販売スタッフのお悩み解決!

接客

  • 「声かけ」って本当に必要なんでしょうか?

    いつも疑問に思っている事があります。
    販売の現場でとにかく早く「声かけ」をするのが決まりなのです。
    私がお客さんの立場だったらそっとしておいて欲しいです。
    商品を買ってくれるお客様が嫌がる事をわざわざしなくてはならないので、意味が分かりません。
    タイミングは違えど、どこの売場でも「声かけ」が必須のようなのですが、本当に必要なんでしょうか。

  • 販売スタッフである以上「声かけ」は必須です。

    お買い物に来たお客様が欲しい商品のみを買って帰るのであれば販売スタッフは必要ありません。

    売場に販売スタッフが居る大きな理由の一つが、買う気が無いお客様に対して1点でも商品を購入する気にさせる。1点だけ購入しようとしたお客様に対して、2点、3点と更に商品を購入する気にさせるという仕事でもあるのです。

    そういった接客のきっかけとなるのが「声かけ」です。

    つまり、販売スタッフとして働いている以上は「声かけ」は当たり前の仕事なのです。

    販売スタッフが居るのと居ないのではそれだけ売上に大きな差が出てきます。その売上げの差があるから給料を貰っているのです。

    もし、お客様の好きなように売場でお買い物をしてもらい、何か聞きたいことがあった時にだけ対応するというのであれば、それは単なる御用聞きに過ぎず誰にでも出来る仕事になってしまいます。

    もし販売員としての自覚があるのであれば「声かけ」がなぜ必要かすぐに分かると思います。

    お客様の立場として「声かけ」をせずそっとしておいて欲しいと思うのならば、そう思われないような声かけの方法を自分で考えてみてください。

  • 2019/4/7/

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ