販売スタッフのお悩み解決!

仕事術

  • 話を聞いてはくれるのですが、具体的に何もしてくれません。

    今、都内のファッションビルでレディースのアパレル販売をやっている30歳です。
    売場の中で、ちょっとしたトラブルがあって雰囲気が悪くなっています。
    営業の人や会社の人にも相談をしているのですが、何もしてくれません。
    トラブルの原因になっている人については分かってますし、売り場でも全員同じように思っているはずです。
    売場の雰囲気が悪いおかげで売上もここ最近前年比を落とし続けています。

    会社の営業は、売上を上げるように言うのですが、その原因となっている事が分かっているのに何も対処してくれません。
    言っている事が矛盾していると思うのですが、どうしたら良いでしょうか。

  • 問題解決には順番があり、時間がかかる時もあります

    細かい事については書いていませんが、どうやらここの売場にはトラブルメーカーが居るようですね。

    実際にその人のおかげで売場の雰囲気が悪くなり、売上げも上がらないという事なのでしょう。

    しかしながら、その人がクレームを起こし続けているとか、商品を持ち帰ってしまったとか、何か相当な理由が無い限り、会社から辞めさせる事は出来ません。

    また、その人に本社の人や営業が注意したところで、聞く耳を持たないと思います。

    トラブルを起こしている本人は、トラブルを起こしていると思っていないですし、場合によっては周りと上手くやっているとさえ思っている事があります。

    なので、営業や会社からその人にきつく注意するというのも、この場合あまり有効とは言えません。

    逆に厳しく言い過ぎると、「誰がそんな事を言ったのか」という意味の無い犯人探しが始まる可能性すらあります。

     

    そういった方への基本的な対応としては、売場での付き合いもあるので表面的には話をしたりする事はあっても、プライベートでは距離を取りながら接していくのが良いと思います。

    そうしていく事により、だんだんとトラブルメーカーの人が孤立していき、本人がその売場に居辛くなってきます。そうなってくれば、後はその人が勝手に転職するなり辞めるなりの行動に出てきます。

    会社や営業も、このようなトラブルには何度も経験していると思いますし、敢えて動かない事が一番問題解決までの近道だという事を知っているのかもしれません。

  • 2017/7/1/

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ