうです。

     

    ブランドイメージと違っても良い場合も有る


    あるブランドに派遣先のイメージと全く違う人を派遣した事があります。

    そのブランドはエレガンス系のブランドで、カットソーでも1万円前後、ワンピースだと3万円程度の値段がするブランドです。

    エスピー企画から派遣したスタッフは、非常に元気があるスタッフで、ややふくよかな体型の方でした。

    派遣先としては、少し落ち着いた感じでスマートな販売員をイメージしていたそうです。

    「今回は、仕方ないですけれども、今後このような事を続けていると御社との取引はありませんよ」とお叱りを受けました。

     

    ところが、1ヶ月もしない内に派遣先からお詫びの連絡が入りました。

    「この間派遣してくれた方、非常に頑張ってくれています。今後も紹介をお願いします。」

     

    詳しく話を聞いてみると、明るくて非常に熱心に接客をしてくれて売上を上げているとのことでした。

    また、今までのブランドイメージと違う人が入った事で、新規の顧客が増えたそうです。

     

     

    なので、ブランドイメージと違う容姿だからと言って必ずしもそのブランドの仕事が出来ない訳ではありません。

    もし、アパレル販売をしてみたい、販売員になりたいと考えているのであれば、まずは挑戦してみる事です。

    その際には、自分には何が得意であるのか、そして武器になるのかを考えていくと良いと思います。

     

    エスピー企画は販売員になりたい方を派遣社員でアパレルショップにご紹介する会社です。

    様々なブランドやショップ店員の求人情報をご紹介しますので、気になる方はぜひ派遣登録をお願いします。

    登録いただいた方には、当社の担当者からご連絡差し上げます。

     

     

    合わせて読みたい

    販売員をしていると、自然と痩せる!?

     

    2014年12月16日 WEB登録
    2014年12月16日 WEB登録
  • アパレル派遣の業界で育児休暇は取れるの?

    結論から言えば、その派遣会社で1年以上継続して働いていれば取る事が出来ます。 エスピー企画では、実際に派遣としてアパレル販売をしていたスタッフが育児休暇を取得した例もあります。

     

    エスピー企画で育児休暇を取得した派遣スタッフの話です


    b4_m

    そのスタッフは育児休暇を取る前は、横浜のある百貨店のデニム売場に勤めていました。

     

    出産の前も出産するギリギリまで働きたいという本人の希望があったので、エスピー企画の営業と派遣先で話し合いをして、出産予定日の6週間前(ちょうど産前休暇が取れる時)までの契約としてもらいました。

     

    出産後も働き続けたいという希望があったので、産前産後休暇の後育児休暇を取得する事になりました。

    一方そのスタッフが勤めていたデニム売場は、たまたまその時に売場縮小の話があり、今まで4人で運営していたところを3人で運営する事になりました。

    無事出産を終えて、育児休暇を取りました。1年間育児休暇を取りましたが、保育所への入所が出来なかったために最終的には1年と4ヶ月まで延長して育児休暇を取得しました。

     

    その後、本人はもともと勤めていたデニム売場での復職を希望していましたが、売場縮小のためこれ以上の人員は必要無くなってしまったので、その売場での勤務は叶いませんでした。

     

    派遣先からの評判が良かったため、他の売場で働いて欲しいと言われいくつかの勤務先をオファーしてくれました。

    しかし、どの売場も勤務地が遠く乗換を含めると1時間以上かかる所ばかりでした。

     

    そんな折、他の会社からタイミング良く海老名でアパレル販売のお仕事の求人が出てきました。 販売の仕事であれば特にアイテムは拘らないと言う事だったので海老名でのアパレル販売のお仕事に就く事になりました。

    通勤時間も大きく変わらず、最寄駅から20分程度の通勤時間で済む所も魅力の一つだったようです。 新しい派遣先での評判も良く、社員にならないかというオファーも有りましたが断ったそうです。

     

    復職してから1年後


    海老名での勤務開始から1年後に本人から仕事を終了したいという旨の連絡が入ってきました。

     

    売場でもスタッフ同士仲良くやっていたという事だったし、派遣先からの評判も良かったので仕事を辞める理由を訊ねました。

     

    理由としては、育児と仕事の両立が難しいとのことでした。
    ただ、繁忙期を除いては週3日の勤務であったり、早番をメインにシフトを作成してくれたりとそういった周りの協力がありました。

     

    ところが、本人はそういった配慮で周りに迷惑を掛けてしまっていて申し訳ないと思っていたそうです。
    そして、辞める直前の繁忙期に子供が風邪をひいてしまい勤務が出来なくてお店に迷惑を掛けたと感じたそうです。

     

    もともと、販売が好きでこの業界に入り、仕事が嫌になった訳ではないとのことでした。
    このスタッフは、非常に責任感が強く、協調性を大事にする方だっただけに、勤務し続けたら迷惑をかけ続けてしまうと感じてしまったそうです。

     

    出産を機に仕事を辞めるスタッフも多い


    アパレル業界では、沢山の女性スタッフが活躍しています。
    百貨店やファッションビルでは多くの女性が働いているのを目にする事でしょう。

     

    そのため、販売スタッフを多く抱えている会社では出産の話は頻繁に聞きます。
    育児休暇制度等の制度は以前に比べて充実しているとは言え、アパレル販売をしているスタッフは出産を機に辞めてしまう方も多いのが現状です。

     

    旦那さんが仕事をしている以上、どうしても子供の面倒を見るのは女性になってしまい、仕事との両立は本当に難しいようです。

     

    エスピー企画でも、出産を機に辞めてしまったスタッフに連絡をする事がありますが、仕事の事を話すと「子供に手が掛らなくなるまではお仕事は無理です」と言われる事が殆どです。

     

    出産後も仕事を続けたい方は


    育児休暇の制度は比較的簡単に利用できるので、そこまで心配はいりません。

     

    また、産前産後休暇や育児休暇中については社会保険料が免除されるので保険料の負担は心配ありません。

     

    そして、育児休暇中も会社から給料が出なくても育児休業給付金が支給されます。(給付金は給料に比べたら少ないので注意)

     

    ただし、育児休暇が終了した後に働ける環境づくりをしておく事が重要です。 また、上記のスタッフの例にもありますが、復職前のお仕事に就くのは非常に難しいです。

    そのため、復職時のお仕事については勤務地やブランド等の範囲をかなり広めに考えておいた方が良いでしょう。

     

    そして、産後の勤務を受け入れてくれる派遣先があるならば、多少の迷惑は仕方ないと考えて、それ以上に勤務している時に仕事で迷惑を掛けた以上に働く、くらいの心構えでのぞむと良いのではないでしょうか。

     

    アパレル業界でも、出産後のスタッフを応援するような会社も少しずつ増えてきていますので、制度等が更に充実していく事を望むばかりです。

     

    ぜひ、当社へ派遣登録してください。アナタに合ったお仕事を探すことができると思いますよ!

    WEB登録はこちら

     

    2014年12月15日 WEB登録
    2014年12月15日 WEB登録
  • スタッフインタビュー3(売上を上げるには、バッグ売場)

    引き続きTさんが売上を上げるためにしている事についてのインタビューです。

     

    5、あたり前の事を徹底する


    こうやったら売上が突然上がる方法なんかは無いと思ってます。売上を上げる方法を聞かれてるのに、こんな事言っていいのかな(笑)

    例えば、お客様が商品を見てくれそうな時には、「いらっしゃいませ」とか「どうぞご覧ください」とか他の作業しながらでも少し手を止めて挨拶したり。

    これ、意外にやってない人も居るんですよ。他の作業に集中しちゃって気付かない場合もあるんでしょうけれど。

    後は、売場に入ってきたら必ずすぐに声掛けをするようにしてます。

    タイミングを見て声掛けをする方が良いという人も居ますが、私は即声掛けをした方が良いと思ってます。

    即声掛けして、嫌がっているようだったら一旦さがればいいと思うし、声かけしないと一瞬で出て行ってしまう事もありますからね。

    もちろん、どんな気分であっても常に笑顔ですよ。他の売場を見てて思うんですけど、明るい人には良いお客様がついているんですよ。

    あと、百貨店のカードなんかも持っているかどうかの確認と、持っていなかったら必ず作るようにお勧めしてます。

    お客様から嫌がられるからやらないという販売員も結構居るんですよ。

    だからかもしれないけど、3ヶ月連続で百貨店のカード獲得数NO1になることが出来ました。

    表彰されて商品も頂きましたよ。文具券500円でびっくりしました(笑)

     

     

    6、常に売る事を意識する


    ここの売場は単価が高い商品が多いので、じっくり接客する必要があるんです。だから、お客様といろいろ話をしながら売るようになります。

    私の性格かもしれませんが、色んなお客様とお話を出来るのはとても楽しいんです。ただ、お客様とお話をしているとついつい楽しくなっちゃって商品と関係の無い事ばかり喋ってたりするんですよね。

    だから、脱線しすぎたと思ったら少し接客を意識して商品の話をするように心がけてます。

    前の売場で店長から言われた事なんですが、私には「売りたいオーラ」が全くないそうです(笑)

    「売りたい」と強い気持ちで接客しているとお客様は警戒して買わなくなってしまうけれども、少なくともショッピングを楽しみに来ているのだから「売りたい」気持ちが全く無いとダメだそうです。

    だから、私の場合は多少「売りたい」という気持ちを出した方が良いと言われました。それから、自分でも売る事を意識するようになりました。

     

     

     

     

     

    2014年11月29日 WEB登録
    2014年11月29日 WEB登録
  • 販売スタッフは派遣会社や仕事によって交通費支給の有無があるのはなぜ?

    ewe

    派遣の場合、交通費が支給されない案件も多くあります。

    最近では、交通費を支給する案件も見かけるようになりましたが、基本的には勤めている派遣会社が決める事になります。

     

    交通費が支給されないお仕事


    派遣会社は、派遣スタッフが働いた分の料金を派遣先の会社に請求します。

    交通費が支給されないお仕事については、派遣会社が派遣先に交通費を請求していないと思われます。

    派遣元と派遣先の契約は、多くの場合が派遣スタッフが働いた分のみの料金を支払うという事になっています。

     

    交通費が支給されるお仕事


    これには、2通りの可能性が考えられます。

     

    まず1つは、

    「派遣元と派遣先の契約が交通費を支給するというものになっている事」。

    この場合、派遣元は派遣スタッフが働いた分の料金+派遣スタッフの交通費を請求しています。

    なので、派遣元は交通費を支給する事が出来ます。

     

    もう一つ考えられるのは、

    「派遣先には交通費を請求していないけれども、派遣会社が独自に支払っているというもの」です。

    この場合は、派遣先には交通費の請求をしていないけれども派遣スタッフには交通費を支払うので、派遣先への請求金額や給与の金額などを考えて設定していると思われます。

     

    ちなみに、エスピー企画の話ですみませんが、どのお仕事に就いたとしても交通費は全額支給しています

    お仕事によって、派遣先に交通費を請求している場合と請求していない場合があります。

     

     

    アパレル系の販売のお仕事では、販売するアイテムや扱っているブランドによってもお仕事の内容が変わってきます。

    お仕事を決める際に、お仕事の内容で決めて欲しいと思っているからこそ、交通費については全額出す事にしています。

     

    交通費支給、不支給のメリット


    交通費が支給される場合のメリットとしては、定期代等の交通費を気にしなくていいという事です。

    特に、勤務地が遠かったり、定期代が高い路線に乗らなくてはならない場合等はメリットとなります。

     

    また、交通費については月間10万円までは非課税となります。税金は、年間の収入によって課税額が決まってきます。

    交通費も月々は大した額では無くても、年間になると結構な金額になる場合も多いので交通費支給のメリットと言えるでしょう。

    交通費が出ないお仕事の場合は、同様の内容の交通費支給のお仕事に比べて時給が高く設定されている事が多いです。

    時給が高いのは、もちろん一つのメリットと言えるでしょう。

     

    また、一日の実労働時間が8時間を超えた場合の残業手当等は、契約している時給の25%増になるので契約時給が高ければ高いほど給料が多くなります。

    残業が多い仕事等では、交通費支給よりも手取りが多くなる可能性もあるので、これも一つのメリットでしょう。

     

     

    これらのメリット等をよく考えて、案件を決める際に参考にすると良いでしょう。

     

    ぜひ、当社へ派遣登録してください。アナタに合ったお仕事を探すことができると思いますよ!

    WEB登録はこちら

    2014年11月25日 WEB登録
    2014年11月25日 WEB登録
  • 派遣スタッフインタビュー2(売上を上げるには、バッグ売場)

    引き続きTさんが売上を上げるためにしている事についてのインタビューです。

     

    3、周りの売場や周辺の商業施設等のチェック


     

    まずは、自分の売場の周りはどんな商品を扱っているのかを良く見ます。そうすると、自分の売場の特色が見えてきたりするんです。

    例えば、自分達の商品はカラフルなデザインが多いのが強みだけど、機能性ではあっちの商品にはかなわない。でも、良い素材を使っているし、、等など、

    まずは自分の商品が周りとどう違うか、周りの商品を見ているとだんだん分かってきたりします。

    それから、他のお店が良さそうなディスプレイをしていたら、ちょっと真似してみたり(笑)

    特に仲の良い売場の人なんかとはお互いの商品について聞いてみたり、「こうやったら売上上がったよ」みたいな情報交換したりもしてました。

    シフトがお休みの日には、周辺のデパートなんかに足を運んでどんな売り方をしているのか偵察します(笑)

    良さそうな売場だったら、ちょっと接客を受けてみたりなんかすると「こんな接客の仕方もあるんだ」と色々盗める(笑)部分がありますね。

     

    近くの商業施設でどんな物を売っているか知っていると、その話題を接客に使う事も出来るので結構いいですよ。

    例えば、お客様の希望しているような商品が売場に無い時に「そういう商品ならば、●●デパートの3階か、●●の4階に置いてますよ」という話が出来ますので。

    そうやって接客したお客様で「この間案内してくれてありがとう」ってわざわざ報告に来てくれる事も結構多いんですよ。それで、何か買ってくれる人も中には居ます。

    本当に報告に来るだけの人も居ますけどね。「何か買ってくれよ~」と心の中で叫んで(笑)

    会社の方針や、店長、お店の方針などで、他のお店を案内してはいけない場合もあるでしょうから、このやり方は全ての所では出来ないですよね。

    私は、売場が1人体制だったので派遣先の会社の営業さんが来ている時以外は比較的自由にやらせてもらってました。

     

    4、販売スタッフ同士の情報交換


    ここの売場は一人体制なので、相談相手も居なかったので同じバッグ売場の人たちと仲良くするようにしてました。

    友達になって、販売の悩みを相談しあったり、上手く行った時の話をしたり教えてもらったり、たまには愚痴を言い合ったり。

    あと、これは、派遣会社だから出来た事かもしれないですが、他の売場のスタッフとの情報交換をさせて貰ってました。

    同じエスピー企画で、同じブランドに派遣されている人が居ないか営業さんに確認して貰いました。

    そうしたら、関東地区で3人居るという事だったので、営業さんからその人たちに連絡を入れてもらった上で会いに行きました。

    千葉のバッグ売場では、銀座のバッグ売場に比べて地味な色の方が売れているみたいでしたし、接客の仕方も微妙に違いがあるのが分かって面白いですよ。

    情報交換って言うと大げさですけれども、友達に会いに行くような感覚ですね。

     

    そう言えば、このバッグ売場に来る前の売場では一年に一回スタッフを集めて研修をやって、その後懇親会とか開いてくれたので同じブランドの友達が沢山できて良かったんですけれども、

    今の会社はやってくれませんね(笑)

     

     

    他のお店の偵察(?)については、早番の日の帰りに寄ったり、お休みの日に出かけて行く事も有るそうです。Tさんは当時練馬の方に住んでいたのですが、そこから千葉までわざわざ出かけて行くのは、本当に感心します。

    Tさんが言うには、休みの日にショッピングに行くような感覚だし、それが仕事にも繋がるから一石二鳥とのことです。

    どうやら、色々と努力はしているけれども、楽しみながら努力をしているように感じました。

    続きは、またアップします。

     

     

    ★スタッフインタビュー バッグ売場編

    スタッフインタビュー1(販売の売上を上げるには バッグ売場)

    スタッフインタビュー2(販売の売上を上げるには バッグ売場)

     

     

    【合わせて読みたい】

    バッグ売場の仕事内容

    バッグ売り場の派遣社員はこんな仕事

     

    【求人情報はこちら】

    バッグ他・雑貨関連の求人情報

    2014年11月18日 WEB登録
    2014年11月18日 WEB登録
  • アパレル販売未経験で派遣で活躍したスタッフの話

    3435

    エスピー企画の派遣スタッフだったMさんは、アパレル販売未経験でした。

    それまでの仕事経験としては、高校を卒業してから工場のライン作業で2年間程度の仕事経験のみでした。

    その時に、ある国内大手のメーカーが店舗拡大で販売スタッフを募集していたのでMさんを派遣する事にしました。

    メーカーからの希望としては、「ブランドイメージに合う人」と言う事でアパレル販売の経験未経験は問わないとの事でした。

    そのブランドは25~30代前半の女性をターゲットとした、フレンチテイストのカジュアルブランドでした。

     

    派遣先の営業さんからの電話


    Mさんが働き始めてから1週間もしないうちに、エスピー企画に派遣先のメーカーから電話がかかってきました。

    内容はMさんについてでした。仕事のペースが遅いとの苦情でした。

    Mさんは、沖縄県出身で非常に明るい性格でしたが、確かにのんびりとした性格ではあったかもしれません。

    ただ、派遣先のブランドは若い世代でも気軽にショッピングが出来る程度の値段の商品なので、大量に商品を売っていかないと成り立たないブランドでした。

    そのため、のんびりとした性格が余計に悪い形で目立ってしまったのかもしれません。

    そして、エスピー企画にはMさん以外の他のスタッフを派遣して欲しいとの要請が入りました。

     

    派遣先との交渉


     

    Mさんは、とにかく明るい性格で笑顔が常に絶えないスタッフでした。

    真面目に働いている時でも、常に自然な笑顔を絶やさないという、非常に良い面がありました。

    Mさんも売場は気に入ってたし、アパレル販売未経験なので、接客に慣れて来たら良い販売員になるという確信がありました。

    そのため、メーカーと交渉しました。

    「仕事のペースについては、慣れるまでもう少し様子を見て下さい。Wさん(派遣先の責任者の方)もご存じと思いますが、常に自然な笑顔を絶やさないで仕事を出来るスタッフは探すのに時間がかかります。」

    と言って納得して貰いました。

    1ヶ月だけという条件付きで様子を見てもらい、仕事のペースも上がってきたそうでそのまま派遣でのお仕事を続ける事が出来ました。

     

    1年経って


    派遣先のメーカーからMさんについて、再度連絡が入りました。

    「今度、銀座に大規模な店をオープンする予定です。会社としても、かなり力を入れているお店なのですが、そちらにMさんを派遣してください。」

    銀座にオープンする店舗はかなりの売上を見込んでいるとの事でした。そのため、オープニングスタッフは社内でも優秀なスタッフのみを売場に立たせたいとの意向だったそうです。

    Mさんはエスピー企画からの派遣スタッフだったために、勤務地を変更して再度契約を結び直しました。

    正直、そこまで派遣先に認められてるとは思いませんでした。

     

    そこから2年間、銀座の店舗で販売スタッフとして活躍しました。

    その後もエスピー企画の派遣スタッフとして活躍して欲しかったのですが、結婚するため地元に帰るとのことだったのでそこで契約終了となりました。

     

    ぜひ、当社へ派遣登録してください。アナタに合ったお仕事を探すことができると思いますよ!

    WEB登録はこちら

     

    2014年10月29日 WEB登録
    2014年10月29日 WEB登録
  • 派遣スタッフインタビュー1(販売の売上を上げるには バッグ売場)

    g778h

     

    エスピー企画の派遣スタッフのTさんは、銀座のある商業施設のバッグ売場に配属。1名体制なので、売上は全てTさんが責任を持つ事になります。

    契約期間は3ヶ月で、月の売上が3ヶ月連続で前年売上を下回ったら契約更新は無しという条件でしたが、2年間ずっと前年売上を上回り続けました。 (この売場は、なかなか売上が伸びずに苦労しておりスタッフを何度も入れ替えてたそうです。)

    実家の引っ越しの為その売場での勤務は終了しましたが、現在は他の勤務先で働いています。

    Tさんに売上を上げるためにどのような工夫や努力をしているのか聞いてきました。 「あんまり特別な事はしてないですよ」と言いつつ、インタビューに応じてくれました。

     

    1、とにかく売上0の日を作らないようにする


    一日に沢山売るよりも、売上0の日を作らないように心がけてました。

    前任者やそれ以前の人の売上を見てみると、売上0の日が何日もあって、売れる日にまとめて売っている感じでした。

    売上0だと自分の気持ちも落ち込んでしまい、次の日も暗い気持ちになってしまうのでとにかく避けるようにしました。

    それでも、0になってしまったら気持ちを入れ替えて頑張ってました。「よし、今日のお昼はうなぎを食べよう!」とか(笑)、何でもいいので楽しい事を考えたりしながら。

    配属当初はバッグしかなくて、安い物でも1万円台後半、高い物になると3万円台のものもあったので結構大変でした。

    半年後位から財布等の小物を扱うようになったので、それからは安定して何かしら売る事が出来るようになりました。

    ただ、会社としてはバッグとセットで販売して客単価を上げるために投入したそうで、営業さんからは「セットで売れ!」と結構怒られてました(笑)

     

    2、商品について色々考える


    忙しい売場ではなかったから(笑)、商品について色々研究する時間がありました。 「あ、このスペースにスマホを入れると取り出しやすい」とか、

    「ここに300mlのペットボトルが入る」とか、「大きさの割には結構軽い」とか、こうすると便利な使い方が出来そうな事を色々考えてました。

    接客してる時に、それが結構使えるんです。

    そうやって商品を研究していると「この商品を前に出した方がバランスが良い」とか「斜めにした方が良さそうに見えるから」とか、商品のディスプレイも思い付いたりします。

    思い付いたディスプレイに変えた瞬間売れた時には「やった!」と心の中でガッツポーズしてます(笑)

    Tさんがやっている事をまずは2つ書きましたが、インタビューしていてびっくりするぐらい色々な事を考えたり実践したりしていました。

    一回で書いてしまうと膨大な量になってしまうので、何回かに分けて掲載していきたいと思います。

    Tさんは、どちらかと言うとおっとりした性格でガツガツ接客するタイプでは無いのですが、人が見ていない部分で相当な努力をしているようです。

    そういった努力が売上につながるのだと感じました。

     

    ★スタッフインタビュー バッグ売場編

    ・スタッフインタビュー1(販売の売上を上げるには バッグ売場)

    スタッフインタビュー2(販売の売上を上げるには バッグ売場)

     

    【合わせて読みたい】

    バッグ売場の仕事内容

    バッグ売り場の派遣社員はこんな仕事

     

    【求人情報はこちら】

    バッグ他・雑貨関連の求人情報

    2014年10月22日 WEB登録
    2014年10月22日 WEB登録
  • 人気のシューズブランドの販売スタッフ派遣求人

    エスピー企画から多くの派遣スタッフを派遣しているあるシューズブランドの特長について書いていきます。

    (具体的な会社名やブランド名については取引の関係で掲載できませんのでご了承ください)

     

    メーカーの特長


     

    そのメーカーは、20代~30代の女性に向けたレディースのシューズのメーカーです。

    北海道~沖縄まで全国の百貨店を中心とした商業施設に売場を展開しています。数店舗のアウトレットの直営店も持っています。

    自社ブランド以外にも様々なブランドのライセンスを取得し、人気のブランドを多数展開しています。

    派遣スタッフも多く活躍しています。

     

    販売スタッフへの対応力が素晴らしい


     

    このメーカーの最大の特徴は、販売スタッフ思いのところです。

    あまり具体的な事は書けませんが、まず、実際に働いた時間よりも多くのお給料が出る可能性があります。そして、頑張ったら頑張った分お給料が増える仕組みになっています。

    派遣スタッフ、正社員等の立場の違いは関係なくその仕組みは適応されます。

    そのため、売場では派遣スタッフ・正社員等の区別は無く、現場のスタッフとして責任ある行動を求められます。

     

    レディースシューズという販売の中でも特徴の多い売場になるので、接客経験があればシューズの販売経験等はあまり求められません。(もちろん、シューズの販売経験があれば相当なプラス要素です。)

    シューズ販売の経験が無い方でも安心してお仕事が出来るように、研修制度はしっかりとしています。もちろん、研修分のお給料と往復の交通費も支給されます。

     

    シューズ販売の仕事内容はこちらもチェック

     

     

    【求人情報はこちら】

    バッグ他・雑貨関連の求人情報

    2014年10月09日 WEB登録
    2014年10月09日 WEB登録
  • スーツケース&メンズバッグブランドの販売スタッフ派遣求人

     

    エスピー企画から多くのスタッフを派遣している、スーツケースで有名なあるメーカーの特長について書いていきます。

    (具体的な会社名やブランド名については取引の関係で掲載できませんのでご了承ください)

     

     

    メーカーの特長


     

    そのメーカーとは、世界的に有名なバッグ&スーツケースブランドを有するあるメーカーです。100年以上の歴史があり、非常に品質の良い商品を扱っています。

    売場は、北海道~九州まで全国に店舗を展開しています。百貨店のバッグコーナー等だけでなく、直営の店舗も多く持っています。

     

    販売スタッフに対する考え方


     

    そして、特徴的なのが販売スタッフに対する考え方です。

    アパレル業界や服飾雑貨業界では重視される事の多い販売経験ですが、このメーカーでは販売経験はあまり重視されません。(もちろん、販売経験が有ればそれは考慮してくれます。)

    一番重視されるのが、「人間性」です。

    良い商品を売るには良い人間性が必要であり、それは育てる事の出来ないものです。販売経験や、商品知識等は研修や現場等で付ける事が出来ます。

     

    販売未経験であったり、経験者でもスーツケースやバッグの経験が無い方でも大丈夫なように、研修制度はしっかりとしています。

    入店前の研修も、きちんと時間を取って行います。研修分の給料と往復の交通費ももちろん支給されます。

     

    将来的には正社員へ


     

    また、多くの派遣スタッフが販売業務に携わっているこのメーカーですが、派遣スタッフを使うには理由があります。

    それは、将来的に正社員にするためです。正社員を採用するには、面接や試用期間のような短い期間で見極めるのは難しいと考えており、

    最低でも1年以上の現場での勤務状況や仕事に向き合う姿勢などを見られます。そして、お互い同意の上で正社員の雇用となります。

    実際、エスピー企画から正社員になったスタッフも何名も居ます。

     

    このメーカーに派遣したスタッフは非常に定着率が良く、現場はとても働き易いとの評判です。

     

    バッグ販売の仕事内容はこちらもチェック

     

    【求人情報はこちら】

    バッグ他・雑貨関連の求人情報

    2014年10月08日 WEB登録
    2014年10月08日 WEB登録
  • ホームページがリニューアルしました。

    ホームページがリニューアルしました。

    2014年09月03日 WEB登録
    2014年09月03日 WEB登録

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ