販売スタッフのお悩み解決!

働き方

  • 休みを取りたいと言いづらい売場です。どうしたら良いですか?

    今、都内の百貨店でトラベルバッグの販売をやっている30歳の女性です。

    もともと、私は旅行が大好きで多いときでは年に3回は海外旅行に行っていました。
    最近では、仕事もあるので年に1回くらいですが、海外旅行に行っています。

    トラベルバッグのお仕事も、旅行が大好きだったから始めたお仕事でした。
    お客様と旅行の話で盛り上がったりする事も有り、とても楽しいお仕事だと思っています。

    でも、ここのお店は連休を取りたいと言うと露骨に嫌な顔をされます。
    私もセール等の繁忙期ではなく、比較的お店が混雑しない時期に連休を申請しています。

    先日海外に行ってきたのですが、店に戻ったら「○○さんが旅行行っている間に、売場ではこんな事がありましたよ」のように、わざわざ「旅行に行っている間に」をつけて報告してきます。
    店長に至っては「旅行なんて今行かなくても、定年過ぎてからいくらでも行けばいいじゃん」と言う始末です。

    来年も海外旅行に行きたいですが、次に連休の申請をしたら何と言われるか分からないです。
    私は、どうしたら良いのでしょうか。

  • 休みを取らせてくれるのならば、取って良いでしょう

    出来ることなら、気持ちよく連休を取らせて欲しいと思ってしまいますね。

    その気持ちは分からなくもありません。

    しかしながら、他のスタッフが連休取りにくいと感じている中で連休の申請をするのは気が引けてしまうのでしょう。

    働き改革とか言っていても、実際に現場では休みを取り辛い売場もあるのが現状です。

     

    結論としては、連休を取らせてくれているのであれば、他にどんな事を言われようとも我慢するべきでしょう。それが嫌なら、連休の方を諦めましょう。

    気持ちよく連休を取らせてくれる売場、実際に販売業界ではやっぱり殆どありません。

    なので、連休が取れている内はその売場で働くべきだと思います。

    そして、他の人が連休を取ったとして仕事のしわ寄せが来ても、怒ったり嫌味を言わず気持ちよく連休を取らせてあげる事も重要ですよ。

  • 2019/4/22/

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ